« 2009年3月 | トップページ | 2012年11月 »

2009年4月

2009/04/19

このblogは終了しました

毎度ご来訪ありがとうございます。「ランダム・メモランダム」管理人のコリアンダーです。

当blogは、サーバーの容量がいっぱいになったのを期に終了いたしました。
続きの新規blogはこちらです。

長らくのご愛顧、ありがとうございました。
そして新blogの方も、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(__)m

|

2009/04/18

新規blog開設しました

どもども、そういうわけで、新規blogを開設いたしましたのでご案内申し上げます。こちらです。

…と言っても、まだ挨拶をしただけで、何にも書いておりません(^^ゞ
そして「開設しました」というタイトルだと、あまり関係ない、宣伝系やエロスパムコメント等が来そうなので、本日のところは、コメントもトラバも受け付けないそっけない状態になっております。

タイトル等もまだ迷っておりますので、変更するかも知れません。
そんな感じで何もかもこれからですので、リンク先様へのご挨拶等もちょと遅れております、ご無礼ご容赦くださいませ。

取り急ぎ、お知らせまで。

今後もコリアンダーをどうぞどうぞ、ヨロシクお願い申し上げます。
そしていま一度。「ランダム・メモランダム」へのご愛顧、本当にありがとうございました m(__)m

|

2009/04/16

「ランダム・メモランダム」終了のお知らせ

                     080902_31

体調不良が続いてまして、更新が滞っております m(__)m

そんな状態の中、急な話で申し訳ありませんが、長らくご愛顧いただきましたこのblog「ランダム・メモランダム」をこのたび終了することといたしました。

2005年7月に、バイエルン・ミュンヘン来日ツアーの日記をちょこっと書き留めておこうかな、と、当初は本当にどでもいいつぶやき日記として開始したこのblogでしたが、「サッカーの話が熱くて面白い」「イラストがいい」など数々のオホメの言葉をちょうだいし嬉しくなって調子に乗り天狗になった挙句、どんどんボリュームアップしていき、いつの間にかネタはほぼバイエルンネタピンポイントとなり、あとはカーン&ファンボメル&ファンブイテン愛をモエモエ言うだけの、もともとワケのわからんアホblogだったのがそのアホさ加減に拍車をかけつつ、ここまで来たものでございます。

書いた記事は1,286、いただいたコメントは、ここまでで述べ約2,200件超(半分は自分からの返信と予測しててけとー概算)、そして、総アクセス数は実に約355,000~~~!!!

びっくり。びっくり。(゜∀゜)
まあ、アクセス数のうち半分以上は自分ではないかと思うし(^^ゞ、このココログのアクセス解析もしょっちゅう壊れるのであまりアテにはならない話とはいえ、こうして見るとなかなか壮観なものがあり、まさかここまで来てくださるとは…。と感慨深いものがあります。

blogを通じて、リアル&バーチャル面で、これまでだったら出会うこともなかったであろうかずかずの知り合いも出来ましたし、いろんな貴重な情報をくださる方もいて、本当に充実した毎日を過ごさせていただいております。

いつも読んで下さってる皆さま、コメントを下さる皆さま、リンク先様のブロガーの皆さま、コリアンダーと「ランダム・メモランダム」はひとえに皆さまのおかげで成り立っております。
本当に本当に

ありがとうございました!!!\(T∀T)/

・・・・・・・・。
・・・・・・・・。

ごめんなさい。
気持ちはうそではありませんが、ちょっとおおげさに盛り上がりすぎましたかね。

いや実は、サーバーの容量がいっぱいになってしまったので、blogを引っ越し、というか、2号blogを新設することにした、というだけの話なんでございます(^^ゞ
い、いや~(汗)、ワタシとしては気分はまったく継続中なのですが、一応挨拶だけはしておこうかと思いまして・・・。

そんなわけで体調面とか、CLの他の試合見たりとかなんとかありましてすっかりバタバタしてしまって、実は準備等全くできておりませんのです。

決まったらお知らせしますので、ゼヒゼヒゼヒゼヒまた遊びに来てくださいませ m(__)m。
もしかしたらこれを機会に「さよーならー」しちゃう方もいらっさるかも知れないですが、でもそんなつれないこと言っちゃイヤ~ン(ToT) …いや、ぶっちゃけ、そこがとってもコワいんです。。。

まあ、1~2日の間になんとかしたいと思っております。バルサ戦のレビューがあんまり遅くなっちゃってもいけないし。
それでは、ほんのちょっとの間ですが、ごきげんよう。ありがとうございました。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2009/04/15

速報

090414_bommel

というわけで、予定通り、バイエルンのヨーロッパは終わりました。

バイエルン 1-1 バルセロナ

(つまんない予想が的中してしまった。別にうれしくない…)

う~~~~~ん。

本当に終わったのか、なんかぴんと来ない。。。全力で悔し涙を流す感じでもなし、バーカーバーカとののしるでもなし…。思ったとおりだからショックを感じてないのかな。

ただ、選手たちのハートは感じたぜ!

みんな、お疲れさま。愛してるよ。今日はゆっくり寝ていいよ。

続く。(かなり遅くなるかも知れません)

でもひとつだけ。あの場に、シュバとポドルスキに居てほしかった…何故だ…。

遅くなるかも知れないので先に本日のダニエル
090414_daniel 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

まもなくバルセロナ戦

サッカーにまるで興味のないダンナにさえ、帰宅するや開口一番
「クリンスマン監督は勝つ気がないんだって?なんか、4ゴール決められる気がしないとか、なんとか。車の中で聴いたラジオで言ってたぞー」
と言われてしまう、そんなヘタレなカントクを持つチームのサポである管理人コリアンダーですこんにちわ。とても体調がわるく、痛いのをガマンするだけで体力を消耗しヘトヘトで、気分もかなりロウでございます(-.-;)

なんだかねぇ。

フランクフルト戦後の監督のコメント(バイエルン公式より抜粋)(太字はワタシの加工です)
「われわれは今、チャンピオンズリーグからうまく去れるように、火曜の夜に向けて準備していくことになる。」

月曜日に行われた、バルサ戦に向けての記者会見でのコメント(バイエルン公式より)
「4または5ゴール、バルセロナを相手にできるわけがない。」

同じく、Goal.com日本語版より
「バルセロナを倒したいね。いい形でリスペクトを持ってさようならを言いたい

とどめのスポナビ
「少なくとも勝利という結果が収められるように、持てる力をすべて出して戦う。だが『逆転可能だ』などと言うのはおこがましい。われわれは現実的にならなければならない。客観的な視点で見れば、バイエルンの敗退はすでに決まっていると言えるだろう。バルセロナ相手に4点差以上で勝つことは実質的に不可能だと分かっている。なぜなら、彼らは別次元のプレーをしており、現在ヨーロッパで最高のチームだからだ。だからこそ、誇りを持って大会に別れを告げるためにも、何とか彼らを倒したい」

いや~~~~~テンション上がっちゃってしょうがないですわねぇ。(イヤミ)

なんなんですか、「夏のおとぎ話」であんだけ熱弁をふるって選手をアゲアゲにしてへなちょこドイツを3位に導いたのと同じ人物の言葉とは思えまへんな。
…まあ、いろいろあって、相当傷ついちゃってる感じも伺えてちょとかわいそうにも思わなくもないですが、でも監督がハナからあきらめてくれちゃって、こちとらどこをどう応援したらいいんですか。空しいったらありゃしない。言われなくたって期待なんかしてないやい、バカバカ(泣)
勝利どころか、ボッコボコにボコられて誇りも何もかもズタズタにされてしまうのは目に見えてるもの…
だけど~~~~~!!!
やっぱりそっちから言うなー!何さっ、「俺たちは5-0で勝って見せるぜべらぼーめ!」とか無茶なことを言って「よっ、待ってましたビッグマウス~♪」と合いの手入れたくなるような豪傑はバイエルンにはいないのかい。世界に「何を言ってんだかバッカじゃねーの?」とか言われるのが恐いんですかね。。。

つまらん。

つまんないので、多少はやる気のありそうな選手のコメントを拾う

Goal.com日本語版よりラームのコメント
「準決勝進出は非常に難しい」「彼らと対戦することは、大きな名誉だし、彼らは個人のチームではなく、チームだよ。メッシがプレーするなら、非常に嬉しいよ」

…ダメだこりゃ。アンタもお客さんですか。

またまたバイエルン公式よりデミケリスのコメント
難しい試合になるだろう、と認めた上で
「だけどサッカーの面白みは何が起こるかわからないところ」

そうそう、せめてそれぐらいは言ってよね。

ということで、はいはい、お待ちかね(待ってない)なんちゃってアグレッシブリーダーさんのお言葉ですよー
バイエルン公式よりファンボメル主将のコメント
「(準決勝)進出はとても難しい、が、信じることを忘れてはいけない。信じられなければ、始めから試合をする必要はない

ほらぁー!かーっこいいーー!!
誰ですか、「結局いつものエコヒイキかよ」とか言ってるのは(^∀^;)

まあ、なんですか、ぶっちゃけ、ワタシ的には、勝ち抜ける気まんまんでモチベーションを最高潮にして出せる力を全て出し切って、やっと0-2の負けか1-1のドローが御の字だと思ってます。
それが最初からこんなみんなして、「4点も取れるとは思わないけどぉ~、やれるだけのことはやりまちゅ~」とか眠たいこと言ってたんじゃー、本当にもう一回0-4とかなんだったら0-5とかだってあり得ますよ。
ヴォルフスブルクやブレーメンより、バルセロナが弱いわけないでしょー?
しょーがねーなー、ホントに。やる前から気持ちで負けちゃって、がっかりだよっ!

