« 12節:シャルケ対バイエルン(前半) | トップページ | クロスロード »

2008/11/11

12節:シャルケ対バイエルン(後半)

今日も腹くくってどっぷり行きますよー。
ということで、後半しゅっぱーつ。

081109_toni6
忘年会はエド・はるみネタで決まり!?

11月9日 シャルケ 1-2 バイエルン

不安定ながらもなんとかかんとかシャルケの猛攻をしのぎ切り、前半を1点リードで終えました。それにしてもすっかりタフな展開になってしまい、こんなんで後半まで体力が持つのでしょうか…。先に疲れて集中力を切らしたほうが負けてしまう気がしますよ。ハラハラするぅ~

だが。本当にタフでハードなのはこれからだったのだ・・・!

後半どうするのかと思いきや、なんと!バイエルンは自陣ダダ引きガチガチ守備固め作戦!!
これまでの、超攻撃的ショートパスつないでつないでどうでしょう前がかりサッカー、美しく楽しいサッカーへのこだわりと意地を捨て、なりふりかまわず勝利を最優先すると言うのね?!
それまでのクリンスマンには感じられなかった、現実的で、何がしたいのか明確な作戦は好感です。
ならば。やってみるがよい!
…とはいうものの、ザルザルグダグダなキミたちに、こんな際どいサッカーができるのか…だいじょうぶなのか…(゜□゜;)

何しろシャルケときたら、走り疲れるどころか、そういうことならガンガン行かせていただきますぜ!と、ますます勢いづき、ピッチを揺さぶりかき回し、あの手この手でゴールを狙う!!ピンチに次ぐピンチ!怒涛の勢いで迫り来る青の嵐!

そんなわけでいやはや、後半の45分+3分はもう悪夢、というか何というか、ずーとジェットコースターに揺さぶられてるような心境で、えんえん「ひぃ~(汗)」「ぎゃぁ~(汗)」「やめてぇ~(汗)」「頼む~っ(汗)」と心の中で悲鳴上げまくり祈りまくりコブシ握りまくり、メモを取る余裕もなく字がのたくってしまって判別不能・・・

しししかーし!バイエルンも覚醒していたー!チェック速い!スペースはコンパクトに!最終ラインも集中!全然ザルザルじゃなーい!やればできるじゃないのアナタタチ!

なんと言ってもファンボメル前半のウダウダっぷりは影を潜め、アグレッシブリーダーここに参上!向こうのチャンスを早いうちからつぶすべく奮闘!ゴリゴリファウルで体も張るのも恐がらないんだぜ!試合を進めるにつれ、審判の笛の基準がわかってきて、そこのところがうまく読めるようになってきたのかも知れません。

081109_bommel うおりゃー!

081109_bommel2 ぐぉー!

081109_kroos
「ボメさんに続け!アグレッシブキーック!」…それはちょと違うぞクロース。

すみません、エコヒイキが過ぎるかも知れませんが、元気いっぱいのファンボメルが見れて、うれしくてしょがないんです~(^ー^)

攻撃はカウンターが中心となり、リベリが中心になってチャンスを演出するのですが、決定的なシーンにはなりませんでした。

そしてクリンスマン監督は61分、ゼ・ロベルトを下げ、レルを入れます。
それまでリベリと抜群のコンビネーションでバイエルンの攻撃の基点となっていたゼを下げたことで、早いうちから、1点差を守り切る姿勢を更に明確に打ち出すのでありました。

むむむ!?

早い判断はとても良いのですが、この時ワタシの脳裏には、前日、Jリーグ・名古屋に逆転負けした試合がフラッシュバックしたのでありますよ。

受け売り情報満載で説明しよう:
1-0でリードしていた名古屋でありましたが、79分、それまで左SHで華麗な攻撃を牽引してきたマギヌンを下げ、DHの吉村米山を投入。逃げ切り必勝パターンだったそうです。しかしその直後にCKから失点。動揺してしまった名古屋は気持ちを切り替えられず2分後に再失点し、ついに逆転されてしまいました。どうしても前に出て得点しなければならない状況なのですが、FW玉田はとっくに下げて1トップにしてしまってたし、何より頼みのマギヌンがもはやピッチにはいない。あわててFW(弟)を入れたもののすでに遅し、攻撃の糸口をつかめないまま、あえなく敗戦。守備固め采配が裏目に出た、ということで、監督的にとても悔いの残る結果になった、と、こういうわけでございます。

名古屋とバイエルン、ピクシーとクリンシをいっしょに考えちゃー双方に失礼なことはわかっているものの、同じ左サイドでマギヌンとゼ・ロベルトがイメージかぶっちゃうし、イヤな予感を打ち消すのに必死でした。
いいいや、ままままだ、だ、だいじょうぶ、ウチの方が時間が早いし、みんなしっかり守ってるもんね…いちお2トップまだ残ってるし…ハラハラドキドキ…

と、名古屋の結果を知っている者の目には、このクリンスマン采配は賭けに映ったのであります。
しかし、これまでにない?、目的がはっきり読める、迷いの感じられない、現実的で明確な采配は「お、ついにふっ切れたのかクリンシ?ちょっとイイじゃないのアンタ」と、ワタシ的にかなり好感触でした。これは是が非にでも守り切ってもらって、この現実路線を後押ししなくては。うっかり逆転負けなんかして、またヤツ(&ヴァスケスコーチ)を迷いの雲の中に放り込むわけにはいかないのだ。頼むよみんな~~~~~!!!

