« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008/10/30

10節:フランクフルト対バイエルン

今週の「FCバイエルン・ミュンヘンTVマガジン #9」の話もしたいところなんですが、それは後ほど…。
とりあえず、万が一まだごらんになってないカーンファンの皆さまにおかれましては、絶対ミロー!とだけ言っておきます。まだまだチャンスはありますよー

Dsc05453
泣いていいのよ~

さて

10月29日 ブンデスリーガ第10節
アイントラハト・フランクフルト 1-2 バイエルン・ミュンヘン

081029_frankfurtfcbfj
交代:オットル(80ポドルスキ)
サブ:ブット、レル、ファンブイテン、クロース、ソサ

得点:デミケリス(55オウンゴール)、クローゼ(65)、リベリー(70)
カード: トスキオフツオッドシュヴァインシュタイガーリベリーボロウスキゼ・ロベルトレンジング

ダニーか?

ダニーなのか?(゜∀゜)

ついに逆転ゴールを決めたリベリー!チームメイトと喜びをかわすのではなく、ピッチの外、ベンチの方向に向かって駆け出す!
もうこの時点で、期待に胸ふくらみドキドキわくわく!
そして、出迎えたコーチかスタッフらしき人とタッチをして、ベンチに座っている誰かとギュー!
カメラはベンチ後方上部から撮っているので、屋根がジャマでほとんど見えん、見えんがワタシにはわかっていた。
アレは絶対ファンブイテンだ~~~~~!モエ~~~!
くーっしかし全くばっどじょぶなカメラワークだぜ、別アングルでもう一度!

願いが通じたのか、数分後に別アングルでのリプレーが!
走るリベリー、笑顔のカントクを通過し、真っ先に向かった先にいたのは!?座ったままのカレに、走ってきた勢いそのまま体を投げ出すように、バフッと抱きついたのは~~~~っっ、やっぱり!

Dsc05449
ダニエーーーーール!!!!
リベリがバフッと来るもんだから勢いあまってブタっ鼻になってます。

あ゛ががががあ゛ーーーーー

コウフンのあまり、思わずモエ~言うのも忘れ、ケモノみたいな声で吠えてしまいました(^_^;)見て下さいよちょっとこの、リアルに(^^)な目を!(見づらいね)うぁ~、リベリになりたい…。
マズいゲーム内容だったのに、あいも変わらずのラブラブっぷりが見れて、すっかりほこほこシアワセ気分…

…失礼しました。

えと、ざっくばらんに行きます。
もう一度言いますが、試合内容は良くなかったです。
立ち上がりの7~8分ぐらいはとてもイイ感じで、バイエルン復活を感じさせるものでしたが、せっかくのチャンスをいくつかムダにしたあたりからだんだん悪くなり始め、やたらとミスをするようになり、パスやクロスも精度が悪く、中盤でバタバタと、なんだかヘっタクソなサッカーをしてました。
フランクフルトが堅守だった、というよりも、ひたすらヘタクソでした。バイエルンが。
ただ後半は、フランクフルトの側もよく守ってたかも知れません。
前節キレキレだった、ゼ-リベリの左サイドラインが封じられてる感じで、やむなく右のオッド-シュバラインを使うのですが…これがねぇ(-_-;)シュバはまだしもオッドがムニャムニャ…

あんまりにもうまくいかないものだから、選手たちの判断がバラバラになってしまって、おのおのが持つ個人技でなんとかしようともがいてる感じで、組織としてのまとまりを欠き、何がしたいのかわからないサッカーになっていました。まぁ、いつものことかも知れませんが…

相手が攻撃意識が低かった(と思う)ので、前半はなんとか無失点で済みましたが。スコアレスドローになってもおかしくない雰囲気…

後半に入ってエンジンかかるどころかますます集中力が低下してダルダルになり、とうとうデミケリスがオウンゴール献上~~~~~っっ(汗)
らしからざるトホホミスであり、デミケリスはCLリヨン戦でもオウンゴール、そして前節はPK、と、ここのところ失点のきっかけとなる致命的なプレーが続いておりますが、いいってことよ。
オウンゴールが出てしまうのは、アグレッシブに守ろうとしているから。責めるつもりは毛頭ないです…。が、やっぱちょっと、ミスでしたねぇ。
しかし、ガクーッとなるミーチョに、ファンボメルがアタマをくしゃっとして励ましてる姿にキュン、更にレンジングがわざわざ追いかけてきて「だいじょぶだから気にするな」的なことを言ってるらしい映像にもキュン。

みんな~、こうなったら勝つしかないんだぜ!ミーチョのために!

前節と同じこと言ってます。その際は全然ダメダメで追加点取られてしまいましたが、今日は違いました。ただひとりノリノリキレキレのリベリが中心となって、猛然と得点をとるべくゴールを狙う!へたっぴながらも攻めあぐねながらも、骨っぽく泥臭く(ファウルが多い)ゲームを作ろうと奮闘!

象徴的だったのは
081029_bastian
だらしない着こなしのシュバ。長袖をダラダラさせてプレーしてましたが、このピンチを迎えて、キリッと袖をまくり上げてました。やる気出すのが遅いんじゃい。(もっとも、実際にはこの前から袖は上がってたかも知れませんので定かではありません(^皿^))

そんな中、我らのクローゼが!リベリがドリブルで上がってからの折り返しに、シュバがスルー→流し込んで、ついに同点ゴーーーーール!!!
ミーチョとチームを敗戦から救う!!リベリのパスも素晴らしかったし、クローゼの位置取りもよし!

ここのところコンスタントに、大事なところでゴールを取るorアシストをするようになってきたクローゼ。復活したのをとても嬉しく思っております。調子がいいとプレーにも自信が出るし、今はとてもいい流れに乗っているのだろうなと思います。この調子を維持して欲しいものよ…

081029_boromiro
「これこれ、この人で~す」
(そういえば、前半にボロウスキが思い切り鼻血ブーしてましたが(汗)、鼻の骨折ったかと心配しました。その後元気にプレーしてたところを見ると、だいじょぶだったみたいですね…ほっ)

そしてーーーーーー!ゴール前での攻撃がいくつか失敗した後でもあきらめず、クローゼがもう一度粘ってから→リベリーのゴール!やったあ~逆転だ!!!
(↑最上部に戻る。)

よっしゃっ!もうこれ以上失点するわけにはいかないんだぜ!へたっぴバイエルン、なりふりかまわぬゴリゴリディフェンスでカードを次々舞い上げながらも決死の守備!(でもボメルには出てないよー(^^))
それにしてもレンジングのトホホセーブ2連発には泡食った(>_<;)どうもハイボールとかCKでの処理が…毎度ハラハラさせられます。

そしてロスタイムに入ってからのフランクフルトの猛攻は恐ろしく、フェニンがカコいいオーバーヘッドしたりしましたが外れてくれてホッとしました。「ひぃい~~(゜□゜;)」と、なんとも心臓に悪い4分間(長い!)を乗り切り、捨て身の守備でリードを守りきり、勝ったぁ~~~~~(T∀T)