------------

エコヒイキついでにファンボメルネタ…ついでと言うより、実はこっちがメインだったり(^^ゞゴメンナサイ。たぶんこのblogでのボメルネタはこれが最後になる予定ですので、お許しを…

例の、ファンボメルによる「リベリはバルサに行きたがってる」発言は日本のサイトでも各種アップされて世界的に波紋を呼んでいるようでございますが(??)、その後にドイツで出た訂正記事はアップされそうもないので、ちょこっと書いておきます。

昨日も少し触れましたが、バイエルンのメディア担当のHörwickさんがすかさず月曜日に火消しコメントを発表したもよう。だいたいのところこんな感じ
「マルクはスペイン語で答えようとしたんだけど上手くいかなくて、誤解が生じてしまいました」

そして何故かBildだけに、本人のコメントが掲載されていました(ホンモノか?)。ざっくばらんばらん脚色OK

「俺が言いたかったのは、フランクはとても素晴らしい選手だから、いつの日かバルサでプレーすることも可能だろう、ということだよ。来シーズンの話についてじゃない。だけど俺のスペイン語は上手くないんだ。もう二度とスペイン語でインタビューはしないよ」

うふふふふ(^ー^)
でも結局、「リベリがバルサに行きたいって言ってた」という点については否定しないのね、というところはさておいて。
スペインのラジオ局のインタビューだったから、ホントはスペイン語はあんまり得意じゃないんだけど、ついいつものサービス精神を発揮させちゃってがむばって答えちゃった、でも思いもかけず話が大きくなったもんだから、「もうスペイン語でむつかしい話はしないもん…」と、ちょっとしょぼっとなってるボメルの姿を想像すると、かわゆい~モエ~~となるのであります。

Photo
Bildの記事に付いてた写真。アタシゃリベリになっていー子いー子されたいっす…
それでファンブイテンにも可愛がられて…ムヒョヒョヒョヒョ(よせ)

----------

さてまもなくバルサ戦です。いつも更新がぎりぎりだ。
そんなわけでモチベーションあがりませんし体調悪いし意識モーローだし、がんばって起きてバイエルンがウダウダプレーでボコられるとこ見てもしょがないだろ、という気もして非常に悩ましいところでしたが、ここまで来たら付き合います。意識を保っていられる間は・・・

エコヒイキついでに(まだ続くのか)
SPOXに出ていた、フランクフルト戦後のファンボメルのインタビューからカッコいいところだけを抜粋(意識モーロー中なのでかなり無茶な妄想訳OK)

「大差で負けるということは、簡単に言うと、俺たちは欲望や、ハートや、情熱を見せることができなかったってことだ」

そいうことだ。せめて熱いハートを感じられる試合をしておくれ。そのためにはカントクが消極的なヘンな采配してやる気をそがないといいんだけど、とかなり心配です。
とりあえず、GKは向こう数週間、ブットで行くそうです。レンジング…(泣)

アノ方からもひとこといただきましょう

Dsc05983
やっと見れました「S」。想像以上に内容が薄いのでちょっと驚きましたが、でも、ハイビジョンでカーンのアップが見れる!そして話してる内容が理解できる!それだけでもどれだけ貴重なことか。。。こんな微細なことにも感動している語学が不自由なニホンのファンは、本当にオリ・カーンに飢えておるのであります。
ただこの、カーンが「贈りもの」と言ってるのが、「06年W杯3位決定戦で出場機会がもらえたこと」というのが、どうにもこうにも、ひとことでは語りつくせない実に複雑な気持ちが怒涛のように押し寄せてくるのでありますよ。。。。。。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/14

(今度こそ)帰って来たファンブイテン

090413_fcb

お父さんの容態が安定したので、帰って来たそうです。ちゃんとトレーニングフォトもアップされてますので、今度は本当に本当でしょう。

090413_2

090413

うれしいな。
でもまだ本人は、心配事を抱えながらだとは思います。
試合勘も鈍りまくってるでしょうし、ルシオもミーチョもいるので、今日無理に出場することはないでしょうけど、そこにいることがまずはうれしい。リベリも喜んでるに違いないよ。
なのに何故ラブラブ2ショット写真がないのだ?

090413_3
時間が経てばアップされるかも知らん。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

27節:バイエルン対フランクフルト(余談だらけ)

ファンボメル「リベリはバルサに行きたいらしいぜぇ~?俺聞いちゃったもんねー」とか余計なことをくっちゃべっちゃって、アンタそれはどないやねん、アタシゃ恥ずかしいよ、という話はとりあえずさておきます。試合の話ができなくなっちゃう。
この流れの中だと冒頭に持ってきたエコヒイキネタがアホらしく見えてしまいますが、ご容赦ください m(__)m。だから更新を早くしろと…しかしこっちにも都合ちゅうもんが(独り言)
(でも追記・「マルクは(母国語ではない)スペイン語でしゃべったからうまく伝わらなかったみたい。誤解だよー」とは今回の火消し担当?広報担当Hörwickさんが言ったそうな。とりあえずkickerより)

もう今晩はCLだというのに今さらブンデスネタ。まあ、勝利の復習をして、いい気分で行きましょう、ということでよろぴこ

4月11日 ブンデスリーガ第27節
バイエルン・ミュンヘン 4-0 アイントラハト・フランクフルト

090411fcbfrankfurtfj
交代:オッド(46レル)、ポドルスキ(63リベリー)、ブレーノ(64ルシオ)
サブ:レンジング、アルティントップ、バトシュトゥバー、ボロウスキ

得点:リベリー(3)、トーニ(17)、ルシオ(36)、シュヴァインシュタイガー(48)
カード: レルオクス

Dsc05970
お気に入りシーン(^ー^) 熱きリーダー二人。シーズン開幕直後は、ルシオの言うことを知らんぷりして流してたファンボメルであったが、今回はちゃんと聞いてて(たぶん)、「おう」とかなんとかうなづいてたのがうれしかったのであります。

前節のこのシーンもぐっときちゃったけどね
090404_21
痛めた脚を応急処置して戻って来たルシオに言い聞かせる
「ダメだと思ったらすぐ言えよ!絶対に無理するんじゃねーぞ!」(←勝手妄想)

毎度恒例エコヒイキ終わり。
あーっと、もうひとつだけ(刑事コロンボか)。ファンボメルがインタビュー中にカントクの去就を聞かれて「俺が話すことじゃねーだろ」とかなんとか言って、まだ聞くことあったのに途中で切り上げちゃった、とどこかで読んだ気がするのですが、それって、試合前?試合後?どっちかな。

090411_fcbfrunkfurtj
ネタ的にはファンボメル祭りだったのですが、今季は描き過ぎてる感がありますので遠慮してみた(これでも)…

ワタシ的にはこの日の陰のMoMはルシオではなかったかと。
まあ、相手が相手だっただけにあのバルサ戦とは単純に比べようもないですが、しかし、ルシオが戻って来ただけで、こんなにも安心感が出るものか…。
本人も、自分が出られなかったバルセロナ戦でバイエルンの守備がボロボロで試合もあんなことになって、ジクジたる思いがあったに違いない。せめてこの試合の勝利に貢献したいんだぜという思いが見て取れる、熱い魂あふれるプレーで守備陣を牽引してました。今夜のバルセロナ戦ではヨロシクお願いします。

<以下、試合のことより、サイドストーリーが多く、話それまくりで、すっかりボリューム満点になってしまいましたのでたたみます>

続きを読む "27節:バイエルン対フランクフルト(余談だらけ)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/04/13

買っちゃったもんね

ファンボメルのバイエルン残留決定から約1ヶ月、この間、来年のホームユニが発表になってからの方がいいのか…いやどうせダッサいのに違いないから、ここはCL用のサードユニか、いややっぱり紺ユニが一番カッコいいしな、でもバイエルンなのに紺色ってどーよ自分?と迷ったり(あくまで今季のホームユニは買う気はないらしい)、いったん下がったユーロがちょびちょび上がってきたり、等、いろいろありましたので少々遅くなりましたが、本日到着しました~

まだハライタが収まってなかったので、ババアのようにヨロヨロと玄関に出、ヨロヨロとハンコを押してヨロヨロと受け取りヨロヨロと開封・・・

Dsc05971
「17 VB」という時点ですでにときめいている(←バカ)

Dsc05976 へっへへへへへ。ニヤニヤ。

やっとこの手に。
いや、今まで買う機会は何回でもあったのだけど、おととしに現地に行った際は、悩みに悩んだ末にシュバとミーチョのを買い、去年再び現地に行った際はあまり迷うことなくファンブイテンのにし、そしてオリ引退記念グッズetcを通販で買った時はそちらの方に金がかかったので、予算の都合上&今季限りで退団しちゃうかも知れないという懸念もあったので、様子見してしまいました。
それがついに!(^∀^)
できればキャプテンマークも巻いてあげたいところですが、レプリカのキャプテンマークは売ってないんですよね。なんかオモチャっぽいのしか。残念。
ボヤ~と眺めてると、コイツのファンであることを誇りに思ったりさえするのであります。
サッカー的にはもういらんヤツだ、来季はティモシュクでヨロシク、と、世間では思われているのかも知れないけれど、ワタシは応援しちゃうんだもんね、だってスキだから(ポッ)とか思って、またニヤニヤしたりする(キモ)。

今現在、ハンガーがひとつしかかかってないので、ファンボメルを掛ける代わりにやむなくファンブイテンを下ろしたのですが、やっぱりちょっと寂しいので、後日フックを買ってきて、二人並べようと思ってます。シアワセだな~ホワワン(´∀`)←おめでたい

Dsc05936
「俺のことはもうイイのか~」
イイわけないでしょうが。でででもホラ、1年以上飾ったし、カーン愛は既に別次元のものに昇格(???)してるということでムニャムニャ…

さらに、ついにグミデビュー

Dsc05972
何故左側のが傾いてるのだろう。
「マイスター・ベアグミ」 1個1.95€也。
「FCBのマスコットがフルーツグミになりました・2種類のフルーツ味・各パッケージには選手のピンバッジ1つ入り(全18種類) 」(バイエルン・オンラインショップより…実際にはピンバッジ、ではなくマグネットが2つ入り)

この商品のキモは、何が入っているのか開けてみるまでヒミツの、選手のマグネットであります。
いやこれも、リンク先様のblog等で、中のマグネットがこんなんだった、当たった外れた、というような記事をいくつも楽しく読ませていただいて、自分も何が出てくるのか見てみたいと思ってはいたのですが、いかんせん、ワタシ自身の食生活の中で「グミ・ガム・キャンデー類を食べる」ということが滅多にないものですから、マグネットは欲しいけど、グミを食べるのはキツいなぁ、と見送り続けていたものであります。
しかしこのたびふと、なんの気まぐれか自分でもわかりませんが、ちょっくら運試ししてみるか、と、2個買っちゃいました。
狙うはもちろんW(ダブル)ファン!そう都合よくいかないでしょうが、ビギナーズラックってこともあるし。。。さてさて。パカっとね。

Dsc05974
(お見苦しい手が写ってますがご容赦ください)
開封する前に透かしてみて、誰だろな~?と想像してネチネチ楽しむ。
Dsc05975

手を伸ばしてセーブしてる姿っぽく見えるので、レンジングかな?

