カテゴリー「チャンピオンズリーグ」の記事

2008/05/22

CL決勝・マンU対チェルシー

ヤラしいところで引っぱったまま恐縮です(^^ゞ旅行記は明日から再開します~すんません

5月21日 UEFAチャンピオンズリーグ 決勝
マンチェスター・ユナイテッド 1-1(PK6-5) チェルシー

080521_van_der_sar_2

・・・・・・・

なんと。ここで。

いっしょうけんめい書いた熱い記事が消えた…○| ̄|_
ここんところこういうこと起こってなかったから信頼してたのに…

二度と同じテンションで書く気力がないので、もうてけとーに行きますが、えええと、本当に、とても素晴らしい試合でした。熱い気迫ががんがん伝わってきました。まさに激闘死闘でした。ファンではありませんが、この日はチェルシーを応援していたので悔しいです。バラックに6年越しのビッグイヤーを掲げさせて欲しかったです、ということをダラダラ書きました。

でもPK戦の話はしなくては。
ということで延長戦でも決着が付かず、PK戦になったわけですが、これで試合は、両GK・ファンデルサール対チェフ、という構図になりました。
アタシはどっちも大好きなので、嗚呼~サッカーの神様はなんと残酷なシナリオを用意なさるのかぁ~、と思いましたよ。
ご存知、マンUはCロナウドが「まさかの」失敗(「まさか」なんて言うなや、セーブしたチェフをホメてやってよ)、チェルシーはテリーが失敗・アネルカはセーブされ、結果6-5でマンUが優勝!とあいなったわけであります。

チェルシーはやはり5人目テリーが失敗してしまったのがターニングポイントになりました。大泣きして悔しがる気持ちはよくわかります。が、ワタシ個人は、PK戦で選手個人に責任はないと思いますのよ。気にするな、というのも無理な話ですが…。
それよりも、スカパー解説の宮内さんも同じようなことを指摘していましたが、テリーが失敗してしまった時点での両チームのリアクションが運命を分けたような気がしてなりません。
その時チェルシーはテリーはじめチームがもう負けが決まったかのように一様にガックリを肩を落としてしまい、見ているこっちが思わず「ま、まだ終わってないんだぞー!」と声を上げてしまったほど。
いっぽう、命拾いしたマンUのファンデルサールは「よっしゃぁあ!もう一度行くぞ!」といった表情で気合の一声。EUROが終わったらオランダ代表からの引退を表明しているというこのベテランGKの熱い姿を見た時、マンUが勝つな、という予感がしましたのです(後から言うことなのでてきとーに流してください)。
ここんところも、大舞台での常連である強豪チームと、そうは言ってもまだ勝ち慣れていない挑戦者との、立場の差が出たような気がしますよ。
そしてファンデルサールは、最後のキッカーとなったアネルカのPKを、ここで初めてセーブに成功し、マンUは優勝したのであります。

やっぱりちょっと悔しいので、表彰式も見ておらず写真も拾ってないのですが、しかし、勝者はマンUでもCロナウドでもない、ファンデルサールだ!と思えば、なんだか、そゆことなら仕方ないな、と納得できるのでありました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/05/01

働く王様!?

まずは余談から。

コルカタでナマステ。
FCバイエルン、インドでサッカー学校設立検討か(インド新聞)
別のニュースソースによるとバイエルン側は「まだ検討中ですので・・・」的な書き方でしたので真偽のほどはようわかりません、本当だったとしてもワタシとしては特に、「へ~ぇ」としか感想が言いようがないのですが、ちょっと注目だったのはこのインドにて5月にバイエルンが親善試合をするにあたり、

この試合がFCバイエルン選手として最後の出場となるオリバー・カーン選手に対し、セン氏は西ベンガル州のサッカーファン50万人以上のサインを集めた招待状を渡している。

と。ううむ。50万人もの署名が来たら行かねばなるまいよ。日本人として、なんだかインドに負け気分…

----------

さて、どーでもいいことなのですが本日ワタクシ少々体調が思わしくなく(風邪でも二日酔いでもなくたいしたことないんです)、激しくボヤ~~~としたアタマを抱えて寝たり起きたりしていたものですから、せっかくのCLも見る気がしねぇなぁ、と思っていたのですが、「チェルシーが延長戦でリヴァプールに勝った」と聞いたので、へぇえ、どれバラックの活躍ぶりでも見てやるか、と、ボヤボヤボヤ~しながら見てしまいました。ら、これがなかなかのものだったので、ちょっとだけ書こうと、これこういうわけです。

4月30日 UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝 2nd leg
チェルシー 3-2(延長2-1) リヴァプール

(2試合合計ゴール数4-3でチェルシーが決勝進出)

080501_2
ランパード、天国の母に捧げるゴール。

なんとなんと、何さ、チェルシーってこんなステキなチームだったのかい?

前半は、チェルシー、グイグイとアグレッシブに攻めまくり、ボールもキレイにキープ、魅せますやります、楽しく熱く、あっという間の45分。カルーのシュートをリヴァプールGK・レイナがはじいたところをドログバが押し込んでチェルシー先制、必然を感じました。
しかし後半に入るとリヴァプールがじわじわと攻め込み、いよいよトーレスが決め、ゴール数でまったくのイーブンとなったため、試合は延長戦に。
延長戦は再び白熱の展開!ランパードが涙のPKをみごとに決め、更にまたもドログバが今度はアネルカのみごとなクロスを受けてゴール。しかし楽勝ムードのチェルシーの一瞬のすきを突いてバベルが冷水を浴びせ1点差に詰め寄りましたが、これ以上のゴールはなく、チェルシー逃げ切り!悲願のCL決勝初進出!!