勝ちはしましたが、結局リベリー様様なわけで、毎度毎度、先制されないと目が覚めないのかよ、とも思うし、不安定でまとまりのない、ヘタヘタサッカーを見せるしで、ちーとも安心させてくれないバイエルンであります。王者復権への道のりはまだまだ遠い、と思わざるを得ませんが、まあ、とりあえずは勝ってよかった。2ゴール目の、クローゼ、シュバ、リベリの、ゴールをあきらめない姿勢は素晴らしかったです。ヘタでもいーの、その気持ちがうれしい。
なんだかんだ言って、3連勝だもんねー!(^∀^)

ゆうべちょっと間違ったことを書いてしまいましたが、というわけで、無事に勝ったので、でもホッフェンハイムも勝ったので、首位とのゲーム差は4のままですが、得失点差で4位に浮上です。びみょ~ながら、じわりじわりと。イイ感じ!☆
 
Dsc05451
(ようけ写真を見つけきらんので、ボヤボヤブラウン管フォトでゴメンナサイ。)
ファンボメルのこんなステキスマイルも見れたし。ファンボメル個人はあまり良くなかったと思いますが…。オッドと共にミスが多かったし、ボールをさばく判断もちょっと、どうかなぁ。という感じで。
でも、だからと言ってじゃあオットルでいいのか?と聞かれたら、それはやっぱり違う、ファンボメルでないとダメだと思うのであります(エコヒイキじゃないと思いたい)。
調子がいい時もあれば悪い時もある。でも、1試合でも調子が悪いと、ものすごく心配になるんですよ。どーしてくれる。

で、ここにきてまた、ティモシュク(ゼニト)の名前がチラホラ出てきて、マジへこみます。きっと彼はゼ・ロベルトじゃなくて、ファンボメルの後釜にしたいんだろーなー、とか思っちゃって…(泣)ふ~

----------

おまけ
kickerさんの採点(ミッドウィークは出るのが早いね)
レンジング(3.5)-オッド(4.5)、ルシオ(3)、デミケリス(4.5)、ゼ・ロベルト(4)-ファンボメル(3)-シュヴァインシュタイガー(3.5)、ボロウスキ(4)、リベリー(2)-クローゼ(2.5)、ポドルスキ(4.5)
オットル(採点なし)
マンオブザマッチ:リベリー
エルフデスターゲス(今節のベストイレブン)にリベリー選出

ちなみに、マンデスターゲス(今節のMVP)には、1ゴール2アシストで、シャルケのクラーニィが。代表追放のゴタゴタをふっ切って、いい仕事ができたのかな?(^ー^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ゼンセーショナルに行こう

本日放送の「FCバイエルン・ミュンヘンクラブTV」を見そこなった…不覚

081028_ribery
リベリがいっしょけんめい話す、超カタコトドイツ語さえもさぱーり聞き取れない管理人コリアンダーです(T_T)

さて、先ほどGAORA版でのヴォルフスブルク戦を見終わったところですが、GAORAは「バイエルン・ミュンヘンTV」なので、やたらハセベハセベ言わないところが落ち着きますね。
そして試合前の選手の様子とかをきっちり見れるのがうれすぃです。
おかげで、オッドが同国のザッカルドと話してるところとか、クローゼがエスコートキッズと触れ合ってるほのぼのシーンとか、ハーフタイムの映像で、ラームがカノジョ&フィジカルコーチとスタンドにいるもようがばっちり見れました。(フジさんだと、順位表とかなんやかやあってよく見えないのだ)その代わり実況解説はめちゃユルいですけど、まあそれも、ジャマにならないってことで、アリでしょう。(カザマさんの方が勉強にはなりますが…←こら)

それにしても、改めて見ると、自分のてけとーさ加減に顔から火が吹く思いです…。
先日フジさんで見た時とは全然違って見えて、あの濃ゆい感想文はなかったことにしたいという思いでいっぱいになりますが、今さら削除するわけにもいかず。
ええと、まあ、あくまで一個人の感想なのであまり参考にしないでください。ということで、ひとつヨロシク(ひどいな…)。

それはそれとして、ブレーノにコドモが産まれた?そうです。19歳のヤンパパです。おめでとー!
0810_breno

いつの間にこんなロン毛に…?

----------
ちゃんとcheckしておかないとすぐに見逃す、今週の「CLマガジン」に、トーニがちょこっと出てましたよ。
Dsc05448
指噛むなよ~

フィオレンティーナのサポーターから自分にブーイングが起きたのが残念だった、と語っておりました。ちょっとかわいそーだな…。広い心で許してやっておくれよ。トーニは今でも、フィオレンティーナのことをあいしてると思うぜ。

---------
先日、マガジンNr.5が来ました。
Dsc05445
ンセーショナル!!と言ってます(^m^)今日の試合も、ゼンセーショナルなプレーで、勝利を演出して下されませ~~~…

で、
今号のポスターです。表(?)はオッド…あまり食指が動かないのでどでもいいんですが(ひど)、裏ですよ。裏はクローゼでした。

Dsc05446
・・・・・・いやなに。
どーせならさぁ、もちょっと、あと1秒後の写真をポスターにしてくれてもえやないの?ミロもイイけど、アタシゃその後ろの人に用があるんだってばよ。まぁ、2号続けてポスターに採用されるとは思いませんが…ぜーたくね(^_^;)
いや、だって、どーせ試合に出れないんだから(泣)せめてこゆところで楽しみを見出さないと・・・・・・トホホ

というわけで、あとちょっとでフランクフルト戦です。だいじょうぶでしょうか。先日の華麗なる逆転勝利で、調子に乗ってないとイイのですが。
ポルディは再びチャンスです。今度こそ…

昨日の、ブレーメン対レヴァークーゼン戦を、後半の途中から見ましたが(ちょうど得点シーンの前あたりから♪)、アドラーやっぱイイ…じゃなくて、えと、ブレーメン、守備がピリッとしないんでしょうか?(汗)
レヴァークーゼンが勝利したので、またまた、暫定ながら首位返り咲きです。
我がバイエルンも今日勝てば、3ポイント差まで詰め寄ることができます(訂正:4ポイントでした。ホッフェンハイムの存在を忘れてた…汗)。
イナモトとかそんなん関係なく、勝たねば!!でも心配だよ~…守備が、連携が、だいじょぶかなぁ…ドキドキ。
んとんと、でも寝ます…ゴメンナサイ。応援ヨロシクです!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/10/29

キャプテントピックス

我らのカピテン

バラックレーヴ監督に「ごめんにゃ」と言ったそうです。スポナビさんより。
ドイツあげての「謝れ」コールには本人もヘキエキしたかも知れませんね。でもなんで声明文?足の手術したばかりだから、わざわざドイツに出向かなくてもいいとは思うが、せめて電話ででもいーから直接言った方が…ま、どっちでもいーけど。

愛されカピテン

シュナイダーが、レヴァークーゼンとの契約を2010年まで延長したもよう。ほっこり。kickerさんより。
「がむばってま~す、イイ感じで~す」というような前向きコメントつき。(^∀^)

ぶっちゃけカピテン
これが本題。

ファンボメルボロウスキが27日、コメントをしたもよう。
ボロウスキのは…拾ってないゴメンです。(現在首位の)ホッフェンハイムはリスペクトに値する、とか、レーヴ代表監督からはお声がかからないとか、バラックやフリンクスが代表落ちしたらチャンスじゃない?と聞かれ、そんな甘い考えは恥ずかしいことだよ、とか話したらしいです。かーっこいい!がむばれボロ。バイエルンファンはけっこうキミのことがスキだと思うよ。ワタシはスキよ。(←告るなキモい)