ということで、なんとなく、レンジングとルシオではないかと予想して開封~

Dsc05980
トーニ&リベリ!「当たり」かも(゜∀゜)

Wファンは出なかった。できれば次こそファンブイテンを出して、リベリと仲良く並ばせてあげたいものです。しかし1つ食べ終わるのにもどれくらいかかるかわからんし、いっぺんに開けちゃうのはどうなんだろう…パカッ

Dsc05978
これがレンジングじゃねーか!と確信。どっちが上下かわからんが、フィールドプレーヤーにはあり得ない形でしょう。

はたして
Dsc05979
ゼ・ロベルト&レンジング。

むむ~。でもまあまあ、メンツ的にはなかなかいいカンジではあります。ちゃんと4人違うのが出てきたし(^ー^)

ところで彼らをどうしたものか。場所がないのでとりあえず、冷蔵庫に張っておきましたが、油ヨゴレとかですぐにベタベタになっちゃう予感。オサレなマグネットボードかなんかを買って、お絵描きデスクの前に飾りたいところであります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/12

TVメモ:訂正と新規情報

本日23:50~フジテレビNEXTさんにて放送される、MG対ヴォルフスブルクは、LIVE放送ではありません。
このカードは昨日のうちに試合が終了しております。本日放送があるのは録画放送と思われます。誤った情報を発信してしまい、大変申し訳ありませんでした。

そう言ったそばから新しい放送予定をお知らせするのももはや信用ならないと思いますが、29節の放送予定が出たようです。

バイエルン対シャルケ

が、25日、試合終了直後に録画放送されるようです!(゜∀゜)やったーーー!このところフジさんぐっじょぶ続きですね!

詳しくはコチラをどうぞ。

いででで腹が…(ローリング)←ゴマかしてもダメ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3時間遅れですが・・・

バイエルン 4-0 フランクフルト

さすがに時間が遅すぎて、寝ないとヤバいので、ちょっとだけ

090411_nr5

・・・・・・リベリ(感涙)(T∀T)

Dsc05959
ラームがすっかり伊達男に!そしてクラウディアさんがセレブに!(汗)

Dsc05960
おぉミロ久しぶり!双子チャンかわゆす~♪

続く!

[写真追加]
090411_miro 090411_miro2
ぎゃ~~~~~パパミロモエ~~~!!!

(スミマセン、一夜明けて不肖コリアンダーちょと体調がわるく、30分おきに七転八倒しておりますものですから、試合のレビューが滞っておりまする m(__)m ←たぶんこのところのヤケ食いヤケ飲みのせいですので、ご心配なく・・・。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/04/11

しゅたんだずーでんす

本日はフランクフルト戦ですが、相手がどこであろうとも8人だろうと7人だろうと、6連続オウンゴールでもしてもらわない限り勝てない気がするヘタレサポ・コリアンダーです。

試合のプレビュー記事を見たりなどはまだしておりませんし、する気も起こらず…。でも、史上最悪の試合の話をしたままブンデスに突入するのはなんとなく気悪いので、なんの内容もありませんが、ひとネタはさみます。

今日はこれから出かけますので、試合時間にはちょっと間に合わないかも知んないです。
今のバイエルンには、もはや「がむばれ」とか「勝ってね」とも言いにくい心境。
だけど、…う~ん、なんだろう、踏ん張れ!ガマンだ!(何それ)
そして白々しく、「ユルネバ」もいいですけどここはやっぱり「南の星」でも脳内再生しておきます。
♪ヴぇヴぃーりんぐーてんヴぃーいんしゅれひてつぁいたん、ずーあいなんだしゅてぃーん♪(僕たちはいい時も悪い時も共にあるのだから)、であります。

080725_fotoshooting20
 
ヨロシク!
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイエルン、クラブ史上最低の試合

とは、皇帝閣下のお言葉。異論はないぜベイベー♪(ヤケ)

さて

090408_cl6

090408_basti

kickerの採点も合わせてどぞ。地獄採点祭りだワッショイ♪当然でしょう。反論しようがあるかいな。

4月8日 UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝 1st leg
バルセロナ 4-0 バイエルン・ミュンヘン

090408barcafcbfj
交代:オットル(5)(46アルティントップ)、ソサ(77ゼ・ロベルト)
サブ:レンジング、ラーム、バトシュトゥバー、ボロウスキ、ポドルスキ

得点:メッシ(9)、エトオ(13)、メッシ(38)、アンリ(43)
カード: レルデミケリスメッシマルケス

まず最初に言っておかねばならんことがある
090408_rensing

すまん、レンジング。(>_<)

ワタシはブットが好きだから、レンジングが外されてブットが起用されたことに対して、「なんで???」とびっくりはしましたが、それ以上は深く考えず「こないだのヴォルフスブルク戦のレンジング、いい仕事できなかったし、この大一番は経験豊富なブットに任せたのね、また見れてうれしーわ♪」としか思ってなかったのであります。

だけどよくよく考えたら、そうですよね、GKは特に信頼を必要とされるポジションなんだと、あのカーンも言っていたではないか。信頼を失ったと感じたかも知れないレンジングのことに思いが至りませんでした。
キャプテン問題の時はあんなに、キャプテンに指名した以上はちょっとぐらい調子悪くても使え!とか大騒ぎしてたくせに、これがもしカーンだったらワタシはどれだけ失望したか知れないのに、喉元過ぎればなんとやらなのか、カーンやボメじゃなければそれでイイのか自分、エコヒイキが過ぎて視野が狭くなりすぎてるんじゃないのか、と少し恥ずかしくなりました。

ただ、あくまでワタシ個人の考えですが、レンジングの気持ちはさておかせていただいた場合、やっぱりブットでOKだったと思います。バルセロナという強大なチームを相手にした場合、ベテランの力を期待するのはわかります。特に正GKの調子が不安定な時は…。
そしてブットのパフォーマンスについては意見が割れましょうが、ワタシの目には、レンジングとまったく遜色なかったですし。4失点した後も頭に血が上ることなくくさることなく、落ち着いて仕事してたように見えたので……。

問題は、そのやり方です。それならそれと、もっと早くから、ヴォルフスブルク戦後からでも、決定するべきだったしょう。

これに関してレンジングの告白。ざっくばらんばらんで恐縮ですが
「ショックでした。僕は、バルセロナでプレーできることを特別に期待していたから。」
今回のスタメン落ちは、試合数時間前という土壇場になってから申し渡されたそうです。
「監督は昼食の際僕の部屋に来て、ヨルク・ブットは経験があるので、彼がゴールに入ることになると告げたのです」「僕はこの決定を受け入れなくてはいけません、そして土曜日には再びプレーできることを期待しています」「監督の言葉によると、これは今回限りのことです。全体的には彼は僕の成長にとても満足していました」

うああ~~かわいそうに(T△T)
「土曜日出られたらイイな」なんて、ビッグマウスなレンジングがそんなショボショボしたコメントをしている時点で、傷つき具合が推し量られますよ~~
それにしてもクリンシ、またやりよったか!試合直前にスタメン落ち発表。ファンブイテンが何回かこれで犠牲になっているというのに、なんですか、つまり、そういうやり方なんですよね。多分。
ちなみにファンブイテンは朝食後でしたが、今回は昼食ということで、だんだん試合までの時間短くなっているような気が。ショックでかいなぁ。

Sport1.deで拾いましたが、ここには、2006年のカーンの事例を思い出すね、的なことが書かれております。
それを言っちゃダメ~~~っ、封印中の自爆スイッチが押されちゃうんだから。
おのれ・・・・・・・・・・・・(←あれこれ脳内再生中)

ごほん。(我帰)

090408_henrybutt

それはそれとして、レンジングかわいそう、ばっかり言っていてはブットの立場がないざんす。
ブットは本当によく頑張りました。アンリと交錯して顔面蹴られて、痛かっただろうに、さんざんボコられてツラかっただろうに……(泣)

090409_butt
ブラックジャックのようなことに(゜□゜;)痕が残らなければいいけど…。素晴らしい勝利だったら名誉の負傷ですが、結局痛い思いをしただけ大損でした(泣)
つくづく、GKは危険な職業であります……。この程度で済んで良かった、と感謝するべきかも知れません。

レンジング話が長くなったのでたたみます。以下、ネガチブやけくそ悲観毒毒オーラを元気に全力で大放出ですので(苦笑)ご注意ください。けっこうヤバいですよ~。
爽やかな朝にうっかり読んでしまうと、一日イヤな気分で過ごすことになるかも知れませんゴメンナサイ。

そして、バルサがメッシがいかに素晴らしかったか、という話もしません。素晴らしかったのは間違いないですが、そこはもう、いいでしょ。
こんなヒネクレ者が世界に一人ぐらいいたっていいジャン…
 

続きを読む "バイエルン、クラブ史上最低の試合"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/04/10

TVメモ・26節ハイライト

しまった(汗)

やはり寝不足でボーとしていたのか、ゆうべのGAORAでのヴォルフスブルク戦を録画しそこねてしまった。まぁ、バルサ戦より更にひどいので、無理して見るほどのものでもないですが(T△T)、もしかしたら試合後にアイヒコルンさんにぎゃんぎゃん吠えているボメルが映ったかも知れないと…(そこか)

再々放送は来週の木曜日だそうな。そんな先の話、また忘れてしまいそう・・・

それと、フジさんにご加入の皆さん、もちろんまめにcheckはしてらっさるでしょうけど、もしかしてワタシのようなうっかりさんもいらっしゃるのではないかと思い。

いつの間にか、おそらく、4月に編成が変わってからだと思いますが、ブンデスリーガハイライトの放送時間が早くなってました(゜∀゜;)基本金曜日だったのが水曜日に。ありゃりゃもう過ぎちゃったよー

それで26節のハイライトは、本日(金曜日)12:00~がラストです!要注意!