ドログバの2ゴールは、どちらも同じようなゴール前右の位置から、ニアを突いてGKとポストの超狭い空間を超高速でぶち込む、迫力満点のものすごいものでした。やっぱりヤツはすごい!!
そしてランパードによるPKは、数日前に母親を亡くした彼にみんながチャンスを与えたもので、そのチームの人情にも感涙モノでしたが、決めた瞬間のランパードの涙にまたまた感涙~~(T_T)
む~あと、チェフはやっぱり世界最高峰の素晴らしいGKでした、と。

まぁそんなわけでして、ボーーとしておりましたので、ワタシは目下、気になるバラックはどんなもんかいなと定点観察しておりましたのですが。。。

先のプレミアリーグでの、FKをめぐってのドログバとのやりとりを見ていた人々が「すわ!再び?」とドッキリしたシーンはこちらでしょう

Dsc04894
ゴール前でのチェルシーのFKの大チャンス!雨で濡れてるボールをユニフォームでフキフキしながらセッティングするドログバ。油断してると背後に…

Dsc04896
「おぅ、わかってんだろな」「(ドキ!)…は、ハイ…」

ということでこのFKは、ドログバがオトリになってバラックが蹴りましたとさ(クロスバーに当たっちゃった。惜しい)。
いやいやほんとは、ちゃんと事前に打ち合わせ済みだったみたいですよ。その次のFKはサラリとドログバに譲ってましたから(^皿^)

それにしてもバラック、全然動きまへんな~。ど真ん中にデンとかまえてて、今はあんまりこゆタイプ見かけない気がするのだけど、なんでしょう、司令塔然として、送られてきたボールを散らす役割、なのでしょうか。そのわりにはそんなにパスが集まってるわけでなく、あまりボールタッチがない感じ。このたたずまい、バイエルン時代を思い出しましたよ。
守りの面でもそんなに働いてるように見えないし。プレスかけるでもなくドリブル突破を止めるでもなく抜かれても追いかけるでもなく…。
リヴァプールの2得点、まずはトーレスによる1点目、ラストパスを送ったベナユンのドリブルがすごかったとはいえ、バラックはなんだかあきらめ早かったし、2点目のバベルのも、たしかいちおう足を出してはいたけれど全然効いてなかったような…(汗)(リプレイを見てなくて記憶だけです、違ってたらゴメンナサイ)
だけどチャンスとなれば実に効果的なクロスを上げたりイイところに顔を出したり、少ない出番でもきっちり存在感を出しているので、これがヤツの仕事なのか、ふむふむ、チェルシーの再リードをもたらしたPKも、バラックが倒されてゲットしたものだったし、なるほど…。
と、思っていたら。

解説の川勝さんはバラックをホメてくれて、「よく動いてますねー。攻撃面よりも、守りをよくやってくれてますね~」と。へ?そ、そーだったの?(汗)
さらに画面にはこんなデータが

Dsc04893
バラックがチームで一番走ってるよ~、というデータの紹介。
ううむ~ワタシの目はまだまだフシ穴だぜ、と思った次第でありました。
まあ、延長戦ではさすがに、というか、そういうやり方なのか、かなり積極的に動いてましたけど。

更に川勝さんは「バラックは進歩した。バイエルンにいた時は動かなくてもいい王様だったけど、最近は動く王様になってきた」と…。むむむ~、そうだったのか。
フシ穴だったワタシにはいまいち実感はなかったけれど、しかしバラックがどんどん成長してチームの主力になっているのは間違いなさそうなので、たいへん喜ばしいことであります(^^)。
ともあれ、バラックにとってはこれで、6年前レヴァークーゼン以来の決勝進出!おめでとう!こうなったらせっかくだから優勝しちゃってちょーだい!
  

もちろん、今晩ゼニトとのアウェーに挑む我がバイエルンもバラックには負けられないのであります!ふわぁ~ドキドキしますね。モスクワはどうかしら寒いのかしらやっぱり人工芝なのかな今度はピッチに落とし穴なんかないでしょうねミロの鼻はだいじょぶなのかボメルはカード覚悟にアグレッシブに行くと言っておりますがやっぱり決勝の舞台にはいて欲しいから(皮算用)ムチャはやめてほしいし何よりカーンはもうフトモモはOKなのねそしてラームはどうなんだ何はなくとも無失点シュバもがむばれそしてアウェーゴールはキミらが頼りなのルカルカリベリ!
…などなど気がかりな点はいっぱいですが、祈りましょう信じましょう!

ところで
バイエルンファンには気がかりなピサロですが、じぇんじぇん、ベンチにすら名前がないのでどーしてるのかと思っておりましたら…
Dsc04892
こんなところに??(画面右上)意外におとなしく鎮座している様子…
まあ、シェフチェンコすら時間かせぎの交代で出てくるようじゃ、出番ありませんわねぇ。。。トホホホ

あ~そうだ、もう1試合のこと忘れてました。
ええと、マンUがスコールズの1点でバルサに勝利、決勝進出。意外性がなくてちょっとつまらんのだけど、妥当な結果だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/10

CL準々決勝・2nd leg

さっぱりと。
             

4月8日 リヴァプール 4-2 アーセナル
(2試合合計ゴール数5-3リヴァプールが準決勝進出)

アーセナルが早々とゴールを決め、そして30分にリヴァプール・ヒーピアがゴールを決めて追いつくまでは、さすがの極上サッカーを楽しませていただきました。が、その後から、69分にトーレスが素晴らしい振り向きざまのシュートでゴールを決めるまでは、どっちつかずのこう着状態が続いてしまって、見てる方もちょっと飽きてきてしまったのですが。
なんでも1週間で同一カードが3連戦、ということで双方お疲れとは思いますがやはりアーセナルの方がより疲労度が高そうで、全体的に動きが重く、期待していたような美しいサッカーはついに見れませんでした。
しかしそんな中からも交代間もないフレッシュなアーセナル・ウォルコットが、一見の価値ある素晴らしいドリブル突破でぶっちぎり、アデバイヨールのゴールを呼び込む!キター!!
この時点で総ゴール数は3-3で並びましたが、アウェーゴール数でアーセナルが優位に!このまま行けば勝ち抜け決定!時間は84分!やはりアーセナルなのか!!