081025_boro
びろーん!
(何回も貼るなよ…だって気に入ったんだもん…)

さて、先日のブンデスリーガで今季初ゴールを決めすっかりゴキゲンらしいファンボメル、ドイツのマスコミについてぶつくさ言ってたのに、調子がいいとべらべらしゃべります。そのてけとーな感じもまたヨイのだわ~

それで、「クリンスマンとは、友情とかそんなんねぇーんだよ」と発言したとかで、まあナンですか、Bildとかtzとかその手の大衆紙にはアオり系見出しが躍る躍る。こっちも「ひぇ~、ぶっちゃけすぎだぜボメル!」と青ざめてドキドキして、読めもしないドイツメディアあさって一日が過ぎ…。忙しいんだがのぅ。(目下カーンやファンブイテンがおとなしくしててくれるのがありがたい…ってなんてバチ当たりなことを!)
カピテンが監督との関係をしゃべったぞー!というので、あちこちで大量にアップされてるので、とてもとても全部はムリでごわす。もともとソースをそんなに持ってないし(汗)

で、まあ、てけとーに「どこにしようかな」とアタリをつけて拾った複数の記事から、件のボメルの発言をちょっとまとめてみました。文章にしてる余裕がないので箇条なぐり書きざっくばらんデタラメ妄想意訳にて失礼します。発言順序は不明ですので、順不同ってことで(^^ゞ
一番ピックアップしたのはこちらからです。

"War ich das vorher?"

かつて、クリンスマンのファンだ、と言ったことがあるらしい(へぇ~)。今でもそうですか?と聞かれ、その時ボメルはニヤッと笑って「そうだったっけ?」とジョークを言った。のだそうな。
「監督は、代表戦(ノルウェー戦)の後、君はピッチに戻る、プレーさせる、試合に慣れさせると言ってきた。」「ベンチに座っているのは不満だった、だけど俺は、自分ができることをわかっていたし、自分の信念をけして失うことはなかった。

…カッコよすぎるけどホントにこんなこと言ったのかいな。誤訳かも知らんけど、カッコいいままで妄想しとこう(←てけとーすぎ)。

俺は監督のことを『くそったれ』(Arschloch)なんて呼ばないよ。だからと言って親友になる必要はない。監督に対してはまず尊敬の気持ちが先にあるべきだ、彼が良いとか悪いとかは関係ない。俺たちには、タイトルを獲りたいという共通の目的があるんだから。だけど、プレーしない、ということを受け入れてしまったら、俺はプロフェッショナルではない。

……はたして誤訳なのか?(^□^;)チクチクしたものを感じて、ウケウケですけどアタシ。思わずデカ文字にしちゃいました。

「ピッチに立ったイレブンは、勝ち点3を目指してゴールを奪う。時には横っ面をはたくことだってあるよ。11人もしくは18人が友達かどうかとか、監督と仲がいいかとか、そんなのは問題じゃない。ただ、成功とタイトルがあるのみだ。」

横っ面をはたくのは、自分のホッペをぱんぱんするのか、あるいは他の味方をバシバシするのかがようわかりません。…アグレッシブを通り越して、バイオレンスリーダーになってませんか?(汗)でもちょっとウレシイ(←しょーがねーなー)

そして、ちょっとよくわからないのですが、えー、もし次節出れなかったとしても、ということなんでしょうか?「それには従わなければならない。もし自分が試合に出れないとしても、世界一不幸だなんて思ってはいけない(←全然違う気がしてきたのでいったん消します)」

(初めての?)ブンデス昇格チームでありながら、現在首位のホッフェンハイムについて

「彼らに勝つのは難しい。まるでバルセロナみたいだ。とてもスペクタクルで、オサレで、クレバーなゲームをするね。彼らが6位とか、もしかしたら3位4位とかで終わっても、驚かないよ」でも優勝はしないらしい、なぜって「マイスターはバイエルン」だから!

「クリアーライン」って何だ?

ボメルは時々この「クリアーライン」だとか「ラインをクリアーに」とか言うのですが、なんのことやら、感覚としてはつかめても、具体的にニホン語には変換(=妄想)しにくいです。最終ラインの話であることは間違いないらしいのですが…
4バックなのか3バックなのかはっきり決めてそれで通してけれ、でもオレは4バックの方がやりやすいんだけどね、と言ってるように聞こえるんですがどーなんでしょ?

「俺たちは昨年のように、再び4-4-2でプレーしている。誰もが、そうするべきだと知ってるよね。これが一番いいよ!(?意訳)」
以下ちょっと本文と大きく外れた想像ですのでカッコを外しますが、えーと、ヴォルフスブルク戦のような試合は、観客には楽しいけれど、守備のことを考えれば、去年のように堅固な方がいい場合もある。それが実現すれば我々にとっては簡単です(←自動翻訳ママ)。我々は球を速く回しすぎるかも、それはリスクが大きい。クリアーラインが必要だ。と。

時間がナンなので急にシメます。元気印いっぱいのコメントはうれしいのですが…。この程度で監督批判、なんて言われないよね??ドキドキ
でもゴキゲントーク記事になんでこの写真?

081025_5
楽しく勝ったヴォルフスブルク戦後なんですが。
妙に切なげな表情とキラキラした瞳がたまりません…(←もういーから)
  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/27

9節:バイエルン対ヴォルフスブルク

ホッフェンハイムHSVを破った。ど、どーなってるんだ一体。(゜□゜;)
というわけで、9節を終了してそのホッフェンハイムが首位!!!
バイエルンは5位、ゲーム差は4です。なんとか上位戦線にふみとどまった…か?ちょっとびみょ~?なにせウチの下は、11位までゲーム差2点でひしめきあってるしねぇ。まだ中位での争い、と言った方がいいかもですね。
こつこつと一つづつ、勝っていくしかないのだ・・・。

10月25日 ブンデスリーガ第9節
バイエルン・ミュンヘン 4-2 VfLヴォルフスブルク

081025_fcbwolfsburgfj
交代:ボロウスキ(46オッド)、オットル(76ポドルスキ)
サブ:ブット、ブレーノ、ファンブイテン、ソサ、イルマス

得点:グラフィテ(31PK)、ジェコ(33)、リベリー(41)、ファンボメル(54)、ボロウスキ(63)、シュヴァインシュタイガー(80)
カード: クローゼボロウスキレルバルザーリサンター

あ~~~なんてことでしょう。楽しい勝利にすっかり盛り上がってしまって、とんでもない大長編になってしまい、書いた本人が読み直すのがめんどくさくなるほどに(-_-;)たたみます。

081025_fcbwolfsburgj

続きを読む "9節:バイエルン対ヴォルフスブルク"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/10/26

まだ胸いっぱいです

スミマセン、なんの内容もないです。早く試合のレポ書いたりらくがきしたりしたいんですが、ついうっかり、こんなん撮ったりしてダラダラデレデレしてます。

Dsc05440
「カミさんどこかな~。…お、いたいた」

Dsc05442
チュッ♪

Dsc05443
「愛してるよー」

アタシも!♪(←大間違)

・・・・・・・・・・・。イタタタ、石投げないで下さい~~~っっ
いいトシこいて、ハートきゅんきゅんしちゃいます。
もぅどこに向かっちゃうのか、自分でもわかりません(苦笑)。

というわけで、ちょっと待ってね(^_^;)(待ってねーよ←全国1億4千万の声)
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

速報・胸いっぱいです

速報と言いつつ、余韻にひたってたら遅くなっちゃった。

バイエルン 4-2 ヴォルフスブルク

0-2から奇跡の大逆転~~~~~!!!