でも、少しでも日にちが早くなったのはいいことですよね(^^)枠も増えたし。
……と言いつつ、毎度毎度ハイライトは録りだめしまくりor見逃しまくりで、ほとんど見れてない今シーズンでありました。(^^ゞおかげで他チームの状況がさぱーり(汗)

それとついでに。
明日のバイエルン対フランクフルト戦もフジさんでLIVE放送がありますよ~!(^∀^)
日本人選手所属チームとの対戦は今季これが最後、=バイエルン戦は今季最後のLIVE放送かも知れないので(トホ)、要チェケラッチョです~!
……、こ、今度こそ……勝って…ね…(←力が入らない)

ついでに・27節のもう一枠は

ボルシアMG対ヴォルフスブルク これもLIVEで。

28節は
ヴォルフスブルク対レヴァークーゼン
ヘンタ(笑)ベルリン対ブレーメン

です。やたっ!レヴァークーゼン&ブレーメンだー!(゜∀゜)♪久々にアドラーcheck&ジエゴcheckしますか。
(もっとも、その頃のバイエルンの状況いかんでは、そんな心の余裕がないかも知んないけど…汗)
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オーバードライブ

(自分で言うのもナンですが、何が言いたいのかよくわからない、あまり意味のないつぶやき散文です。度重なる屈辱的大敗に心が迷走気味ですので、ご容赦ください)

単純に、時間が足りない、というのもありますが、気分的にプレミア対決を見る気が起こらず、かと言ってバイエルン敗戦レポを書く気も起こらず、カントク及び首脳陣への呪いの言葉だけが頭の中をめぐりめぐって毒が回ってどうにかなっちゃいそうだったので、天気がよくて温かいのも手伝って、普段はめんどくさがってなかなか行かない、ちょっと遠いスーパーまで自転車を走らせました。(行先が所帯くさい)

道すがらにところどころ植わっていた桜はもう散り始めておりました。ボンヤリ眺めていたら(危)、突如また、ろくに歌詞もメロディーも知らないまま、今度は「♪桜の~花び~ら散るたびに~届かぬ想いがま~た一つぅ~♪」とかいう、コブクロの歌が勝手に脳内再生され、「ハァ~…ワタシの夢も散りかけておるなぁ、想いは届かねぇぜハハハ(T∀T)」とくだらんことを考えたわけであります。
そしてここで、はて自分は、対戦相手がバルサだと決まった瞬間から夢なんか見ていたか?ハナからあきらめていたではないか?だからゆうべの敗戦にもさしてショックを受けずに、やけに冷え冷えしていたのであるからして…云々、と自問自答したのであります。
するとこれまた唐突に、例によって歌詞もメロディーも(略)今度はジュディマリの「♪走る~雲~の~影~を飛び越え~るわ~♪(略)あー夢は~、いつまーでーもー覚ーめない~♪」という、やたら前向きな歌が脳内再生されたのでありました。

自分のアタマはどーなっちょる、ワケわからん、と思っていたらまたまた唐突に、先日見た「CLマガジン」でのリベリの言葉が思い出されてきました。男前でヒロイックな吹き替えで、バイエルンのムードメーカーはこう語っていました。
Dsc05954

「笑顔を絶やしてはいけません。落ち込んでもいけません。好きなことをしているのだから楽しむべきです。うれしいことに、陽はまた昇ります。だから私は笑顔で楽しみながら生きたいのです」

ところで

昨日の試合で、思わず泣きたくなったシーンはこちら
Dsc05950

なんて苦しそうなんだろう。古巣バルサ相手に、対戦相手の主将として乗り込んで、何かを見せたかっただろうに、自分の力だけではどうにもならないもどかしさ。

Dsc05951
ふがいない味方を叱る。ミーチョも怒られて不満そうですねぇ。
だいじょうぶかいな、と思いましたが、カーンだって試合中にガミガミやるのは普通でしたから、これはOKですよね?エッフェさん?
ただ問題は…ファンボメルにエッフェンベルクやカーンほどの威圧感存在感があるかどうかという…ゴニョゴニョ。ただイライラ八つ当たりしやがってうっさいなー、と思われてるだけだったらあまし意味ないしねぇ。

Dsc05952
恐すぎるのでちょっと小さくしてみた(汗)憎ったらしい顔してますねぇ(^∀^)(嬉々)。この顔でこないだも、アイヒコルンコーチに噛み付いたんだろうか…

だけど、大好きなアイツがこんなに悔しがってるのに、何故か気持ちが共有できず、「ハハハ、どうせならもっと負けてまえ~、グラルディオラさん、いっそGKを交代しちゃいなよ」と、実にアンニュイで乾いた笑いをもらしている、冷めた自分がいました。

すると脳内でリベリが言うのです。楽しむことを忘れちゃいけないよ、と。

そうだった。
ワタシも好きなチームをTVで見れて幸せなはずなのに、blogという媒体でいろんなことを書(描)かせてもらって、そしてそれを読んで下さってる方もいて、充実したバイエルン応援ライフを送ってるはずなのに、楽しむことを時々忘れてしまってました。
なんて罰当たりなことを。
バイエルンを毎節楽しめるという素晴らしいぜいたくを幸せだと思いながら、もっと全力で、泣いたり笑ったり怒ったりくやしがったりイヤミ言ったり(?)したいと、そう思い直したのであります。
ナナメに構えて冷え冷えしてしまって、すまん、リベリ。すまん、バイエルン。

というわけで、全力でやけくそになっている、試合レポ…にはなりそうもないですが、やけくそレビューを書く気になりました(さすがにイラストを描く気はしませんが(^_^;))。
しかし本日はもう遅くなってしまったので、ちょっと待ってね m(__)m。という話。でした。

う~ん、何が言いたいんだ自分?わざわざ断りいれるほどのこともないですよねぇ。いや、コリアンダーは大丈夫です、そんなにアナーキーな感じに陥ってはおりませぬ、と言いたかったのです。←誰も心配してないって…(^_^;)
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/04/09

速報:試合終了

バルセロナ 4-0 バイエルン

結局そのまま終わった。

・・・・・・。

よくわかんないけど。

なんであの程度の守備、前半からできなかったんじゃい!それならせめて2失点ぐらいで済んだかも知れないものを!
さすがにあのバルサ相手じゃ、経験不足のレルとブレーノには厳しかったか・・・。しかしオッドは、仮にもCL王者でしょーに。(いやそれはボメルもだが(汗))

ラームが出れないほど痛かったのかどうかはわからないけど、彼の不在が相当響いた感じもあります。でもブットの起用はアリだったかと。レンジングだったらもっと点取られてたかも知れない、と思ったシーンがいくつか。

不思議とそんなにハラは立たないのは、2nd legに期待しているからでは毛頭なく、本気で6失点8失点ぐらい覚悟していたので、思ったよりスコアが良かったからです。…完全にどこかが麻痺してる……
だってもう、勝者のメンタリティーなんて、とっくのとうにズタズタにされて、どこかに失くしてきちゃいましたよ~んだ。

これが今のバイエルンの現状でございます。それがその通りに反映されたまでのことよ。
まあ、CLは終わりましたんで、ブンデスに集中しましょー!どーせ無冠だろうけどね!
む~ん。そういうこと言っちゃうとやっぱりくやしーな!くそ~

自分の気持ちすらよくわかりません。寝よ。

もうひとつの試合を見終わるまで情報遮断しますので、次の更新遅くなります~

| | コメント (5) | トラックバック (0)

速報:ハーフタイム

バルセロナ 4-0 バイエルン

♪バルサ、バルサ、バールサ!(←ヤケ)

試合直前の脳天気すぎる記事を消したくなってきました(泣)

バイエルンサポの皆さんもう寝ちゃいますか~?(泣)
ワタシは起きて絶望の果てをのぞいてきますよ~。ボメルがあんなに悔しそうな顔して踏ん張ってるのに、ブットが顔面ボロボロにして頑張ってるのに、見捨てることなんてできるもんか~~っ(号泣)

…でも耐えられるだろうか。。。力をくれ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビジャレアルとポルトと、まもなくバルサ戦

今日は花見に行ったり(と言いつつ結局はビールを座り飲みしてダンナと愚にもつかない話をぐ~だぐ~だしただけで、花は殆ど見ずに終了)、そのあと手羽先を食べに行ってまたダンナと愚にもつかない話をぐ~だぐ~だして、酔っ払ったので仮眠をしてしまい、ついさっきゆうべのCLを見終わるまでえんえん情報遮断をしていたので、バルサ戦を前にしたバイエルンの状況がどんなのか、ファンボメルとシュバの記者会見がどんなもんだったのかとかじぇんじぇんわからないのですが、時間がないのでとりあえず、ザックリと

4月7日 UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝 1st leg
ビジャレアル 1-1 アーセナル

090407_adeba

いやはや(^ー^)
前半はビジャレアルもアーセナルもそれはもう、お互いのいいところが全開で、実に洗練された美しいサッカーを魅せており、おぉこれこそヨーロッパ最高峰の大会にふさわしい!まさにチャンピオンズリーグの醍醐味ちゅうもんだわね!と堪能しました。セナの先制ゴールは爽快なスーパーゴールでした。
後半はちょっとビジャレアルお疲れか、前半ほどの滑らかさが薄くなってしまってアーセナルペースになってしまい、アウェーゴールを決められてしまいました。でもぎりぎり頑張って1失点に抑えましたね。(何故かビジャレアル目線)
しかしアデバイヨールのオーバーヘッド超カッコよかった!(^∀^)
(ひそかにアデバイヨールってカッコいいよな、と思っているワタシ…)
1-1。2nd legがどうなるかまだまだわからない楽しみなスコアであります。次にホームでやれるアーセナルが有利かな?