と、思いきや。

その直後、ゴールのリプレー映像が終わった頃、時間にして1分は経ってなかったと思うのですが、リヴァプールにPKが与えられる!ここはジェラードが確実に決め、なんと、再びリヴァプールがリード!!一瞬で試合がひっくり返る!わ~!その後ロスタイムにもリヴァープールはバベルがダメ押し点を決め、終わってみればなんと豪華絢爛、6ゴールが乱れ飛ぶ熱戦となりましたが、終盤にまとめてゴールしたリヴァプールの勝ちぬけ決定です。

ここで、試合は違いますがバルセロナ戦を実況していた倉敷さんの本日のお言葉を
「CLで勝って行くチームってのは、終盤でのど根性が違いますよね」
そういうことです。
はぁ~~~それにしても、アーセナル、残念・・・・・・・

                        
4月8日 チェルシー 2-0 フェネルバフチェ
(2試合合計ゴール数3-2チェルシーが準決勝進出決定)

我らのバラックが試合開始早々の3分過ぎに先制ゴールを決めました☆
その後は、なんだか見どころのないサッカーで、なんにも覚えてないです…。ランパードがもう1点取ったのを今の今まで忘れてました…ひど!
エピソード的には、不動の守護神チェフが顔に怪我をして離脱中(傷跡が痛々しい~涙)、ということで第2GKクディッチーニが先発でしたが、そのクディッチーニも試合中にハムストリングを痛めて前半のうちに交代退場、というアクシデントがあったりしましたが。
人もボールも動くサッカーというのが昨今の流行語かも知れない中で、ボールは動くが人は動かないサッカー、という印象でした。よくは知りませんが、チェルシーはそういうスタイルなのかも知れません。

ところでチェルシーのグラント監督を見るたびにいつも思い出すのが
Marukubiboon Jabba_the_hutt
足して2で割る…(逃)

                    
4月9日 マンチェスター・ユナイテッド 1-0 ASローマ
(2試合合計ゴール数3-0マンUが準決勝進出決定)

…まあ、こんなもんか。
だけどローマはGKドニの奮闘が泣かせました。他のメンバーも、できるだけのことはしたと思うので、胸を張っていいと思います。
マンUはなんだかCロナウドやルーニーがいない方がイイ感じに見えるのは気のせいか…。
テベスのゴールをアシストしたのはハーグリーブスでした。今日は素晴らしかったです。バイエルンサポとしては嬉しいやらなんだかトホホ、ですが、実はハーグリーブスには急速に身内感が薄れていっているワタシ…。
         

さて
4月9日 バルセロナ 1-0 シャルケ04
(2試合合計ゴール数2-0バルセロナが準決勝進出決定)

・・・ひどい。ひどすぎる。

あまり語りたくないのでごく簡単にいきます。でないとこのクチからどんな言葉が飛び出すか…

いや、結果は別にいいんです。負けたことは。
だけど負けたことに対して悔しいとか残念とかいう気持ちすら沸かないほど、内容がひどすぎました。シャルケもバルサも。疲れて当たり前だ、言い訳なんか聞きたくないわい。
夏休み中の親善試合みたい。いや、今日び親善試合でももうちょっとマシな試合するかも。
だから動きがよくて攻めまくっていた前半のうちにゴール決めといたら!とも思いますが、今となってはどうでもいいし、実況解説コンビが絶賛してくれてたのとは裏腹に、ワタシには、ゴールが決まるように見えなかったし…。
比較的奮闘していたのはジョーンズアサモア、だったかも知れないけど前半だけだったかなぁ…。
がっかり。

ただ唯一希望を見出すとすれば、ノイアーがこのCLで素晴らしい経験をした、ということでしょう。1st legはちょっとトホホでしたが、今日はかなり良かったし、ナイスセーブをした後に、何ごともなかったかのようにふてぶてしい顔で堂々としている姿は、大物のオーラが出てました。今後更なる経験を積んで、世界にその名をとどろかせるGKに成長することが大いに見込まれます。

ということで、ヒドいことを書いたオワビに、バレンタインに描きそこなったノイアーをペタ
080409neuerj

----------

まあ、あんまりよそのことをあれこれいちゃもんつけてる余裕はないのでございます。
我がバイエルンもやはりスペインに乗り込んでいよいよ、ヘタフェとの運命の2nd legですから!
ボーフム戦でイイ気持ちで勝ったので雰囲気は悪くないと思いますが、状況的に厳しいのには変わりなく。なーに、勝てばいいんです!!とにかくゴール!頼みます!ルカルカミロ(ルカ&ルーカス&ミロ)!リベリー!そっそして、何はなくとも無失点!ミーチョ!ルシ男(お)!ラーム!ヤンゼン!そ、そしてボメル、汚い手を使ってでも、でもちょっとだけ気をつけて止めるのよ~~~っ!ひぃ~、祈ることしかできないワタシタチだけど。

そんなUEFAカップ準々決勝ですが、UEFA.comで無料ライブ配信だそうです。ユーザー登録しなくちゃいけないみたいだけど…

ということで、バイエルン公式サイトのトップに出ていた、ヘタフェ戦に挑むカーンの会見記事に付いてたサムネイルフォト
080409_katochanpe
「カトちゃんペ」

・・・・・・・・・・心配だ~~~~~!!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/04/03

命名・フジヤマヘア

え~と

4月2日 UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝 1st leg
アーセナル 1-1 リヴァプール

期待にたがわずの好ゲームでした。同国対決とはいえ、やっぱりリヴァプールはアウェーだし、手堅くがっちり、クールに地味に行くのかな、と思いきや、なかなかどうして。
あららこんなにアグレッシブなサッカーするのね?イイじゃないの見せるじゃないの、先制されてすぐ、ジェラードが個人技から突破してお膳立てしたカイトのゴールは素晴らしかったです。
アーセナルはあいかわらず美しく巧みなサッカーを見せてますし、お互いに気迫のこもった熱戦となりました。どちらに転んでもおかしくない展開でしたが、終わってみれば前半の短い時間にまとめて取ったゴールを守りきり、ドローということに。順当な結果と言えましょう。
リヴァプールがアウェーゴールをゲットしたということで、次こそ、この貴重な1点をがっちり守り抜くかも知れませんが、それをぶち破るだけの力がアーセナルにはあるような気がしますので、ゼヒゼヒ、ゴリゴリ行って欲しいものです。期待しちゃうぞ。

で、チェルシーの方を見る時間がなくなったのだけど、多分勝ったんでしょう、と先に結果をcheckしたら、なんと、フェネルバフチェに逆転負けとは?(゜o゜;)
しまった、またやってもうた。結果を知らずに見た方がさぞかし盛り上がったであろう試合に限って先に結果を調べてしまう…アウ(T∀T)
ところでチェルシーと言えばピサロはもう全然出場する気配ないんでしょうか~?代表の方では乱痴気騒ぎを起こしたとかなんとかで18ヶ月の出場停止、と、どうもあまり詳しく知らない方がシアワセっぽいニュースがチラリと聞こえてきましたが…。

----------

さてここ数日バイエルンネタをサボっておりましたが、もちろん!今晩はUEFAカップ準々決勝、ヘタフェ戦ですよね!