ううう、うれすぃ。嬉しすぎる。しかも一気に4位浮上!

2点もリードされ、ドヨヨンとした空気を振り払うべくまず1点返したのは?フランク!

リベリ―――――!!!

そして1点返した後、
バイエルンをバイエルンたらしめることを思い出させるきっかけとなった、同点ゴールを決めたのは?マルク!

ファン
 

ボメル―――――!!!!!
      
    
(T∀T)

 
…しつこい?(^^ゞ
リアルで大絶叫しちゃったので、隣の部屋で寝ているダンナを起こしちゃった。ヘヘ

しかしその後も、悪い意味でバイエルンらしさが戻ってきてしまってヒヤヒヤしかかったところを、ガツンと値千金の逆転弾を決め、再び上昇気流に乗せたのは?ティム! 

ボロウスキーーーーー!!!

081025_boro
びろーーーーん!!

更にー!!1点差じゃ不安だ!と、ダメ押し点を決めたのは?我らの!バスティアーーン!

シュヴァインシュタイガーーーーーーーー!!!

はぁ~シアワセだ~~~……

(ファンブイテン全然映らんかったけど(T_T))

続く!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/10/25

試合途中ですが

ボメー!

ボメー!

ボメー!

(T∀T)(半壊)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キャプテンマークは渡さないんだぜ

昨日のブンデスリーガで、レヴァークーゼンがケルンに勝利し、暫定ながら首位に躍り出たそうです。マヌエル(フリードリッヒ)とゲカスのゴール。マヌエルはわりとスキなので、なんとなくうれしい。

我がバイエルンとしても、まだ首位に立つ望みを捨ててはいけない今日はヴォルフスブルク戦。前監督マガトとの対戦。トーニが欠場なので、シュバポルディを励ましたりしているようであります。長谷部の出欠にはあまり興味はないですが、出たらそれなりに見どころにはなりますね。活躍させるわけにはいかん。がむばらねば。
どんなもんでしょうな。ラームと、代えのFWが不在(ミュラーとかアマチュアの選手が入るであろう)なのはかなり厳しいです。いちおうブンデス&CLで連勝中ではありますが、まだまだ、だましだまし感がありますし。

----------

081021_bommel2_2

さてここで、先日もチロッとご紹介しましたが、CLフィオレンティーナ戦後の、ファンボメルのインタビュー記事2連発です。
CLを見たワタシは、ダメダメじゃん、ベンチに逆戻りしても知らんぞ、とぶった斬ってしまいましたが、具体的な説明を見て、そーだったのね。思うことがありました。

ドイツ語ダメダメなワタシがほんやくモドキ的なことをするのは僭越でおこがましいことよ、と毎度肩身の狭い思いですが、例によって、自動翻訳2割+妄想8割です。
自動翻訳文に毛が生えた程度のムチャムチャな日本語になってしまいましたが、細かいところを直す時間がもうないので、そのまま見切り更新します。読みづらくてスミマセン。
「いやそれは意味全然逆だし!ヘンすぎだし!」という箇所がありましたらご指摘ヨロシクです(汗)

いつも、一人称を「私」か「僕」か「俺」なのか、「ですます」なのか「だよだぜ」なのか悩むのですが、妄想ストーリーだと割り切って、ワタシの好みで今日も「俺」にしてみました(^w^)へへ

ではどーぞ。まずはSport1から。

続きを読む "キャプテンマークは渡さないんだぜ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Jリーグ・名古屋対磐田

(※ろくなこと書いてません。サッカーレポとしての期待はなさらぬよう…)

10月25日 Jリーグ ディビジョン1 第30節
名古屋グランパス 0-0 ジュビロ磐田

久々にJリーグを、ながら見ではありましたが、見ましたよ。

いやはやいやはや(^ー^)
かたや、初優勝に向けて絶対に負けられない!かたや、残留に向けて絶対に負けられない戦い!そんなわけでまさにこれぞ、絶対に負けられない戦いがそこにはある!という、なかなかの熱戦でした。面白かった~

なんでワタシのゴヒイキの中村直志が出てなかったんだろ?怪我かサスペンションか?まいいや。
何回見ても誰が誰だか、なかなか選手の顔を覚えられない名古屋でありますが、個々の選手が認識できなくてもじゅうぶん楽しい、あいもかーらずのキレイでビューティーでスピーディーでアグレッシブでクレバーなサッカーを魅せておりましたよ。速い速い。守備も攻撃も誰もサボってないし。チェック速いし。セカンドボールきっちり拾うし。組織としての連動性もイイ感じ!シメは玉田ヨンセンかはたまた小川杉本か途中出場でyamamo8さんおすすめの18歳・花井もキタ―――!

うらやまし~。とつい思っちゃったですよ。

ピクシー監督がピッチサイドでぴょんこぴょんこ飛び跳ねて熱く燃えてる姿は、どーしてもウチのカントクとイメージがかぶるのですが、監督としての手腕はピクシーの方が上かもな…と思ったりして…。

まあ、今季の名古屋の試合レポなどを見る限り、毎度毎度こんなにステキサッカーが出来ているわけではないみたいですが、やはりここに来て、いよいよ勝利へのモチベーションがメラメラと燃え上がってるのかも知れませんね~。

しかし磐田の方も、試合は完全に支配されていながらも、気力と執念で決死の守備!代表の正GKの座を楢崎に奪われてしまった守護神・川口もさすがのセービング!
終盤の攻防は迫力満点でした。

結局、名古屋がほぼずっと押せ押せだったにもかかわらずどーしてもシュートが決められず、そのままスコアレスドローという結果に・・・

絶対に負けられない者同士の対戦は、どっちも負けずに勝ち点1を分け合う結果になりましたが…。
呑気者のワタシには、試合自体が楽しかったので満足なんですが、優勝、ということを考えると、名古屋的にはキツい結果だったんでしょうかね。明日の、首位・鹿島の結果いかんでは、さらに差が広がって、残り4試合で追い抜くのが厳しいことになりそうですし。
ただ、3位の大分が負けたので、首の皮一枚(勝ち点差1)で2位はキープできたということだそうです。ふむふむ。
まあ、まだ望みはありますので、そんなにガックリすることもないのでは、と肩を落とす選手を見ながら、やっぱり呑気に思ってしまいましたゴメン。

別記事のイントロダクションのつもりで書いたら、予想外に長くなっちゃったので独立させます。サッカー的なこと大して語ってないのにスミマセン(汗

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/24

「DANKE-激情の21年間に」??

9月9日付の、引退記念試合での「Millionenkick」レポ以来、開店休業状態だった、カーンの公式サイトがいつの間にか更新されておりました。知らんかった。

で、アップされていたのは謎の動画2本。

①「easy living Millionenkick」
081021_millionenkick1

081021_millionenkick2

081021_millionenkick3

???「映画の予告」とか書いてありますが、映画になるんですか?何が??