 
同じく、マンチェスター・ユナイテッド 2-2 ポルト

誰が粉砕覚悟じゃ~!

090407_porto

なんとなんと!解説の原さんもすっかりポルトモエ~になっておりましたが、まさかポルトが、あのマンUを!しかもアウェーで!ここまで苦しめるとは誰が予想したであろうか!?(゜∀゜)素晴らしい熱戦でした!

聞けばマンUは中一日だそうで、疲労もあったでしょうが、なんとなく集中が足りない感じ?手を抜いてるとまでは思いませんが、どことなくなんとなくホゲ~としている間に、ポルトがガンガンモリモリと迫力満点のフィジカルとスピードであのマンUを翻弄!フッキやべー!泡吹かせまくってました。小気味い~!

ブルーノ・アウベスがバックパスを直接ルーニーに渡してしまうという、あまりにどんくさすぎるミスで失点しまったポルトでありましたので、こういう、ミスからした失点がきっかけで敗退が決まっちゃいましたね~、なんてことになるのはイヤだなぁ、と思っておりましたところ、89分という瀬戸際にそれをチャラにする&貴重な貴重なアウェーゴール2点目が入りました。うーむ、熱いぜ!ポルト!これはホームでの2nd legに超期待できそうじゃないの~?がむばれ~!
それでもって、ちょっぴり、いや、かなりうらやましいです。

さて

バイエルン。ポルトのようなハードワークや熱い魂は望めそうもない、ワタシタチのかわいいアホアホへなちょこ軍団がどこまでやれるのか…。

部屋には離脱しているファンブイテンのユニを飾ったままです。プロフィール画像もファンブイテンにしてみました。本人がかつて、準々決勝の相手がバルサだったらいいな♪と言っていたのに出場が叶わず残念であろうと思うので、たとえそこにいなくても、チームの一員としていっしょに応援するからね、という愛のメッセージでございます。

チームには別に、ダニエルのためにがむばれ、とは言わん。いや、ちょっとは気にかけてくれてるとうれしいけど、別に強要はせん。自分たちの誇りのために全力を尽くすがよい。ブドウ畑のようなスタジアムの雰囲気に臆することなく信じた道を貫くがよい。

昨日語ったのでもう改めて言うことはない。うむ。
もう始まっちゃうので、このへんで。

090407_bommelbasti
二人ともいい表情だ。頼むよ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/08

吹き止まない春の風 あの頃のままで

(※ケツメイシネタではありません。引用元はこちら)

さくら Music さくら

アーティスト:ケツメイシ
販売元:トイズファクトリー
発売日:2005/02/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

さて

一度はミュンヘンに帰って来たファンブイテンですが、また実家に戻ったそうです(泣)
辛いね、ダニエル…(T-T)
彼が再びミュンヘンに帰って来た頃には、バイエルンはまだ、CLの舞台に立っているだろうか。。。。。。ファンブイテンが今季もう一度、出場することはできるだろうか。

これでバイエルンの守備はオワタ感じもありますが、ミーチョがブレーノをうまくリードしてくれることを…DHファンボメルはじめ、ゼやリベリやシュバみんな守備意識を忘れずに、メッシ・エトオ・アンリをがっつり抑えてくれることを。。。そして、何より、これ以上の怪我人が出ないことを。。。

メッシはラームが担当するそうです。……ラームはワールドクラスの選手ですが、守備に関してはまだまだだと思ってます。そうでなくても痛めてるらしいのに。
厳しいとは思いますが、これが最後の試合だと思って無理やり、火事場のラム力でも出してなんとかしのぎきって、ゼヒワタシに「疑っちゃってごめんにゃラムたん」と言わせて欲しいです。

090404_lahm
ねぇえ…(汗)

大切なのは、誰が誰だ、ということではなくチームとして機能するか連携できるか、ということでしょうが、マジメに展望を語っても楽観できる要素は皆無でございます。
口を開けばネガチブな言葉しか出てこないので、やめとく。

バイエルン御一行様は先ほどバルセロナへ向けて出発したもよう。到着したらすぐに、カントクと、ファンボメル、シュヴァインシュタイガーの記者会見があるらしいです。熱い意気込みを期待しましょう。動画が楽しみですね~
あと日本語の各種サイトでも、トーニ、ラーム、ファンボメル、ポドルスキのコメントなどが出ておりますね。みんな、言うだけタダだから、ってことにならないでよ~。有言実行でヨロシク!

090404_22
「俺の屍を超えてゆけー!」「そうしようかね」

ファンボメルと言えば、ヴォルフスブルク戦後に、カントクを支持するんだもんねコメントをしたらしい記事が出てました。こればっかりはワタシと意見が合いませんが(毒)、キャプテンですから当然の立場でしょう。
それよりも、もうマガトのことをあれこれ言ってないでサッカーのことを考えていることにホッとしましたよ(当たり前だ)。
ヴォルフスブルク戦のあと、カントクは相当厳しい雷を落としたようで、ロッカールームはシ~ンとしていたそうです。
今回は荒療治作戦で行ったらしいですが、…まあ、今さらカントクに何とかしてもらおうなんて思っちゃいませんので、どっちでもいいです(毒)。選手がんばれ

ところで

080410_ollij
(……。なんでこうなっちゃうんだろう(汗)どうも年明けてからというもの、愛しのカーンがうまいこといきません。プレーしてるところが見れなくなって、淋しいから勘が鈍ったとしか思えない(T_T))土下座して謝ってるところではありませんのです。

先日、まだ咲くか咲かないかぐらいの頃、道端の桜をぼんやりながめて、そんな季節なんだわね~と春の匂いをかいだ時に、突如、歌詞もメロディーもろくに知らんまま、何年か前に流行った歌(↑最上段)が脳内再生され、と同時に、ファンボメルに鼻パンチしているカーンの姿がぶわっと浮かんできて、そういえば、あのヘタフェ戦も桜の時期だった、と思い出したものであります。

調べたら、4月10日のことでした。なつかしい。あの頃のバイエルンは強かった、でもあの日の守備はヒドかった、じゃなくて。
試合の時は気付かなかったのですが、例の「伝説のラストイヤー」にて、鼻パンチした後、カーンがひどいブサイクな顔でウルッときていたらしいこと、そしてゴールに戻りはしたものの、感極まるあまり力が入らず、そのまま四つんばいになってへたりこんでいたことを知ったのでした。髪ボサボサでブサイクでしたが、カーンはとてもステキで胸キュンする画でした。

…いえ、思い出したから描いただけです。
相手がまたスペインチームでまたヨーロッパカップ戦だから、あの奇跡よもう一度、とか、そんな願掛けをする意図はないんです。奇跡は滅多に起こらないから奇跡と言うのだ、と、こないだポカールで敗退した時にも言いました。

でも、こうとも言う。奇跡は起こすものなんだぜ!
どう考えてもバイエルンに勝ち目はなく、ボコボコにボコられること必須だと思ってますが、それでも、バルセロナ対バイエルンというこの一戦を、強豪同士の素晴らしい対戦カードであると、楽しみにしてくれているヨーロッパサッカーファンも沢山いるのだから、そんな人たちに恥ずかしくないように、ドイツの雄としての意地を見せてくれ!全力で当たって砕けるがよい!

と、ここまで書いたところで、ダンナが帰宅したのなんだので時間を置いたら、いつの間にか記者会見等は終わったもようです。動画等はまだ出てませんが…

09_04_07_fcb
ズキュン(←ハートが射抜かれる音)
20代の、今よりちょっと若くてフサフサなアイツにドキドキ!

……我ながらアホだと思いますハイ(^_^;) お待ちかね、OB風吹かせたコメントがドイツ語版で出てますが、そのうち日本語版が出るのを楽しみに待つことにします。それにしても今回は「FCB」対決でもあるわけですね。あんまり意味ないけど。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/07

負け犬の遠吠え・続き

大幅書き直しです。
すっかりやさぐれた、バルサ戦なんかどーでもいい、ルシオだろーがブレーノだろーがファンブイテンだろーが誰がやっても同じことだ、どーせボコられるんだから、などと吐き捨てておりましたが、おかげさまで元気いっぱいです(^∀^)。(我ながら現金なヤツ…)

今週の「CLマガジン#22」に、我らのリベリが登場しました。インタビューで、好きなことをしているのだから下を向いたりしちゃいけない、サッカーを楽しむこと、全力を尽くすこと、絶対にあきらめないことが大事だよ、と言っていました。ポジティブな意見にぐっときますが、問題はこのインタビューが、ヴォルフスブルク戦より前に収録されたものである、ということで…(^_^;)。
クローゼのことも話しておりまして、彼の離脱はとても痛いことだけれども、本人が一番つらいはずだよ、私は彼を尊敬しています、というようなことを言っていました。
しかしざんねんながら、ファンブイテン愛を語る機会はなかったようです…(←期待するな)

あと、ポルトの元男前GK、ヴィトール・バイアも登場してました。今はクラブの、スポーツなんちゃかんちゃらディレクター(やたら長い肩書きだったので忘れた)をやっているようであります。
それにしても、マンUという、あまりに強大すぎる相手と粉砕覚悟で挑まねばならないポルトに対して、妙に親近感を覚えてしまったり。。。。。。。。。(^_^;)

リベリもステキですが、かつて在籍していたクラブに乗り込む形となるアイツも、けっこうなトピックだとは思いますが。「オレがバルサでCL優勝した時はぁ~」と、OB風吹かせた自慢話も聞いてみたいんだけどなー