そして月曜日に楽しい楽しいトレーニング(レクリエーション?)でファンブイテンとリベリの仲良しラブラブエピソードがあったこともcheckしておりましたですが、なーに、サッカーテニスでブイテンとリベリのどっちが勝とうと、どーせ最初からラブラブディナーする予定だったんでしょうよ。いいな~、アタシも招待されたいですわ。そのためには勝たなきゃいけないのか?…ムリ。その前にファンブイテンとサッカーテニスする機会がないざんす(当たり前だ)

ところで、デミチェリスが前節のブンデスを欠場したのは、その前の代表戦で味方のアタマに顔面を激突して目が腫れてしまったかららしいですね。

今もまだアザが残った状態で会見に挑んでおりましたが…コワ~
080331_micho
いでででで…。ま、この程度で済んで良かったです。
今日のヘタフェ戦には出られるということのようですが、そうすっとやっぱりファンブイテンはお休みか…(T_T)

そしてファンボメルがインフルエンザだか風邪だかでヨレヨレ中らしく、たぶんお休み、と。あまり風邪とかひかなそうなのにな…。
中盤の底はだいじょぶかねぇ。オットル気張れよ!

ところで、シュヴァインシュタイガーも会見を行ったらしいのですが
080401_schweini

首のマキもの復活です。最近は何故だかネクタイ姿でキメてることが多かったのですが、やっぱりめんどくさくなっちゃったのでしょうか。
そしてここのところ、髪のテッペンだけを白く染めているようなのですが、なんだか富士山を連想してしまいましたので、勝手にフジヤマ・ヘアと名付けさせていただきます。
しかしサッカー面では富士山のような休火山では困るのですよ、出るかどーかは分かりませんが、ここはひとつ、バーンと爆発しちゃってくださいな。

それと、個人的に心配なのはやっぱりこの人
080331_miro_2
なんと、前節のブンデスで、kickerさんに悪夢の「6」を付けられてしまったクローゼ。こちらも出るかどうかはわかりませんが、しょっぽい空気を一掃する活躍を見せて欲しいです。
ま、こちらの心配をよそに案外シレッとドッペルとか決めちゃったりして?フフ

なんにせよ、ホームだからといってあまり気楽にならないよう危機感持って挑んでください。ホームで負けちゃうのなんか、こないだのアンデルレヒト戦で最後にしてちょーだいねぇ!あと、アウェーゴールも1点たりとも渡すわけにゃーいかんのだぞ!無失点勝利は義務だと思って心するべし!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

CL・シャルケ対バルサ

ゆうべはひとり晩酌していたら飲みすぎまして、二日酔いしてしまいました。家で飲みすぎるなんて情けない。そのモーローとしたアタマでCLを見たわけでございますが、途中でダンナ(今日は休み)に「今からPCを売りに行くのだが運ぶのにかさばるのでいっしょに来て欲しい」と言われ、夕方から外出したりしたので遅くなりました。

というわけでてきとうに

4月1日 UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝 1st leg
シャルケ04 0-1 バルセロナ

080401_schalke
う~~~ん、ざんねん。。。

今日の実況解説は、シャルケのホームということで、倉敷さん&良平さんのドイツセット。倉敷さんの視野の広さには毎度のことながら驚かされますが(ハリルがそんなに動いてたとかワタシには全然わからんかったです)、試合の流れにきちんと沿って良平さんから解説を引き出すのも上手で、おかげで普段シャルケのことをよくわかってないワタシにも興味深く見れましたよ。

バルサはメッシ、デコ、ロナウジーニョがおらずエトオも強行出場だそうで、アウェーだしここは省エネモードなのか、あるいは本当にチーム状況が悪いのか、ともかくだいぶ覇気のない感じでした。
全然恐くなかったのでシャルケに歩があると思ったのですが・・・。序盤の失点を帳消しにするべく猛攻を仕掛け数多くのチャンスを演出、いい形でつなげていったのに、どうしても最後の最後でツメが甘かったり精度を欠いてしまったのが悔やまれます。ヴェスターマン、熱いプレーで最後までチームを牽引しててかっこよかったのになぁ・・・。(までも、観戦に来ていたレーヴ監督に、代表入りに向けていいアピールはできたかも)
個人的に印象深かったのは50分ごろ、パンダーのシュートをGKバルデスが思わず正面にはじいてしまうのだけど、そのこぼれ球に反応してる選手がいなかったこと。。。ウチのトーニやクローゼなら絶対見逃さないのになぁ、と思っちゃったのを許してね。本当に惜しかった。ここは、誰でもいいけど、アザモアあたりにガツーン!おりゃー!とぶち込んで欲しかったです。

途中でクラーニィを下げてしまったスロムカ監督の判断はシロート目にも「???」でしたね。まんまと、せっかくそれまでイイ感じだった攻撃のリズムがなくなってしまって結局ズルズルと負けちゃったのだから、これは采配ミスを問われても、というか監督がゲームをこわしちゃった、と言われても仕方ないでしょう・・・

う~ん、残念!善戦しただけに、序盤の失点が悔やまれます。立ち上がりにもうちょっと堂々としていれば、点は取れなかったとしてもアウェーゴールを献上することもなかったかも、とか思うとくやしーです。

次はカンプノウでアウェーですね…。可能性はないと思いますが、良平さんの言う通りに、どーせ失うものはないのだから死んでもともと、玉砕覚悟の特攻を仕掛けて華々しく散ってくれい!いや、もしかしたらその気迫にバルサがびびっちゃってもしかしてもしかするかも知れないこともないかも知れない。。。。。。だから監督ももうあまりヘンな采配しないでねぇ~
        