②「Danke - für 21 Jahre Leidenschaft」
081021_danke1

081021_danke2

?????
「DANKE-激情の21年間に」?
更によくわかりません。
カーンの21年間の選手生活の名場面が次々登場。感動するより前に、「これは一体何なのか?」という疑問と、あと、音楽の構成がなんか妙なので(途中に流れる日本語の歌がコワい~~汗)、フシギでヘンテコな気分の方が先に来ましたよ。それこそ映画とかDVDとかの予告かと思いきや、そーでもなさそうですし。引退記念試合の時にスタジアムに流れたりとかしたんでしょうか?TVでは見れなかったんですが・・・。それとも、ドイツのTVとかでCM的に流れたりとかしてるのでしょーか?

いったい…??

[追記]
本文とはまったく関係ありませんが、奇跡のおまけキャプチャ画像

今日はグッズにサインをする日です
081022_fcbtv1
顔を上げるダニエル!高速早回しだったので、この瞬間を捉えるのがむずかしいのだ。
早回しなどというヤボなことしないで、ファンブイテンの映像はスローで見せるべきだと思ふ。

081022_fcbtv2_2
やったあーーーーー!!!♪
(超私信・しし丸さんホメて!)スロー再生機能のないWMPにて、一時停止トライすること3回目で、一瞬だけのカメラ目線ゲットー!(見た人ならわかる!)
…何やってんだワタシ…(^o^;)

081022_fcbtv3
もちろん隣同士♪(昨日の今日なので、まだリベリの目が腫れてます…)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ブレーメン戦、と、バラック少々

速報。
ガーン☆ラームに続いてトーニまで、脇腹負傷により戦線離脱!(゜□゜;)
10日とか3試合とか言われてますがよくわかりません。そのうち日本語版が出るでしょう。
少なくとも明日のヴォルフスブルク戦は欠場決定、と…あわわわ。

ポルディ、出番だぞ!!
  
さて

10月22日 UEFAチャンピオンズリーグ グループリーグB
パナシナイコス 2-2 ヴェルダー・ブレーメン

誕生日おめでとう!ファンダー!
Vender_2

突然なんですか、一体。てなもんですね。
別にファンというわけでもなんでもないのですが、いやなに。
怪我によりこの日欠場してしまった正GK・ヴィーゼに代わって出場したファンダー
特に大活躍ファインセーブ祭り!というわけではなかったのですが、まあまあ奮闘しておりました。声もデカいし、存在感だけはあります。
んで、ふと画面にアップになった時、あら意外にカコいいかも、ハゲかくしのスキンヘッドがもったいないね、なんて思って、プロフィールなんぞを見てたら、たまたま、今日が誕生日だということを知ったので、ちょっと言ってみただけです。
28歳になりました。涼しげな目元がなかなかヨイと思うのですが…

正直、試合前は、なんであのかわゆい第3GKのペラッツ君がベンチにすら入ってないわけ~!?とか思ってたんですけどね。フッ
Pellatz_2
かたむいてるのは何故

毎度のことながら余談が長い。試合きちんと見てないんだも~ん(汗

081022_merte
メルテザッカーのモエモエジャンケン(古)にモエ~~~!!

081022_merte2
かわいいからって2枚も貼るな。モエ~

そんなモエモエメルテザッカーが、エズィルからのFKをハンドdeトラップ(公式発表は肩ということになっている)、そのまま豪快ボレーシュート!で先制点!
しかしパナシナイコスもすぐに追いつき、更に後半の68分に逆転!
この時は、セットプレーからのシュートを、ゴールに詰めていたエズィルがラインきわきわでスーパークリア!危機を脱したかと思われたのですが、そのクリアボールをパナシナイコス・マンジオスがヘディングでスーパーループ!狙ったものかやっつけかはわかりませんが、ともかくキレ~にGKの頭上を抜いて入っちゃいました。

しかしそこはやっぱりブレーメン!83分、またまたエズィルからのクロスにアウメイダがフリーで、超高く飛んでどんぴしゃヘッドで同点に追いついたー!
しかし前節のブンデスで、ロスタイムに入ってなお華やかなゴール合戦をくり広げたらしいブレーメンなので、まだまだ失点の可能性もゴールの可能性もあり得ましたが、結局長~いロスタイムの間に新たなゴールは生まれることなく、試合終了。

というわけでブレーメン、3戦連続ドローで、3試合終わって勝ち点3。ちょっとこれはどうなんでしょう…
今年こそグループリーグ突破は必須目標だと思いますが…厳しいのかなぁ。まあまだ可能性はある。なに、残り3試合全部勝てばいいのよね?

まあぶっちゃけ、あんまし面白くない試合でしたねぇ。
ブレーメンは去年も、同じギリシャのオリンピアコスと同組でした。せっかくレアル相手に大善戦したのに、このオリンピアコスにはざっくり敗れて決勝T進出を逃しておりまして、すっかりギリシャ苦手、な先入観があるんでしょうかね。
どーにも消極的でやりにくそうな…。アウェーでのギリシャ戦は相当厳しいんだろうとは思いますが。
選手にレーザー光当てて妨害するのは絶対にヤメレ!\(`□´)/)
前半はなんだか緩慢な試合だったので、ワタシすっかり気を散らして、ファンボメルのインタビュー記事などを眺めたりしてしまいました。そして後半に入って、多少マシになったとはいえ、身を乗り出すほどでもなく…
逆転されてようやく本気モードにスイッチが入った感があり、最初からこのノリでやってくれればなぁ、なんて勝手なことを思ったりしました。
ピサロが負傷退場したのも痛かったのかな。

ブレーメンと言えば渦中のフリンクスはどんなあんばいか気になるところですが、やっぱりあまり良くないみたいな感じ。後半は、まあまあがむばってたと思いますが(←てけとー)。

----------

渦中の、とは申しましたが、ドイツ国内ではすっかりバラックvsレーヴの仁義なきバトル、的な切り口になってしまい、事のきっかけとなったフリンクスはちょっとカヤの外に出かかってるような(^_^;)

続きを読む "ブレーメン戦、と、バラック少々"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/23

8節:カールスルーエ対バイエルン

ラームが、先日のCLで負傷して、そのまま戦線離脱だそうです(T-T)
まだ公式には離脱期間などがどの程度のものか発表になってませんが。。。短く済みますよーに(祈)

それでカントクは、ラームが抜けた左SBを「レルかゼかはたまた3バックか」などと言ってるようですが…。そりゃー、ファンブイテンファン(ややこし)にとっては夢の3バックシステムではございますが、今さらもう戻さない方がよろしいかと…。また守備陣が混乱して、大決壊するやも知れませんぜ。

ええと、情報遮断、というほどではないのですが、さいわい、CLブレーメン戦の結果を知らずにここまで来ておりますので、本日24時30分からの放送を楽しみにして、このまま情報探さずに行こうと思います。

ということで昨日放送がありましたこちら
(先述の通り、途中で「バイエルンミュンヘンTVマガジン」が始まっちゃってそっちを見てしまったので、実はまだ全部見てなかったりするのですが(^_^;)へへへ)

10月18日 ブンデスリーガ第8節 カールスルーエ 0-1 バイエルン・ミュンヘン

081018_kscfcbfj
交代:ポドルスキ(40トーニ)、ボロウスキ(59リベリー)、クロース(89クローゼ)
サブ:ブット、ファンブイテン、オットル、ソサ