更に10分後、ついにトーニを下げオットルIN!
なりふりかまわぬ守備固め作戦を更に強固に!トーニを下げたのは、怪我明けということもあるでしょうが、トーニよりは運動量が多く守備もするクローゼを残しておきたかったからではないかと。
残り20分(もある~っ)!全員守備!みんなわかってるね!守りきるのよ!逃げ切るのよ!ドキドキ…

当然、わかっているんでありましょう。作戦を遂行し勝利を勝ち取るべく、後半からずっと続くシャルケの猛攻に、そりゃもう全員で必死に泥臭くそして集中して耐え続けているその姿に、おぉ、チームがひとつになっている・・・・・・(;∀;)と、ヒィヒィ悲鳴を上げながらも、勝手に感動しておりました。

最後の方でソサ投入。これは、ちょっと行っておいでよ、的な投入でありましょう。
そして同郷のデミケリスがこのソサの為に奮起??
ロスタイムです。守り切れ、という指示に逆らって(?)CBから強烈ドリブルひとり旅!思わぬ反撃にシャルケ守備陣もドッキリ!?対応が遅れた!バイエルンにとってはチャンス!そしてリベリにパス!
そしてリベリ、ミーチョの意図をくみ取ったのか最初からの約束だったのかわからないけれど、とにかく、自分でもシュート行けそうなところを、あえてソサにラストパス!ソサ、スライディングしてきたDFをかわした!あとは入れるだけ!ついに引導を渡す3点目か~~~~~っ!?

・・・・・・・・・・・そこは決めとかないと(^_^;)

まあ、そんなこんなで、前半途中からずっと続いた、長い長い守りの時間をついに乗り切り、名古屋みたいなことにはならず、みごとバイエルン、ドン引き作戦コンプリート!
アウェーで!シャルケに!貴重な貴重な勝利!!3位死守!!
やり切ったあああ~~~~~!!!よくやったぞみんなーー!愛してるぞー!\(T∀T)/

監督の采配も良かったと個人的には思っていますよ。
何度も言ってますが、明確でしっかりした指示が出たのではないでしょうか、選手がそれをきちんと理解して、チームが一丸となったと思います。試合後珍しく、選手といっしょにばんじゃ~いしていたようですが、気持ちはわかるような。
この切れの良さが続けば、チーム状況も安定して選手も良いプレーができるだろうと思いますが…。
1試合だけの夢かも知れませんのでまだわかりませんが、でも、初めて、先行きに希望を感じた、そんな勝利でもありました。

081109_bommelklinsi
今までありそうでなかった、試合中のカントクとファンボメルの2ショットにほっこり。
ワタシのクリンシ・アレルギーが克服できるきっかけとなる勝利であったならよいのだけど。

そして!
なんとこの日ついに、ホッフェンハイムに土がつきました!勝ち点は同じながら得失点差でレヴァークーゼンが首位に。バイエルンの順位は3位ですが、この2チームとの差はわずか1ポイント!ついにここまで来た!も、もう二度と下に落ちるわけにはいかないのだ~っ!

081109_voronin
ダンケヴォロニン♪

マメ知識
081109_steinhaus
本日の第4の審判は、ビビアナ・シュタインハウスさん(左)。去年デビューした、ブンデス初の女性審判ではないのかな…(オボロ)

おまけのドッキリフォト
081109_boro
ボロウスキの白いフトモモにドッキリ☆

081109_ribery2
何故かトロッピカルな模様のパンツにドッキリ?

ハア、久々に熱く語ってしまった…。
念のためにもう一回言いますが、こんなに盛り上がってるのはワタシだけかも知れませんで、試合自体の評価はあまり高くないようです。後半の守備も、見る人が見たらヘタヘタなままかも知れませんし…(^^ゞ
いーのいーの、評論家じゃないんだから、自分の感覚を大事にしとこ。(逃) 

|

« 12節:シャルケ対バイエルン(前半) | トップページ | クロスロード »

コメント

白いフトモモ

 ヘンなトラックバックが来ませんよーに…

投稿: shizuka | 2008/11/12 00:16

1点リードで守りきる作戦は、見てるほうはハラハラしますよね。選手たちにはわかりやすいメッセージ付きの交代も、上手くいけばいいけど、柏×名古屋のピクシー采配のように失敗するとダメージも大きい。まぁ、バイエルンと名古屋では、投入される選手の質、チームとしてのメンタリティとも差が大きすぎますよ。
あと、マギヌンoutでinしたのは米山ね、吉村ではなくて。吉村は中村とともにセンターハーフで「ムラムラコンビ」を組んでいる今年の名古屋にとって替えの利かないプレイヤーです。

投稿: yamamo8 | 2008/11/12 00:27

> shizukaさん
今のところだいじょぶですよ~
ヘンなのが来ても、承認制にしているので、皆様のお目にかけることはナイのでだいじょぶです~

> yamamo8さん
いやぁハハハ、まあまあ、そんな謙遜なさらず(^∀^)ここぞという時に崩れちゃうのはやっぱりナイーヴなんでしょね…。
あっ(゜∀゜;)ご指摘ありがとうございました。さっそく訂正を。データ見ながら書いてたのに、「米山」という字を見ながら「吉村」と入力していました…。「ヨ」しか合ってないじゃん。
そーなんですね。直志しか見てませんでしたが(ひど)、次節(見れれば)checkしてみますね。ムラムラさせてもらいましょ~~(出停ですっけ?…オボロ)

投稿: コリアンダー | 2008/11/12 12:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12節:シャルケ対バイエルン(後半):

« 12節:シャルケ対バイエルン(前半) | トップページ | クロスロード »