さてもうひとつは

ローマ 0-2 マンチェスター・ユナイテッド

…二日酔いがピークの時に見ましたので、気がついたら沈没…(-。-)Zzz
さいわい得点シーンだけは見れましたが。
実況の八塚さんが「鷹のように襲い掛かりました!」と興奮していたCロナウドによる1点目、たしかに凄かったけど、相手選手のアタマとごっつんこするのがわかってて飛び込んだのだとしたら、あんまりほめられないなぁ。
結局自分が頭クラクラしてひっくり返っちゃってたけど、もし大怪我したらどうするんでしょう。まあ、誰しもわざわざ危ない目にはあいたくないはずだから、たまたま勢い余っちゃったんだよね、と思いますが・・・。

オワビ※
すみません、いったんは公開したこの後の文章ですが、書いた時点で相当意識がボンヤリしておりまして、一夜明けて見直したら、ろくに見てないくせにあまりにてきとうすぎたと反省しましたので削除しちゃいました。結果、なんだかこの記事全体がよくわかんない感じになってしまいました。大変申し訳ありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/15

CL&UEFA杯、準々決勝組み合わせ決定

ちょっと、ちょっとちょっと!(古)
今節もやってくれちゃってますよ、名古屋グランパス(^ー^)
アウェーで!あの埼スタで!あの浦和をイライラさせちゃうぐらいクレバーで魅力的で華麗なサッカー!下図のトーナメント表を作成しながらでしたのできちんと見てないんですが、もぅ~アンタ、ヨンセン最高!楢崎神(ちょっとおーげさね)!小川ステキ(顔も知らんけど…ひど)!マギヌン強!中村直志も燃えてるぜ(たぶん)!玉ちゃん代表復帰おめ!
…ヤバい、ファンになりそーだ。どーしてくれる。バイエルンのパートナーは浦和なんですけど…(^_^;)
(それとこれとは別にして、浦和レッズを「世界3位」と言うのを聞くたびニガワライしちゃうんですけど。「アジア1位」はいいんです。だけど、世界で3番目に強いクラブというわけではないでしょう…)
           

さてさて、うっかりしておりましたが、昨日、UEFA2大会の準々決勝以降の抽選会が行われましたよ。
まずは注目のCLをドン

080314uefaclj

(UEFAのサイトの表を見ながら描きましたので、メディア等で描かれているのとは並びが異なってるかも知れません)

キタぁ~~!なんてこったい、決勝で見たかった、リヴァプール対アーセナルがいきなり!ふっふっふ、こうなったら断然アーセナルがむばれ、と言っちゃいます。どんな試合になりますやら。
ローマ対マンU、ローマにとっては、早くも昨年の大虐殺のリベンジをする機会が。気合入れて行きましょう。マンシーニとCロナウドのシザーズ競演が見たいかも(話が古い?)。

んで、ドイツの看板を背負ったシャルケが、嗚呼~ついに、バルセロナと!…まあ、どこと当たっても、もう次はないと思っておりましたので特別衝撃もありませんが…。
で、でででも、もし、もしもですよ、勝ったらすごいよ、たいへんなことになりますよ、世界のサッカー界が激震しますよ、「あのバルサが!」と世界中の目が点!「てかシャルケってどこ?」と話題沸騰(自虐…)、ノイアーとラキティッチに「モエ~!」となる女性ファン急増!こんなすごいクラブがあったなんて、ぜひウチが、と、巨大なスポンサーマネーがどどんと転がり込み、クラブがでっかくなっちゃったから世界的大物選手をバーンと買い取り戦力充実!ブンデスリーガがますます盛り上がる!日本のメディアもドイツパワーを無視できず、ついにスカパー!のパーチョイにブンデス・プランが新登場!月々¥2,100で毎節5試合&プレビュー&ハイライト!ブンデスファンが長らく待ち望んだめくるめく季節の到来!
…とはならずに、ふつーにノイアーとか有望な選手が次々プレミアに買われちゃうだけだったり…あうあう、意味ないジャン…
はっ(゜∀゜) また妄想が暴走してしまいました。
…まあ、ええと、翌日の見出しが「さすが魅せた!バルサの真髄ここにあり!」みたいな引き立て役に甘んじることのないよう、「試合ができるだけでも光栄で~す」とか呑気なこと言わないで、玉砕覚悟で勝つ気でいってほしいです。愚かな挑戦だと笑われたとしても。

       
いっぽう、UEFAカップの抽選はこのように

080314uefacupj

バイエルンは初登場らしいスペインのヘタフェと。どんなところかわかりません(ゴメンナサイ)が、優勝するためにはここを勝つのはもはや義務。こういう、初参加とかダークホース的なクラブが何かを起こすことはよくあることなので、緊張感をもって臨んでほしいです。
だけどあ~ぁ、なんてことでしょう、無事に勝ちぬけたとしても、準決勝でレヴァークーゼンと当たっちゃうじゃないのさぁ~~~(レヴァークーゼンも勝ち抜けた場合ですが。勝ち抜けてください)
決勝でやりたかったよぅ(汗)…まぁ、準決で当たる分には、そんなにもったいなくもないか。
トーニの古巣フィオレンティーナとは、決勝まで当たる可能性はなくなりましたが、どうなるでしょう。
いづれにしても皮算用ですね。まずは目の前の相手にきっちり勝つことですよ!

    
おまけフォト(ブンデスリーガハイライトより)
「目が点」になると、人はこんな表情になるのです
Dsc04839
「オレ?」思いもかけない退場処分をもらったパンテリッチ。

Dsc04840
「何?」よそ見してるすきにFKをぶち込まれたニコロフ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/03/06

シャルケ、ベスト8!

前の記事で厳しく冷たいことを書いたので、リヨンファンとミランファンの方々を泣かせてしまったかも知れませんです。スミマセン。しかしリヨンに関しては、本当に勝ってほしかったし期待していたからこそ、悔しかったんでございますのよ。フランスの誇りってやつを見たかったのです。
ミランは、まぁ、ミランに対してどうとかじゃなくて単純に、素晴らしい試合を楽しませてもらいました、アーセナル強いね、と感嘆した、というだけのことです、はい。

さてさてさて、我がドイツの看板を背負った彼らはいかに?

3月5日 UEFAチャンピオンズリーグ 決勝ラウンド1回戦 2nd leg
FCポルト 1-0(PK1-4) シャルケ04

(2試合合計得点数・アウェーゴール共に1-1、PK戦の結果シャルケが準々決勝に進出決定)

080305_schalke

キタぁあーー!良くも悪くも、ノイアー祭り!!