Photo
どこでもぺろんちょしてるのね。

さて

しょもないことでへなちょこするな、と言ったそばからナンですが、せっかく書いたのを消すのももったいないので、負け犬の遠吠えネタの続報です。しょぼんとしてないからイイことにしてね(^_^;)
まあ、マガトさんには、復讐だとかツバ吐きかけやがってとか、ちょっと言い過ぎちゃったかもねへっへへへ(^^ゞ、でもやっぱアレはオモロなかったですよ、どうかと思うぜよ、と前置きしてから、行ってみよー

以下、ファンボメル愛全開のエコヒイキ満載キモキモネタですのでたたみます。テンション高めですけどワケわかりませんのでご注意ください(^^ゞ
【マガトのコメントのてけとー訳がてけとー過ぎました。一夜明けて感想が大きく変わりましたのでまたまた加筆修正しました。毎度どうもスミマセン】

続きを読む "負け犬の遠吠え・続き"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/06

帰って来たファンブイテン

バルサ戦に関してはまったく期待が持てないので、どうにもショボショボしたやけくそ気味の話を書いていたところですが・・・

marianさんからのコメントを見ていそぎバイエルン公式サイトを見てみたら
090406_fcb

♪キミ~にも、見え~る、ベルギーの星~
♪遠~く、離~れて、ミュンヘンにひとつ~
♪怪獣(バルサ)倒しに使命~をかけて、モエる街~に、あ~とわずか~♪
♪轟く叫びを耳にして、帰っ~てきたぞ、帰っ~てきたぞ~、ファ~ンブイテ~ン♪

・・・・・・そんなに浮かれてる場合じゃないんですけど。
ルシオが怪我でバルサ戦の欠場が決まったのを受け、そしてヴォルフスブルク戦での結果を知り、きっと、お父さんの具合がまだ芳しくない中、無理して戻って来てくれたに違いありません。

そんなファンブイテンの心意気に答えるためにも、安心してまた家族の元へ戻ってもらうためにも、へなちょこしてるばーいじゃないんだぜ!バイエルン!やろうじゃないか!出来るところまで!(勝とう、と言えないところがツライところなのね…(^_^;))
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/04/05

負け犬の遠吠え

090404_zaru

090404_zaru2

バイエルンサポの皆様、ごきげんいかがでしょうか?
怒りのあまり脱力しましたか?笑っちゃいましたか?呆れて声も出ませんでしたか?あるいは、見事すぎるヴォルフスブルクに、敵ながら素晴らしい、と拍手してしまいましたか?

ワタシは…
この全てを通り越した末に、やっぱり怒りに身が震えました。
短いバイエルン応援人生ではありますが、その中でもっとも屈辱的な敗戦でした。…ってイチローか!

4月4日 ブンデスリーガ第26節
ヴォルフスブルク 5-1 バイエルン・ミュンヘン

メチャメチャな試合だったので、マトモなフォーメーション図を書くのはふさわしくない。ということで、もう手描きでアダナでグチャグチャに。

(↓ポルディファンの皆さまゴメンナサイ、これっきりにしますので(^_^;))
090404wolfsburgfcbfj

Bildの言うことには

ファン・ボンメル激怒!

89分のことだった。ヴォルフスブルクの監督フェリックス・マガトは突然、GKディエゴ・ベナーリオを下げた-彼は負傷などしていないにも関わらずだ。彼の代わりに、控えであるアンドレ・レンツが入った。

最後のホイッスルの後、ひどく混乱した大騒ぎが収められようとしていた。バイエルンのキャプテン、ファン・ボンメルが、この(マガトの)行動を明らかな侮辱だと受け取ったのだ。

ピッチ上から、彼はヴォルフスブルクのヘッドコーチ、ゼッポ・アイヒコルンに大声で怒鳴っていた。Bildの情報によると、ファン・ボンメルはこう言っていたようだ。「あり得ねえ!そんなことしてイイのかよ!」

その後もバイエルンのスター選手は、ロッカールームに向かうトンネル通路で、審判のトルステン・キンホーファーに向かって激怒していた。

この記事はこのあと、Premiereで解説をしていたらしいザマーさんが「私はこんな決定を下したことがない」と言ったらしいとか、マガトが「別にそんなんじゃなくて、前からレンツと約束してたんだも~ん」と(イケシャーと?)言っているコメントだとかが続きますが、略。

ファンボメルのセリフは勝手想像です。念のため原文は"Das geht doch nicht, das könnt ihr nicht machen!"。…まあ、「Bildの情報によると」という時点で、すでにホントかどーか疑わしい話ではあります。

060828_bommel2

ワタシとアナタが同じリアクションだったということが、ボメラー冥利に尽きるってなもんよ、って、悦に入ってるばーいじゃない。そーじゃない。
ファンボメルマガトのことをどう思っているのかワタシは知りませんが、しかし、自分がバイエルンに入団した時にはそれなりに世話になったであろう、わずか半年少々だったとはいえ、かつての上司に対して悲痛な叫びを上げていたボメルの心境を想像すると、やるせない気持ちになるのは、メランコリックなエコヒイキが過ぎるでしょうか。

ファンボメルが侮辱と受け取り、フジさんの実況陣も、「復讐」や「あてつけ」と驚愕した、マガトによる、89分の、戦略上まったく必要のない、GK交代劇。
自分をシーズン途中であっさりとクビにし、去年はホームグラウンドで優勝ビールかけを見せ付けられた、恨み重なるバイエルン。
そのバイエルンに対して、5-1という素晴らしいスコアで、完膚なきまでに叩きのめし自分は首位に、そしてバイエルンを4位に蹴落とした時点で、復讐は、もう、いいじゃないか。ピッチの上では試合をしよう。そして試合は完全勝利して、どっちが強いのかはっきりしたじゃないか。
それだけでは足りなかったのかい。
さんざんボコった末にもう立ち上がれなくなった相手をさらに足蹴にして、ツバを吐きかけるようなマネを、ざまあ見ろ、俺の方が強いんだ、と言わんばかりに。
言いたいことがあるなら、フロントに向けて発信すればいいではないか。何故、選手やファンを傷つけることがある……。
一体バイエルンはどれだけ彼のことを怒らせたんだろう。恐ろしい男だ。

090404_magath

だけどワタシが怒りに震えるのは、マガトに対して、ではなく。
こんな屈辱的な負けに対してできることと言ったら、ファンボメルのように、こっけいな、ただ負け犬の遠吠えをすることぐらいしかない、バイエルンの現状に対して、であります。

試合後の監督のコメントの一部(バイエルン公式サイトより)
「われわれはもちろんうんざりしている」
こっちのセリフだよ、カントク。

それはそれとして、足を痛めていた中、67分まで根性で頑張ったルシオ、お疲れ様でした。しかしそのルシオが下がってから一気に守備が崩壊したのだよな…。どんだけぎりぎりなんだ、バイエルンのディフェンス…

090404_lucio
チューを迫られても困るけど…(汗)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

速報

ヴォルフスブルク 5-1 バイエルン

ムチャクチャ(怒)

090404_breno

090404_toni

別に言うことないです。
他のチームが勝ったとか負けたとか今何位とか、こんなんでバルサ戦がどうのとか、
ど――――――――でもいいです。

もう、優勝なんてツユとも思ってませんけど、
 
せめてCL出場権だけは何とかしろ!

あばよ!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/04

ヒール上等

結果だけね・・・

kickerの採点も合わせてどぞ

4月1日 2010年W杯 ヨーロッパ予選 グループ4
ウェールズ 0-2 ドイツ

090401_walesgermanyfj
交代:トゥロコフスキ(72)、ヴェスターマン(79ロルフェス)、ヘルメス(86シュヴァインシュタイガー)
サブ:ヴィーゼ、ヒンケル、シェーファー、マリン

得点:バラック(11)、ウィリアムス(48オウンゴール)
カード: ロルフェス

090401_walesgermanyj
「こんなことにならなくてよかった」シリーズ第2弾?(いつの間にそんなシリーズが?)

けっこうビンタ事件を引っぱるワタシ、面白がっちゃいけませんね(^^ゞ
ポドルスキは罰金、じゃないわ、5,000ユーロをDFBに寄付したそうです。まあ、そんなとこでイイんじゃないですか?バラック個人にも「ごめんにゃ」しましたかね。

まぁ、口の悪いマスコミとかからは当分、ビンタ王子、とか言われちゃいそうな気もしますが、それもおいしいネタだと思って乗り切らないと真のヒールにはなれないんだぜ、でもちょっとだけ気をつけるんだよ、とオリカーン&ファンボメルという、ヒールキャラのファンであるワタシは思います。誰がヒールじゃちゅうねん。

この件に便乗して、ポドルスキがバラックをビンタしてからメルテザッカーに引き離されるまでを連続で見せたりとか、他にもこんなモメモメ事件があったよね、という写真特集を組んでいるメディアがいくつかあると思いますが、ワタシが今回たまたま見つけたメディアのサイトにちょこっと出てた「サッカーベストバトル写真集」みたいなのに、貴重なお写真があったので、バイエルン関係のだけちょこっとご紹介

定番中の定番である、カーンのカンフーキック&首噛み付きフォトは何故かなかったのですが、別の定番でもある「クローゼにいちゃもんつけるカーン」「ブルダリッチの首根っこつかむカーン」に続きまして
09_04_04_liza
リザラズ対マテウス
具体的にどうバトったのかよくわかりませんが、ワイルド路線に入る前のリザラズがステキです。この頃のバイエルンのみんなに出会いたかったなぁ…。

09_04_04_2002lizanico
(また)リザラズ対コヴァチ(兄)。トレーニング中になんかあったらしい。2002年のことらしいですが…なんとなく小耳にはさんだような気はするのですが、この頃まったくと言っていいほど情報集めしてなかったしなぁ(^_^;)てかエウベルとクフォーはわかりますが、コヴァチの奥は誰だった。

09_04_04_guerrero
ゲレェーロ対マイスナー。そんな昔ではないはずだが覚えてない(汗)
左端の、鼻先しか見えない彼、も、もしかして…、ミーチョ?(゜∀゜)

他にも、98年W杯のベッカムとか、06年W杯のフリンクスの猫パンチとかジダンの頭付きとかルーニーの急所踏んづけ攻撃とかが紹介されておりましたが。
こ~んなのに比べたら、ポルディのなんか、予選だし、怪我とか退場とかしてないし、ちっちゃいちっちゃい。
……でも味方同士でピッチ上で、ってのはあんまりアレかもね?(^_^;)←フォローするが気あるのかないのか

ここで、昨季、ブンデスでもっとも嫌いな選手ワースト1@Bildに輝いたらしい、ファンボメル先生のお言葉を
「戦いがヒートアップすると、時々俺は限界を超えてしまうんだ。後で後悔するんだよね。ドイツのスタジアムでは、観客の中に沢山の子供たちがいるんだ。選手は手本として振る舞わなければならない。」
(言ってる本人が実践できているのかどうかはさておく。まぁ、少なくとも今季はおとなしいですよね。てかもともと、そんなバイオレンスな暴れん坊というわけではなく、嫌われてるのは別のところだろうし…)

とかなんとか言ってる間に、もう間もなくヴォルフスブルク戦です。
代表選手たちの疲労とかが心配です。しかし運命の2位決戦なのであるから、相手をバルセロナだと思って、全力で挑むように!