得点:クローゼ(86)
カード: フライスムッツェルアイヒナーリベリーファンボメル

081018_karlsruherfcbj

1ヶ月ぶりの勝利だそうでございます。

いやぁ、実はこの後、何日もかけてぐずぐずとまとまらないカラクチの感想書いたりしたのですが、絵描いたら楽しくなってきちゃって、まあ、もう、勝ったからヨシとすることにして、全部消してしまいました。
この3日後のCLでも勝ちましたから、ちゃんとつなげられたということで。

とにかくつないでつないで攻めて攻めて攻めまくってたのに、惜しいシーンばかりでなかなか決めきれなかったので、70分あたりでスコアレスを覚悟しました。
あ~ぁまたか、パスってのはつなぐこと自体が目的になっちゃいけないんじゃないのかい?サッカーちゅうもんはボールをゴールにぶち込まないと点にならないんだよーアホアホ、内容がいいから有効ポイント1!とかそんなんナイんだからも~ぅ、とか思いながら見ておりました。

せっかく愛しのファンボメルのカピテン復帰戦なのに、美クロス上げまくりなのに…。シュバキレキレなのに、リベリも魔法かけまくり(前半)なのに、ラームのモエモエ攻撃参加も冴えわたってるのに、もったいねー。

しかし、後になってポジポジ目線で考えたら、ファンボメルのコメントにあったように、たしかにこの日のバイエルンは、あきらめずにコツコツと最後の瞬間までゴールを狙う動きがあったかも知れません。もっと迫力を持ってオラオラどけどけ、という熱っぽさがあってもいいとは思いますが。比較的落ち着いてましたよね。

まあもうせめて失点だけはしてくれるなよ~、カウンターに気をつけろよ~、ボーフム戦を忘れるなよ~なんて、期待せずにてけとーに見てたら、歓喜の瞬間は突然やってきたのでありました!

デミケリスボロウスキ?→左から右へサイドチェンジ、そこに待っていたのはオッド!シュート?ラストパス?どちらかわかりませんが鋭いボールを打つ!→そこに~~!DFをぶっちぎって「デヤッッ!」と弾丸のように飛び込んできたのは~~~!M78星雲から帰ってきたぞ我らのミロ・クローゼ!

飛び込んできた勢いそのままぶち込んだーーーー!!!入ったぁああああ!!!
ついについに86分にゴーーーーーール!!!

081018_miro2
ミロー!ミロー!ミロー!

コドモがマネするので、よっぽどのゴールの時しかしない、と言っていたようですが、今やらなくていつやるのだ。出たー!前方宙返り!!しかし着地がびみょ~!でもそんなことはどーでもいーのだ。転がったまま燃えるガッツポーズ!やったぜミロ!素晴らしい最高の仕事をやってのけました!(>∀<)ダンケミロ!

ちなみに
081019_tro
「ミロさん見てますか~」
翌日の試合で、みごとな宙返りを見せた、HSV・トゥロホフスキ。たぶん着地もキレイに決まったはず。

ロスタイムになっても絶対に気が抜けない今季のバイエルンでありますが、無事にこのまま逃げ切り成功。
どうにかこうにか薄氷の勝利。トーニの不調に代表される決定力不足と守備のもろさ、など、課題はさほど劇的に修正されてるようにも見えませんでしたが、とにかく勝っておくことが非常に重要でした。

この日の勝利が、バイエルンを上昇気流の乗せるためのターニングポイントになるのかどうか、それはこれから明らかになることだと思いますが、そうあってほしいものです。
くれぐれもラームの離脱で、また流れがストップしてしまった…なんてことになりませぬように。みんなで乗り切るのだぞ!

カピテンだいじょぶですか~
081022_bommel

今度はtzでしゃべってます。2試合続けてスタメン出場でキゲンがよくなったのか、急に語り出しました。メディアの露出が増えるとベンチに入る、というジンクスがなんとなく出来つつあるので、逆に心配ですよアタシゃ…(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Servus, Olli! 再び。

今週の「FCバイエルン・ミュンヘンTVマガジン #8」は!!!

ききき、キタ―――――!!!

まるまる、
オリヴァー・カーン引退記念試合特集~~~!!!!!

Dsc05421

全国1億4千万のカーンファンの皆さん(数字が合わない)、

絶対ミローーー!

絶対ミローーー!

絶対ミローーー!

カーンの、バイエルンの新トレーニングセンター訪問から、試合後のセレブパーチーまで、めちゃめちゃはしょりまくり&ドイツ語英語ごちゃ混ぜのワケわからん構成ながら、20数分間、9月2日のカーンづくし!

ダンナが目の前にいたにも関わらず、もうTVの前にかぶりつき。
カールスルーエ戦も、時間差再生だったのでまだ途中だったんだけど、すべてすっ飛んでしまいました(^^ゞ
ずどどどどっと怒涛のように押し寄せるこの感情の波。
ボメボメ言ってたここ数日でしたが、やっぱり比べてはいけない感じ。
ワタシにとってのナンバーワンは永遠に、オリ・カーンなんだ……。
と再認識した次第であります(単に気が多いだけ、とも言う)。

Dsc05422
あの日のワタシ。
なんちゃって、もちろんうそですが。名前も知らないおじさんゴメンね、勝手に使っちゃって。でもあの日あの時、島国ヤーパンのとっ散らかった台所で「DANKE OLI」マフラーを握りしめ号泣しながら「おんなじ表情だよ~おじさ~ん」と心の隅で思ったものであります。

Dsc05423

できることなら2時間でも3時間でもドキュメントにしてもらって、22分間もあったというパーチーでのだらだらスピーチもノーカットで見たいぐらいの心境ですが。
じーんとしたりきゅーんとしたりモエモエしたり(それはナイな)しておりましたが、ふと、でも、これにて、カーンのコメント類が(特に字幕付きで)日本で放送されることは二度とないのかも知れない・・・・・・・・・・。ましてTVでなんて。
と思うと、ガクッと一気に体中の力が抜けたような感じもしたのであります。
これからは、どんなにアンテナを高く立てていても、ドイツメディアサイトの動画配信がメイン。しかも何言ってるのか全然わからないし…。と思うと、なんだか果てしない道が目の前にバーッと広がったような、途方に暮れるような心境になりました。

それと、ワタシはやっぱり、スーツ着てビシッとキメてるカーンもいいけど、やっぱり、ユニフォーム着てピッチに立って吠えている、GKオリ・カーンが何よりスキなんだということも知ってしまいました。まぁ、そればっかりはいたしかたのない話ですけどね・・・・・(T-T)

ところで、「リクエストがあったので本を執筆中♪」みたいなコメントもありましたが、まだ書くんですか~?いやもちろん、ヴィルコメン、おおいにけっこう、なんですが、「俺。~成功は内面から~」も読んでないというのに(永遠に読めないし)…。
齋藤センセイでも誰でもいいから、はよ「俺本」翻訳版出してけれ~っ(汗)
 
080508_ich_2
たぶん絶賛発売中。

ちなみに、ドイツ語不自由なカーンファンの皆さん(ワタシみたいな方々ね)で、買おうかどうしようか二の足踏んでる方におせっかいアドバイス。
写真等は一切なく、字ばっかりです。ドイツ語の心得がないと、全く読めませんのでお覚悟下さい。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/22