いやはやいやはやいやはや・・・・・・・・・(^∀^;)

ポルト対シャルケの2nd legは、延長戦でも決着つかず、ついにPK戦に!ここでGKノイアーがPKを2本ストップし、シャルケの勝ち抜け決定!!!

…って、オモシロかったですよノイアー
緊張なのかなんなのかトホホプレーを連発、ポジショニングもメロメロ、判断力もヘロヘロ、だけどたまたま体に当たって枠の外にシュートが飛んだ運がいい、と思ったら、いきなり神セーブ!びっくりしますわー、何なんだアンタ、不安定なことこの上ないんだから、ボルドンクルスタイッチ、頼むからゴール前にボールを運ばせないでしっかり止めて~っ、なのにポルトガンガン攻めまくりでノイアー大忙し。終盤にかけてようやく落ち着いて安定してきたけれど。いやはやどうよ。
いやでも案外、PKは得意かも知んないよ、と思い直したら、前述の通りみごとに大活躍!2セーブ目なんか、倒れた体の上を抜けかけたものを、腕を伸ばして片手で止めた!!
そして最後はジョーンズが決めて、シャルケの勝利!勝ち抜け決定!

「やったぁー!」と叫んだ後で、思わず歌っちゃいました、毎度おなじみ、コリアンダーの勝手に出てくる替え歌シリーズ
♪神様ありがとう~(略) ♪ノイアーに勝たせてくれて、ノイアーに勝たせてくれて、ありがとう僕の友達、ノイアーに勝たせてく~れぇて~♪

…まぁ、今日ヤツに憑いていたのは神でも悪魔でもなくいたずらエルフかなんかだったと思うのだけど、それはいいとして、念のためいちおう、元ネタはこちら


サイズデカいな。

なんの話かワケわかんなくなっちゃいましたね(^^ゞ

いや、試合といえばもう、主審の目がふし穴判定でPKになるはずのをお目こぼし(お互いさまだったけどね)とか、一発退場者出た、とか、でも10人相手に攻めることなく守って守ってどうでしょうなシャルケ、延長戦後半途中までラキティッチを入れないスロムカ采配どないやねんとか、延長戦はシャルケ走り負けてバテバテひぃひぃ、とかグロスミュラーが髪を切っちゃった(試合と関係ないし)とか、いちばん可能性のあるカッコいいシュートを蹴ったのがDFのヴェスターマンて状況はどうよ、とか、なんだか、サッカーというよりネタ的なヘンテコエピソードは満載という、しっちゃかめっちゃかな印象の珍妙な試合でした(^_^;)
(いや、個人的には、グロスミュラーとヴェスターマンはまあまあだったと思います。CBコンビもよく奮闘していました。危ないシーンもいっぱいあったけど…)
そのすっとこどっこい感を象徴していたのが、珍プレー好プレー大賞のノイアーだった、と思います。

どっちにも思い入れのない立場であったなら、10人でも果敢に攻めまくり、素晴らしいゴールも決めたのに、いたずらエルフの気まぐれで敗者になってしまったポルトの方を勝たせてあげたかった、と、思うところですが・・・
シャルケ、よくやったぞ!あっぷあっぷしながらも、なんと、ベスト8だもんね!もうじゅうぶんだとホメてあげますよ。これ以上は望まないけど、失うものは何もないと開き直って、次に進めたらそりゃもぅ嬉しいし痛快なことです…が、ど~なるかな?

ということでこの試合だけですっかり長丁場になってくたびれちゃったので、バラックとかレアルとか見そびれちゃいました(^_^;)(ラスカルの検索とか横道ネタに力入れてるからだよ)まぁ、まだ保存してますので、おいおい。見る時間あるかな~?
結局、マラソンというほどのこともなかった2nd leg観戦でありました。

----------

そうこうするうちに、今晩はUEFAカップでござる。バイエルンはアウェーでベルギーのアンデルレヒトと。何故か以前に所属していたらしいHSVのコンパニーとか、ベルギー人のファンブイテンとかから情報を得ようとしている記事がサイトにありましたが、それだけ警戒してるのかというとそうではないらしく、カーンを温存だとよ~なんでやねん。そんな余裕かましてだいじょぶかい。以前CLで当たった時、そんなに楽勝してなかった気がするよ…

ここは、カップ戦では調子のいいポルディが今日も活躍してくれることを祈りましょう♪ルシオも体調悪いらしいので、まだまだファンブイテンの出番もありそうだし。
勝ってね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アーセナルだ!

ボーフム対レヴァークーゼンの続き見ました。アドラーはダメダメではなかったのでホッとしましたが。1失点目はともかく、2失点目は。アシストしたアズアグの、ねば~っと粘ったボールキープからのアシストも良かったのですが、レヴァークーゼンの守備も相当ヒドかったのでは・・・・・・トホホホホホ。調子にムラがありすぎるよぅ。なるほどこれでは優勝争いはムリかもね…

以上。

さてCLです。スカパー!の再放送時間の都合で、3試合観戦マラソンとはいきませんで、結局2試合見た後に立ち止まっちゃいました。かんたんにてきとうに行きます。

3月4日 UEFAチャンピオンズリーグ 決勝ラウンド1回戦 2nd leg

マンチェスター・ユナイテッド 1-0 オリンピック・リヨン
(2試合合計ゴール数2-1でマンUが準々決勝進出決定)

…リヨン。つまらん試合で負けよったのぅ。
向こうにアウェーゴールを取られてるのだから、こちらも絶対1点以上は取らなくちゃいけない試合なのに…。なんだその覇気のなさは!勝つ気あるんかい!
いや、もしかして、決勝トーナメントに残った時点で、もう満足しちゃったのかい?自分たちはここまで、と勝手に限界決めちゃった?あるいは、チーム状況悪し?
クペは落ち着いてて素晴らしかったし、守備面ではまずまずだっただけに(カスヤさんの予告どおりグロッソはメロメロだったけどね)、攻撃力の貧しさが悲しい。先制されていよいよ攻めるしかなくなっても、なかなかアウェーの戦い方から離れられない。最後の方でフレッジ、ケイタを入れ攻撃的采配による交代をしていたようだけど…効果薄。
いや頑張っても守られてて出れないのかもしんないし、最後がかみ合ってなかっただけ、あと一歩、だったのかも知れないけれど。
それでも今日のマンUは調子が悪そうだったから、ここでリヨンが、うおりゃああ~!と火事場のバカ力でもしぼり出せば勝つ可能性はあったと思うのにっ、なんなんだもぅ。なんでそんなに淡白なの。情けなくて、なんの感情も沸いてきやしないよ~
ダルい試合でマンUが勝ち抜けちゃったのも気に入らん。でもルーニーが、GKクペとユニ交換しに行ってる姿を見て、意外といいヤツじゃん、とか思ったり。単純。