個人的には、エコヒイキを抜きにしても、ファンボメルが代表戦でのパフォーマンスを継続できるかどうか、期待はせずに注目したいと思います。望み薄だけど…いろいろ(-.-)
あとはやっぱり復帰のトーニです。過度な期待が集まってると思いますが、のびのびやってくれたら。
問題はポドルスキ…バイエルンだとダメダメになっちゃう、というジンクスをそろそろどうにか。シュバもね。ブレーノ&ルシオのブラジルCBコンビと、ラームはあんまり心配してません。

ではこのへんで。次は勝利の報告ができますように。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

kickerとGoogleがコラボ!

カーンのいそがしニュースをボリボリ追って燃え尽きたのか、それとも、またもや、PC使用中にモニターがぶっ飛んで(今日はブラックアウトではなくホワイトアウトでした…( ̄△ ̄))しまったのでテンションが下がったのか、ネット疲れと言うか、なんだかここのところ、ど~~~にも、外国サイトを見る気がしません。辞書を使うのはもちろん機械翻訳にほりこむのすら面倒で、かと言って何もしないでボンヤリとドイツ語なりオランダ語なりを見つめててもワケわからんし……。
それでもファンボメル記事をいくつか見つけてニヤ~としたりはしましたがそれだけで、あとは試合のレビュー記事を見るのも写真探す気も起こらず、グズグズうだうだしてます。
スミマセン、そんな時もありますわ。

090401_gomez2
それでも拾った数少ない写真
祝・なんちゃってゴール!マリゴメファンに送る腹筋フォト。

結局ウェールズ戦は、ポルディバラックをビンタした話題ばかりで盛り上がってる感があり、ポルディファンの方々がなんだかシュンとしてらっしゃるみたいですが、ワタシはそんなに問題には思ってないんでございますよ。試合中はテンションがおかしなことになって血が上りやすくなってることは考えられることだし。
むしろポルディにナメられた形にも見える、バラックの方こそ大丈夫かなぁ(汗)、と思ったりします。
この件に関しては、カントクだったかビアホフだったかが、「選手は主将の言うことは聞かなくちゃダメよ」と言うにとどめ、特に処分などは考えていないとのことですので…。
まあポルディは、バラックに「ごめんにゃ」とか言っといたらエエんちゃうの?あとはワタシとしては、ウチ(バイエルン)の主将をぶん殴ったら許さんぞ、と思うぐらいで…(^皿^)

それで、まあ、いまいちやる気が出ないまま、とりあえずフォーメーション図だけでも作っておこうかね、とkickerに行ってみたら、

09_04_03_inter
ダンディーなメルクさん発見。保険会社の広告らしいです。

それから、リベリがNIKEの新しい広告になんとやら、という記事もありました。

ビデオもアップされてます。撮影快調。
090403_kickertv1

090403_kickertv2
前を歩くアナタに視線がロックオン…。
やっぱりまだ戻って来てないようですね。明日はブレーノが先発らしいです。仕方のないことだけど、やっぱり姿が見えないと寂しいな…

そしてさらにびっくり!
何やら、kickerがiGoogleトップページ用のテーマを作ったみたいです。
(iGoogleって何さ?という方はこちらをごらんあれ)

こ、これは素晴らしい!!1部&2部の全球団を網羅!しかも、何故だか知りませんが、それとは別に、ラームトゥロコフスキ個人のが~~~!!!

早速、トップページをもちろん、バイエルンのにしてみました
090403_kickerbayern

イイ感じ♪

往年の名選手が登場しておりますが。ワタシにはちょっと、皆さん往年すぎて(^_^;)
オリとかカーンとかエッフェとかショルとか、もちょっとフレッシュな顔ぶれも見たいんでございますが、肖像権が高かったんではないかというヤラしい計算してみたり。時間によって画像が変わるみたいですが、今のところ往年な皆さん勢ぞろいでございます。かといって今のカントクが出てきたらそれはそれでムニャムニャ…(^_^;)(←めんどくさいこと言うな)

せっかくなので、別タブのページは「Philipp Lahm」に
090403_kickerlahm

「iGoogle」という字が二重になっちゃってますがしょうがない。
しかしラムたん、じぇんじぇんモエません…ヒゲだし、下からあおっちゃってかわいくないし(^_^;)トホホ

イイねー、と眺めながらふと、赤色がベースになってるけど、これってバイエルンだから?それともkickerだから?というのが気になったので、試しにブレーメンのにしてみたら

090403_kickerbremen_2
ちゃんと緑色になりました!ぐっじょぶ!kicker!

せっかくなので、他のクラブのサンプルもちょこっと見てみましょう

今をときめくホッフェンハイム
090403_kickerhoffenheim
フレッシュですな

090403_kickerbvb
レーマンドルトムントに登場。シャルケじゃないんだ…
そういえば、シュツットガルトと契約延長したみたいですね。
(勝手に私信:ぽち山羊さんおめでとーございます♪)

ワタシ的にツボだったのはマインツ
090403_kickermainz

C-C-Bのような眼鏡のクロッポ~~(T▽T)
移籍した今でもクラブの象徴なんですね。

ちなみに、iGoogleの方から「kicker」で検索かけると、このたびのチーム別テーマがずらっとギャラリーに出るのですが(「ラーム」と「トゥロコフスキ」は「kicker」ではヒットしませんので名前でどーぞ)、このテーマを使用しているユーザー数も書いてあって、見比べるとなかなか面白いです。
断トツ1位はもちろんバイエルンで、今現在で約28,000ユーザー前後ですが、あとはシャルケドルトムントブレーメンHSVが11,000~13,000ぐらいで続きます。

そしてワースト1位はなんとたったの156ユーザーの、ロトヴァイス・アーレンとかいう…
090403_kickerahlen

・・・ゴメン、知らないチームですけど…が、がむばれー!

 
長くなってしまいましたが、広告つながりでもうひとネタ。

adidas.tvとかいうところに、選手が出場しているCM?なのかWEB限定キャンペーン動画?なのか、各種アップされておりますが、バラックが登場していました。ネタバレ4コマ劇場

Adidastvballack1_2
トレーニング風景のようだ。ここに入れてね、と構えた輪っか目がけてシュート!
Adidastvballack2_2
ドガッ 「!」「!」
急所直撃~~~っ(T∀T)
Adidastvballack3
「ぐぇええ~~」「
Adidastvballack4
こらこら、痛がってるのをほっぽってどこ行く~(^□^;)

という、なかなか笑えるモノになってますのでゼヒご覧アレ♪
これを見て、今度またポルディにひっぱたかれたら、コカンにボールぶつけちゃえばいんじゃね?とか思ったワタシ(いや、もちろん冗談ですってー汗)
(また勝手私信:筍母さん、ファンペルシーが出てるのもありますよー)

と、こんなことして遊んでしまったので、肝心のウェールズ戦のフォーメーションとか採点とか見るの、すっかり忘れてしまいましたとさ。へっへっへ。も~い~か?今晩からブンデス再開だし(^_^;)(←こらっ)
監督&GM不在のまま、シャルケはどんな試合をするのだろーか…

追伸:
出た出た!フレッシュなの~!(^∀^)
090403_kickerbayern2

オリとかショルとかルカとか!…初の外国人キャプテンの姿はありませんけど(^_^;)
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/03

TVメモ

コメント欄で情報をいただいたのをタレ流しで恐縮ですが(^^ゞ

ご存知とは思いますが、一応ね。

明日4月4日(土)23:54~ のテレビ朝日「S the stories」に、カーンが登場!

ちなみに先週はレーマンだったようです。レーマンに続けてカーンて……(^_^;)
ドイツW杯・3位決定戦の話だそうです。
ワタシにっとってはその単語だけで涙腺がスタンバってしまうコンテンツなのですが…

(余談ですが、今や「Time to say gooodbye」は、うっかりどこかで流れてるのを聴くだけで、歌ってる歌手に関わらず最大級の涙腺決壊警報が発令されるデンジャラスコンテンツであります。…しかし同時に、スタンドで涙を流していた、あのファンのオジサンのどアップも脳内再生されるのであった)

カーンがフィーチャーされるのは2回目のようですが、前回は、何せこの番組関東地区限定なもんですから、どーせ見れないしっ!とふてくされてcheckしておりませんでした。
しかし、なんと!BSデジタルで見れるやん、と知った時はすでに遅く、放送が終わった後で、思い切り見逃してしまったものであります。。。。。号泣
(ま、どっちにしてもその頃は、ウチのテレビはアナログオンリーのブラウン管だったのでダメだったのですが)

というわけで対応テレビをお持ちの方で非・関東地区にお住まいの皆様におかれましては、BS朝日でチェケラッチョ!