CL:バイエルン対フィオレンティーナ<仮>

くだらない話を6行ほどします。よろしければ飛ばしてください。

睡眠不足でイラッとしたまま八つ当たり気味の文章を書いて寝たら、ファンボメルが出てきて、なんだかワタシのことを励ましてくれておりました。胸キュンしたワタシはそのままダーッと駆け出して丘に上って、「惚れてまうやろ――――――――――!!!」(by Wエンジン)と大絶叫、するとそこにいたアンジャッシュの児嶋(何故)があまりの音量にびっくりして、ゴロゴロと丘から転げ落ちる、という、バカバカしすぎる夢を見てしまいましたとさ。
目が覚めて、どんだけボメル愛を叫びたいんだアタシは、と苦笑した次第でありますよ。

081021_bommelmiro めろめろ

10月21日 UEFAチャンピオンズリーグ グループリーグF 第3節
バイエルン・ミュンヘン 3-0 ACフィオレンティーナ

081021_fcbfiorentinafj
交代:レル(46ラーム)、ポドルスキ(57クローゼ)、ボロウスキ(65シュヴァインシュタイガー)
サブ:ブット、ファンブイテン、オットル、ソサ

得点:クローゼ(4)、シュヴァインシュタイガー(25)、ゼ・ロベルト(90)
カード: オッドリベリークズマノビッチダイネッリゴッビ

なんでラームに代えてレルなんだ、と思ってたら、バイエルン公式によると、足首を負傷したから、らしいです。そゆことなら仕方がないです。
大事ないといいのですが。今日のラームは守備もかなり奮闘してて、期待大だったので…。

寝て起きて、あちこちサイトを巡っておりましたら、素晴らしい勝利だったようで、後半のズルズルへなちょこサッカーに対してぷんすか怒っているのはワタシぐらいのものみたいです。
申し分のないスコアで勝ったのだから、内容について文句を言ったらバチが当たるかも知れません。もっとポジティブな面に目を向けようと思いました。

まぁ、前半はイケイケドンドンノリノリキレキレ、ボールは走る(そして滑る)選手も走る(そして滑る)攻めてグー守ってもヨシ、フィオレンティーナもバリバリ攻め込んできて、一瞬たりとも気の抜けない展開!ハラハラわくわく!レンジングのドッキリセーブやファインセーブもあり、見どころ満載、楽しいサッカーを展開していました。そんな中、クローゼシュバの素晴らしいゴールで2点取ったのだから、後半はこのリードを守り切る作戦に出たとしても、無理からぬことなのかも。
…いや~~~でも、前のlogにも書きましたが、守備がドヘタな今季のバイエルンがずるずる下がってどないすんねん、でしたけど。おかげでヤバいシーンがてんこ盛りで…。
前後半の落差が激しく軽くショックでした。
やっぱり文句言ってる。

とにかくクローゼが復調を感じさせる、イキのいいプレーで、攻撃を牽引し続けていたのはちょっとした感動でした。ワタシ的MoMはミロだな、と思っていたら、バイエルン公式にもそのように出てました。しかしUEFAの「ファンが選ぶMoM」はシュバでした。シュバの2点目も良かったけどね(^ー^)

081021miro

トーニが交代しましたが、もともと状態のよくなかった脇腹を更に痛めたためだと思われます。もっとも、カールスルーエ戦で痛めたのと同じ側かどうかわかりませんが。

デミケリスゼ・ロベルトが最後の最後にゴールを決めたのは、守りに行け、無理はするな、というチームオーダーを無視してのスタンドプレー的なものではないかという実況・倉敷さんのコメントでしたが、そんな感じでした。やっぱりサッカーは点を入れてナンボだという二人のサッカー魂が一致したものだと思います。それにしてもゼのシュートはそれ自体も素晴らしくビューティーでした。ポストとGKのわずかなすき間を、キレイな弾道で突き刺すものでした。デミケリスは守りでも活躍してたと思いますよ~(^^)

081022_fcbfiorentinaj

絵描いてたら文章を書く時間がなくなっちゃいました。「バイエルンTV」でカールスルーエ戦が始まっちゃう(汗)
いつものようにウヒョヒョでムヒョヒョなレポになりませんで、申し訳ありませんです。一応<仮>にしておきますが、CLの他の試合も見たいしカールスルーエ戦の話もしたいし、なので、この超ざっくばらんなまま<仮>が取れる可能性も大でございます。

まあとにかく、トータルで言えば、そつなく勝って結果オーライ、万事快調!…とまではいかないかも知れませんが、おおむねイイ感じ!♪というところだと思います。
でも、なんだかなぁ…(まだぶつくさ言ってる)

エコヒイキネタ①
クローゼによる先制点のアシストとなったトーニのポストプレー、へのナイスクロスを上げたファンボメル(ややこし)でしたが、以後はミスも多く、またあまりボールに向かって行かなかったり等、守備面でも攻撃面でも殆ど役に立ってないかに思われたのでいろいろ心配ですが、そんなファンボメルのインタビュー記事がSport1さんにありました。こちら
ほとんど読めてませんが、ポジティブなことを語っているようです。インチキ妄想訳したいのはやまやまですが時間がないので、オチの部分だけ。
もう一度ベンチに戻るのが心配ではないですか?と聞かれて、

「決してベンチに座ることを恐れてはいない。なぜって、僕がベンチ(=長椅子≒ソファー?)に行くのは、家に帰って休む時だけだからね」

わかんないけど、この時ニヤッとしてみせたに違いないよ。

②本日のファンブイテン(空しいコーナーだな)
Dsc05415
一瞬!ダニエルセンサーの精度が問われます!

Dsc05420
ピッチに向かうポドルスキに、手をぱんぱんと叩いて「がむばってこいよー」とかなんとか声をかける。その後ソサと何ごとか会話。ソサのホッペがふくらんでるように見えるのは、太ったのではなく、画面が流れてるのでブレが生じているためでございます。
ベンチでもいい雰囲気を保とうとしているのかも知れない姿にほっこり…というか、ちょっと切ないっす。なんとかなりまへんか~(泣)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

4時間遅れですが

バイエルン 3-0 フィオレンティーナ

081022_fcb
へ~、そうだったんだ。

見た目は快勝です。クローゼ、シュバ、ゼによる3ゴールはどれも、本当に素晴らしかったです。勝ってよかった。嬉しいです。

081021_basti2
男前!ステキ~♪

でもでもでもでも、何このモヤッと感。( ̄△ ̄)

前半はあんなに素晴らしかったのに・・・!それこそ、今季最高峰のスペクタクルだったのに・・・!

たかが2点リードで、パワーセーブモードにシフトしてるばーいじゃないでしょーがっ!