080304_coupet
結局今シーズン、リヨンでは2試合しか見れんかった(TдT)

Dsc04817
バラバラ。
胸ポケットがちゃんと閉まらなかったみたいよ。グロッソが審判の落し物を拾って届けてるシーンはウケました。

次行こう、次!

  
ということで
ACミラン 0-2 アーセナル
(2試合合計ゴール数0-2でアーセナルが準々決勝進出決定)

Dsc04821
「フッ、まだまだ蹴球界ナンバーワンイケメンの座はゆずらないぜ」「そうっスか」
冗談はともかく、ミランの整列がなんかてきとうでしたね。余裕ありすぎちゃうん?

しかーし!選手のイケメン度は譲ってもサッカーでは負けない!解説陣がこぞって絶賛する「人もボールも動く」「世界一美しい」アーセナルのサッカーが今日も炸裂!(シャンパンサッカーとかセクシーフットボールとか、その手の呼び名はなんかないんですかね?)
正直ワタシはアーセナルは選手名もあやふやで、引いた画面では個人をなかなか見分けられないでいるのですが、チームとしてまとめて見てもほんとに凄い!圧倒的!いったいここはほんとにサンシーロかいなと疑うくらい、アウェーだからと臆することなくガンガン攻めちゃいます!個人的にはアデバイヨールが気になる存在ではあるけれど、セスクフレブもキレ味最高!もう誰が決めてもおかしくな~い!
だけど攻めるだけでない、守りもパーフェクト!あのカカパト&インザーギ、封殺!目立ってたのはセンデロスサニャだけど、たぶんみんな奮闘してたと思う。
てなわけでピッチはアーセナルが完全支配。

ミラン側は頼れるセードルフが欠場していたこともあってボールがうまく収まらず、ガットゥーゾも怪我明けということで調子が悪そう、ということもありましたが、翻弄されまくりでかなりかなり苦しんでいました。
だけどそこは百戦錬磨の職人ぞろい、ディフェンディングチャンピオンとしてのクラブ世界一としての意地もある。4バックががんばって締めてたけどやっぱり仙人マルディーニとイケメン殿堂入りネスタのCBコンビ&守護神カラッチが中心に、最後の砦は絶対に崩させない!

いや~迫力満点モチベーション最高、超一級と言ってもいいプレーの数々になんども「うぉ!」「うまっ!」「あ~もうっ!惜しい!」と腰を浮かしまくり。
そーよ、やっぱCLは、こういうのが見たいんじゃん!わくわく!

…と、盛り上がっていたら、ふと。
ここまで圧倒してるのになんでアーセナルはゴールが決められないのか??どうも最後のところで、ひと手間余計にボールを回してやいないかい?いいから、そこはバチッと決めようや!というシーンがけっこうあったかも…

けどせっかくアーセナルが魅せているのだから、ここでミランがセットプレー一発とかで勝ち抜けちゃうのはつまんないね~、いえ、去年バイエルンが敗れたミランに別段恨みがあるわけではないんだけど…と言ったらちょっぴりウソになる…
とか思ってたら、何の前触れもなく唐突にセスクゴーーーール!それまではアーセナルの攻撃は、狭いところからゴリッと抜け出してパスをつないで、とゴール前でこねくりまわしていた印象があったものを、いきなりミドルをズバンと入れました。突然だったので、一瞬サイドネットかと思っちゃいましたが、リプレイで見直したら爽快で豪快なゴールでした。
84分という最高の時間に決めちゃいましたよ!やるね!!もぅ、お見事としか言いようがないです。

080304_arsenal
レーマンもやっと映ったよ~

しかもロスタイムに、アデバイヨールがダメ押しの2点目。ミランにしてみれば、ムダな追加点でした。もはや1点決められた時点で気持ちは折れちゃってたんだろうと思います…

ミランには申し訳ないですが、勝つべきゲームをしたチームが勝った、ということで、大満足の結果となりました。アーセナルにはぜひぜひ、決勝に行ってほしいです。

ところで、我が家はセリエAは契約してないので、マルディーニがプレーしてるところを見るのはこれで最後だと思うので描いてみました。
ひと足先に、お疲れちゃん。貴方の名前は世界に永遠に刻まれるでしょう…(涙)

080304
で、この程度かい○| ̄|_
リスペクトしてるとかカッコいいとか言っといて、想いと画力は必ずしも比例しないものでありますのであるからして…(汗

さあさあさあ、今晩はシャルケ戦ですよ!キミたちはつまんなくてもダルい試合でもいい!勝ってくれぇ~~!でもできれば熱いゲーム希望!走れ!ヴェスターマン!燃えろ!グロスミュラー!決めろ!クラーニィ!止めろ!ノイアー!
あと、バラックも。しっかり活躍してチェルシー勝ち抜け希望!ローマ対レアルは…どっちでもいいです、盛り上がれば…。
          

ところで、全然関係ないんですが。

080304_napoleon ありゃりゃりゃりゃ・・・
出た!
おなじみ?SportBildのコスプレ企画!とうとうナポレオンになっちゃいました。(今回は衣装が本格的ですね)
ビデオコーナーでは、撮影風景&インタビューのもようが見れます。ナポレオンもキてますが、真っ白シルクハット&スーツ姿にブッ飛びました・・・・・・ゲッツ(爆