いちおうレーマンの放送予定も書いておく(いちおうて(^_^;))

4月6日(月)「Mから始まる物語」(レーマン)
4月13日(月)「Gから始まる物語」(カーン)

レーマンエピソードは、あの「ケプケメモ」の話らしい……
いや、じぇんじぇんイイんですけどね(^_^;)
しかしメモの存在が明らかになったことは、当時リアルタイムで見た際、レーマンがPKを止めたのは、カーンが魂の注入をしたからだー!レーマンの背中にカーンが見える!なんて無邪気に感動の涙を流していたワタシって一体…と、ちょっとだけ力が抜ける話ではありました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/02

ひとこと速報

(大幅追記したら「ひとこと」じゃなくなっちゃった(^_^;))

寝坊したので後半からでした。

ウェールズ 0-2 ドイツ

よっしゃっ!(^∀^)

ゴメスおめでとーーーーー!!
オウンゴールだったけどね(^皿^)本人がうれしそうだからヨイのだ。

090401_ard4
空を見上げ「ハァ~…」とため息ついて、ホッとした表情がとても良かったです。

バラックの爆裂ゴールは超ズーパーでした!!ハイライトで見てね!
それと、エンケもファインプレー素晴らしかったです。

でもポドルスキはバラックの手を払いのけちゃってどーしたんだろうか(汗

090401_ard1
じゃなかった。横っ面はたいてます(汗
なんかガミガミ言いに来たのが気に入らなかったみたいですが…

090401_ard2

090401_ard3
止めに入ったのがこの二人というところにモエ…

あと、内フトモモをどうにかしたらしいシュバが心配だ・・・

-----------

オランダ戦は前半しか見れない予定…。スナイデル今日はスタメンなのね(独り言)

追記
4-0で快勝でした。ファンデルファールトゴールおめ!クラブでチームメイトのフンテラールが背中に飛びついて、嬉しそうでした。

…それにしても代表のファンボメル、たまらんなぁ…すごいステキなんですけど。なんでバイエルンでつまんないプレーさせるかなー、もったいない・・・。ちゃんと見てたか?カントク~!!

本日は以上です(予定) m(__)m
  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/01

今日は何の日

(一夜明けて注※エイプリルフール用の冗談記事です※)

速報!?

Image_slshow_einzel_0_15_2

元ドイツ代表GKカーン氏、中国のクラブの監督に就任

元ドイツ代表GKのオリバー・カーン氏が、上海に拠点を置く中国2部リーグのクラブ「呵哩案打01足球倶楽部」の監督に就任することとなった。

08年に現役を引退して以降、テレビ解説者や講演活動などで多忙な日々を送っていたカーン氏。アジアでの若手育成プロジェクトも展開しており、中国に対しては、テレビでレギュラー番組を持つなど、特に力を入れてきた。今回の監督就任はこのカーン氏の「中国コネクション」が結実した形となったようだ。

「これは私にとって初めての試みであり、偉大な挑戦だ。まずはクラブを昇格させることが当面の目的となるが、いずれは1部でも上位争いができるような強豪にしたい」と壮大な意気込みを語ったカーン氏。
更にヘッドコーチとして、現在ドイツ・シュツットガルトでプレーしている、GKイェンス・レーマンが就任することも内定しているという。レーマンは所属クラブとの契約が切れる今季終了後に現役を引退し、合流する予定だという。
06年W杯をめぐっての問題など、犬猿の仲と思われた二人がこのような形で組むことに驚きが隠せないが、カーン氏は「まったく問題ない。私はイェンスのコーチング能力を高く買っている。私たちは今ではいい親友で、週に2回は食事をする仲なんだよ」と語った。

さらに驚くべきことに、ドイツ代表MFで、バイエルン・ミュンヘン所属のバスティアン・シュバインシュタイガーの獲得も検討しているという。ただしシュバインシュタイガーにはクラブとの契約が2012年まで残っており、移籍には膨大な違約金が必要となるため、交渉は難航しているようだ。
もっとも、シュバインシュタイガー本人は「オリーといっしょに仕事ができるなんて夢のようだよ。どこのクラブかなんて関係ない」と乗り気の様子。

カーン氏は上海に居住を移して活動することとなるが、ドイツでの仕事も続ける意向で、当面は中国とドイツを往復することになるという。

 
・・・・・・・。
・・・・・・・。
・・・・・・・。  

 
 

スミマセン、バレバレですね(記事タイトルを見てね)一度やってみたかったんですヘヘヘ

ここから先はほんとの話ですが、えと、明日はちょっとblogの更新を休む…か、ひとこと感想だけになるかも知れませんので、今晩の代表戦のレビューは上げられないか、遅くなるかも知れません。ヨロシクです m(__)m
だけど、みんながむばれドイツ代表!ゴール決めちゃえファンボメル!\(^∀^)/
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

オリーのいそがし日記

ドイツ代表もオランダ代表(と言うよりファンボメルピンポイント)も気になりますが、殆ど情報収集できてません m(__)m
ファンブイテンのお父さんの具合がとても心配なので、そこだけはまめにcheckはしてますが、今のところ特に続報はないようです…。ヴォルフスブルク戦にも間に合わない…かな…

さて

シャルケGM就任を断って以降、怒涛の勢いで年度末(??)のイベントをガンガンこなしたオリヴァー・カーンのいそがし日記です。
ニュースがたまっちゃって文章を読んでる余裕がないので、カーンのコメントの内容とかはもう自分用宿題ってことにして、ここは写真ベタベタ貼りまくって、フォト日記ってことで(^_^;)
 

●3月27日(金)

カールスルーエにて、Radio Regenboden Award表彰式

珍しい。お兄さんといっしょ。
090327_radio_regenbogen_awardalex_2 
真ん中の女性はお兄さんのツレなのか別のゲストなのかはっきりしませんが…。
お兄さんはなんだかコメディアンみたいな楽しげな顔してますね。二人とも父ちゃん似だよな…

090327_radio_regenbogen_award5_2
ぼったくりバーの店員とカモにされたお客さん
「お客さ~ん、何言ってんですか~、女の子と話したでしょ?水割りも飲んだでしょ?ちゃんと払うもん払ってもらわないとねー、ウチも商売なんだからさー」
うそです(当たり前だ)。ご存知、ポール・ポッツさんといっしょ。
 

●3月28日(土)

カーンが出演しているTOYOTA AvensisのCM

このCMつながりで、ライプツィヒで行われているらしい、モーターショー?のイベントに登場。
共演している、ハンドボール・ドイツ代表監督のハイナー・ブラントさんとのトークショーか何かが行われたらしいのですが…
写真がない。今のところ、記事に挿入されたこんなのしか
090328_kahn2

しつこく探せば出てくるかも知れませんが、ちょと面倒……
いちおう、このモーターショーの公式サイトはこちら

続きまして、先日ご紹介しましたが、ゼップ・ヘルベルガー財団の大使就任会見。公式サイトに写真が大盤振る舞いです(^∀^)

090328_20
ここのサイトにもありましたが、DFBの方にも会見動画が上がってましたね。ご覧になった方も多いと思いますが

090328_dfbtv1
財団とかDFB関係の質問に関しては、やけに隣のエライ人にチラチラと確認しながら答えるカーンであります。

090328_dfbtv2
シャルケのことも聞かれちゃったみたい。この時は隣を見ることなく、自分の意見を述べておりました。
それにしてもドイツはそのへんフトコロ深いというか、日本だったら「今日は財団の質問だけにしてくださーい」と主催者側からダメが入りそうなものですが、おっけーなんですね。

それでこれとは別に、DFBのインタビューにも答えていたようで、サイトに上がっています。こちら
全然読めてませんが、シュバのところだけチラ見。
バイエルンの選手と連絡取り合ったりするの?という質問に、もちろんヤツらと会った時は話をするけど、それは滅多にないことだね、でもシュヴァインシュタイガーとは特別な関係なんだ、彼の成長をとてもうれしく思ってるよ、私は彼の才能を早くから見抜いていたからね。?などなど・・・
やっぱりカーンにとってシュバは特に目をかけている、弟みたいな存在なのですね~(^ー^)カーンがシュバのことを語るのを見るのがとてもうれしいです。
 

そのままライプツィヒにて、ZDFでドイツ代表の試合の解説のお仕事。

090328_zdfkahn2_2
ずっと同じポロシャツ着てますね。今日はマイクが手持ちのようですので、デスクに三つ指ついてちまっとなってる姿が見れませんでした。

スタジアムでの仮設(?)スタジオはこんな風になってたみたいですが
090328_zdfkahn3

話の途中で、周りを囲んでるファンが壁をガンガン叩いてるのがちょと恐かったですけど、楽しく盛り上がってるだけで、ほんの一瞬のことでした。

で、29日は何をしていたのかわかりませんが・・・
 

●3月30日(月)

ハンブルクにて、先ほどちょこっと案内申し上げました、Herbert Awardの表彰式。
スポーツ関係のメディアに各種贈られる賞だそうで…

090330_herbert_award4_2
ARDで解説をしているショルを抑えて(?ということでOK?)新人賞的なものを受賞したらしい。
それにしてもスーツの着こなしがなんだか…
胸板が厚いので難しそうですね。世界で不思議を発見しちゃってるあの司会者みたいなことになってます。スーパーオリバーくん。

090330_herbert_award3
本日のツレは妻ジモーネ。一時、ちょっと太った風に見えた時期もありましたが元に戻ったのね。Bild版レポはこちら。妻「夫にはそれだけの価値があるのよふふん」夫「(メディアの仕事は)私にはまだ新しい分野なので…」

ふ~。

ダダダとおおざっぱに紹介してしまいましたが、まあ、こんな感じだったみたいです。やれやれ。忙しいことよのう…
本日のドイツ代表戦はARDでの放送のようなので、カーンの解説はないでしょう。ショルかな?(^ー^)

いそがし日記・おまけ
Sportbild_13
こんなところにも、と紹介しようと思っていたら、ボヤッとしている間にバックナンバーになってしもうた
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2012年11月 »