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2008/02/21

CL:リヨン対マンU、とか

UEFAチャンピオンズリーグ決勝ラウンド1st legの観戦マラソン中ですが、なかなか進みません。なので見た分だけざっくばらんに。

シャルケ04 1-0 ポルト

080219_schalke

ドイツ勢唯一の勝ち残りチームとなったシャルケ、意地をかけて挑んでほしかったのですが…
おいおいキミたち、こんなもったりしたチームだったかい~?もっと熱くてエキサイティングなサッカーをするところだと思ってたぞ~。緊張しちゃったのかいどうしたんだい。
勝ったとはいえ、ホームとは思えないしょっぱい内容でもって、次戦にまったく余裕が残せないしょっぱいスコアで…トホホ。
試合開始すぐに、ラフィーニャの強力シュートがはじかれたところをクラーニィが入れ直して先制!おぉカッコええやないの、と思ってたらその後はどうしたもんでしょうか、シュートが何本あったか知らないが片手で数えきっちゃうんじゃないかと思うぐらいゴールの気配の見られないゲームで…。シロートのワタシが思わず「もういーからシュートで終われ!」とか叫んじゃったわよ、イライラ。ポルトもへなちょこ気味だったし、なんともはや…。
この試合で初めてドイツのチームを見る人もいたかも知れないのに、これじゃ「やっぱブンデスってつまんねーな」とか思われちゃうじゃないのさっ、んも~っ
           

リヴァプール 2-0 インテル

すみません、いろいろありまして、集中して見れる状況ではなかったのでほとんど覚えてません…ひどい。
途中で、入墨男マテラッツィがイエロー2枚で退場になってしまいましたが、インテルは数的不利を感じさせないでうまく粘ったと思います。
リヴァプールはこの日も大人のクールなサッカーだったと思います。さすがビッグクラブ同士、一流の薫り漂う、せめぎ合いにらみ合いがシビれる展開…だったような気が…(わかんないなら書くなって。なんか去年も同じこと書いた気がするし…進歩のないワタクシ)。
終盤にリヴァプールが2ゴール入れて勝利、ということを不注意で先に知ってしまったので、全然びっくりしませんでしたトホホ…。やっぱ強いねリヴァプール。今年も決勝まで勝ち抜けそうな予感がします。
    

リヨン 1-1 マンチェスター・ユナイテッド

080220_tevez
野人テヴェス。言っちゃあなんですが、暑苦しい!どこまで髪伸ばす気だ。

ということで、男前GKクペがCLに復帰!ワタシにとっては今季初クペ!待ってたわよ~☆やっぱカッコいい~
なのにこの男前の写真がなかなか見つからん。ちっ

えーと、終盤あたりはだいぶ攻め込まれたりしてましたが、基本リヨンのペースでした。
敬意を表して名前を呼ぶ・グロッソスキラッチブームソンレヴェイエールの4バック+ボランチ・トゥラランの守備陣が本当によく集中して、ルーニーCロナウドをしっかり警戒、クペに出番を与えません。
攻めてはゴヴーが魅せる魅せる♪個人技炸裂で楽しく前線突破、がっつり守られて身動きがままならないベンゼマの代わりにチャンスを演出!あ~、なのに最後の決定力だけが足りない~~っっ

がしかし、決めたのはやっぱりベンゼマ。4人に囲まれた中からゴール!ひゃ~やっぱすごっ、タダモンではない。
だけどゴールは1点だけ、どうにも決めきれず、む~ん、アウェーでの2nd legに向けて1-0はキツいなぁ…。どうもワタシの目には、なんだかマンUが全力でないように見えるし…リヨンは間違いなく全力だから、やはりチーム力の差はいかんとも(-_-;)。でもCロナウドのFKを2度も止め、ルーニーの突破もブロックしたクペ、さすがやっぱり頼れる守護神、カッコいいぜ!

…とか思ってたら87分セットプレー一発!テヴェスにやられたぁーーっ!
うあぁ~~~もう少しだったのにぃ~~~~~~っっ(>_<)

はぁガックリ・・・。貴重なアウェーゴールをもぎ取られてしまいました…。
いや、まだ終わってない。終わってないけど、今のリヨンが次のオールドトラッフォードで勝てるのかよぅぅ( ̄△ ̄;)?
・・・・・・・・・・・・・。

ところでバイエルンサポにはなつかしいハーグリーブス、「汗かき屋」と紹介されておりましたが、そんな感じで奮闘していました。すっかりマンUユニがサマになって、イキイキと張り切ってる姿を見ると、ずっと前からそこにいたみたいで、彼が去年までバイエルンにいたなんて信じられないぐらい(涙)。(ユニフォームの色も同じ赤だから違和感薄いし…)
悲しいけれど、こんなことならもっと前から解放してあげた方が彼のためにはよかったんではないかとさえ思いました(涙)。ブラックバーンで活躍してるサンタクルスもしかり。

   
残りの試合はこれから見ます。…が、チェルシーとアーセナルはスコアレスドローと聞きましたので、どうしようかな…。ゴールが入らないとわかってる試合を見るのはキツそうだわ。レーマンが心配だからアーセナル戦はおさえとくか…?
【追記】なんだか寝トボケたことを申しておりますが、アーセナルの相手はあのACミラン!という最黄金カードでありました(^^ゞ マルディーニもパトも登場、解説はワタシの好きな原博実さんであります。これは見なければ!

まぁ、今晩バイエルンがUEFAカップですので、そっちの方がワタシには大事ですから、CLはもう見れないか、あるいはすぐには見ないかも知れないです。
リベリー出れないってさ~、シュヴァ、ハミト、もうひと頑張りよ!ローテーションでソサが出るかもね。勝ってね!勝つべし!打つべし!ポルディ!クローゼ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/12/21

速報:CL決勝T組み合わせ決定!

セルティック × バルセロナ

リヨン × マンチェスターU

シャルケ × ポルト

リヴァプール × インテル

ローマ × レアル・マドリー

アーセナル × ミラン

オリンピアコス × チェルシー

フェネルバフチェ × セビージャ

    
シャルケ。もしかしてイケるかも?(`ー´)
でもリヨン……(゜□゜;)。終わったか……??
アーセナル対ミラン、リヴァプール対インテル、ローマ対レアルあたりがビッグカードですね。日本的には俊輔のセルティックがバルサとあわわわ、どうしましょう、というところでしょう。

21時からはUEFAカップの抽選です。バイエルンの運命やいかに?!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