なんなんだ、ラーム下げてレルって!
後半はもう、ズルズル下がって中盤スッカスカ、いつものぐずぐずへなちょこサッカーしやがってっ!かーッ(`Д´)よく負けなかったもんだ…。向こうが決定的なチャンスを外してくれたおかげで運が良かった、としか言いようがありません。
監督指示なんだろな~多分…。守りヘタなのに、なんで守備的にしようとしたのか。意味わからん・・・

ひとり気を吐いてたリベリーと、最後まで集中して走ってたクローゼだけでした。良かったのは。クローゼは復活したと思っていいのかな?リベリーなんか右目腫らしながらがんばって、いじらしくて泣ける。

愛しのカピテンも、なんかダメダメだったし…よかったのは前半10分だけ…。やっぱ昨日のうちにエコヒイキ記事を上げといてよかった。これではベンチに逆戻りしてもしょがないぞ…

081021_bommel
でも監督も勝利に満足してるなら、だいじょぶかなぁ…と思いたい…ドキドキ

愛するからこそ厳しく言う!アンタたちがこんなもんじゃないのは知ってるんだ~っ

同じスコア、同じ内容でも、前半と後半が逆だったら、それこそ、今季ベストゲーム、だったかも知れません。失速状態でブンデスに突入するのが不安でしょうがない。

わけあって寝不足なので今から寝ます。寝て起きたら気分がスッキリして感想が変わってるかも知れません。
続く!…のか?だいぶ書いちゃったからなぁ。
 
081021_bastiklinsi

「キゲン直してよ~ん、こちょこちょ」「ごろにゃん」

そういえば
放送中に説明がありました。「ヴィオラ」とは「紫」という意味だそうです。タイムリーだわ~

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/10/21

フィオレンティーナ戦でございます

いよいよ今晩はCLフィオレンティーナ戦です。

081020_luca
「ぺらぺらぺ~ら」親指にリング。
ゴキゲンそうですが、ずっと体を揺らしてて落ち着きがないですな。
先日のブンデスリーガで脇腹を痛め、途中退場したトーニ。状態が心配されてまして、本日出場が危ぶまれてますが、多少無理をしてでも出るような気がします。複雑な心境もあるでしょうが、やっぱり、欧州最高峰の舞台での古巣対決というのは、格別なものがあることでしょうし。

どうしても注目はトーニvsジラルディーノの両エースのアッズーリ対決、という切り口になりますが、さて。

081021_sportbild
こうして並べると、ヴィオラサポの目には、赤いトーニが改めてヘンな感じに見えるかも知れないですね…。それにしてもなんでフィオレンティーナのことをヴィオラって言うんだろ?(無知)

ジラルディーノはセリエの得点ランキングトップらしいですが、いっぽうのトーニはどうにも不調、ということでどうもウチに分が悪い。
今のバイエルンは得点があまり見込めないので、シブちんでもいいから守備をしっかり固めて、1点を大事にする試合をしなくちゃいけないかしらね~

ただ、個人的に、トーニにはまだ期待したいです。バチッと決めて、自信を取り戻すきっかけになる試合になってくれるといいなぁなんて思っちょります。やっぱり、トーニが元気じゃないとつまんないんだよね~。
古巣のサポに気を使って、ゴール決めてもくるくるパフォはしないかも、なんて言ってるようですが、今日はミュンヘンなんだからあまり気にしなくてもいいと思うがな。まぁ、決めてくれれば、どっちでもいーです。

日頃から、なんとなくイタリアに未練たらたらっぽい発言が多いトーニですが、一方のオッドは、「イタリアはなつかしくないよ~ん」ですって。そんなにバッサリ言ったかどうかはわかりませんが、なんかウケます(^ー^)。バイエルンを気に入ってくださってありがとうございます。ドイツ語モリモリ勉強してそうだな。わからんけど。

さてここで、実は本日、こないだの8節のレビューをだ~らだ~ら書いていたのですが、だらだらし過ぎてしまって、気がついたらファンボメルのことばかり書いてました(゜∀゜;)あら
何せこの日はワタシにとって、「カピテン・ボメル」の大事な復帰戦、だったので、どうしてもそっちの方に目が行っていたもので…毎度のことながらのエコヒイキ、たいへん面目ないです(^^ゞ

ということでちょっとボリュームが重たくなったので、本日のプレビューも兼ねて、そこんとこだけ切り取って、こちらに移してみました

081018_bommel4

ファンボメルkickerの採点は平々凡々の「3」でした。ワタシ的には攻撃面2、守備面4で、足して2で割って3でちょーどいい感じですので、こんなもんかと思います。
今回の試合、ボールをさばいて攻撃の基点となる仕事を重点的にしていたようで、今は死語となりつつあるかも知れない司令塔、というか、キャプテンぽい仕事?(^□^)
ぞくぞくするような美クロスを上げたりしておりましたが、正直、もうちょっと攻撃面でメリハリをつけてもいいと思うし、終盤の、何がなんでも1点取らなければならない!という状況でも妙に落ち着いてたり、守備面ではやっぱりまだおそるおそる感があるし(かと思えば突然荒いプレーで削ってイエロー)、全体的に無難にまとめている印象で、「アグレッシブリーダー」としては物足りなかったんですが、ただこれも、見方を変えれば大人の仕事っぷり、と言えるかも知れません。

エコヒイキ目線なしですのでちょっと辛口になりましたが、周りをよく見てピッチを仕切っていたと思いますし、ちゃんと役に立っていたと思います。
アンタいないとやっぱり困る!とまでは言えないかも知れませんが、やっぱりアンタがいた方がいいよ!と思いました(ここは若干エコヒイキ)。

いや正直、キャプテンとしてはもっと、チームの雰囲気がダルい時には、自らのプレーやあるいは言葉で鼓舞するようなこともして欲しいし、まだまだ、ピッチにいるだけで空気が変わるような存在感を出すまでには至りませんが、今はおそらく、そうなるための成長過程にあるのではないかと思いました(かなりエコヒイキ)。思いたい。
ツラい思いを乗り越えて、ひと皮むけたんなら嬉しいんだけど…。
そして、ボメルをベンチに入れていたクリンスマンの処置がそれを見据えた上でのものだったとしたら…凄すぎるけど、まあ、ファンタジックな妄想ですわね。

ところで、エッフェンベルク兄さんが、tzインタビューの中で、またもや「キャプテンたるもの、仲間とおちゃらけたりしてはいかんのだ。俺様やカーンを見よ!」的なことをおっしゃったようで(^_^;)。なかなか認めてもらえまへんな~
エッフェさんはアレですか、以前にも「キャプテンはドイツ語が完璧に話せなければいかん!」とも言ってましたし、非ドイツ人がキャプテンやるのは好かんのですかね…。
このインタビュー、他にもポドルスキのこととかあれこれたっぷり話してて、俺様トークが面白そうなんだけど、じっくり読んでるヒマがないゴメン。

とにかくファンボメルは、まだ立場が安定したとは言えず、今日も使われるかどうかわかりませんが、こつこつと、くさらずそしておごらず(←ちょっとうまく行くと調子に乗りそうな気がするので(^_^;))、代表戦や昨季のバイエルンで見せたような、いい仕事をしてほしいです。それを積み重ねていけば、誰にも文句言われないキャプテンになれるさ。
信じることしかできないけれど、それが「ファンボメルをバイエルンのキャプテンにし隊」ができる唯一のことかも知らん。(解散したんじゃなかったのか?)

ということで!
他のメンバーは、リベリクローゼもだいじょうぶということでひと安心。
カールスルーエで執念のゴールを決めたミロ、今日もいいところが見たいよ~。途中から出場するであろうポドルスキのゴールも期待したい!キレキレだったシュバ、勢い続行希望!ラームオッドは、攻撃はいつも通りでグーなので、守備も集中してしっかりね。(右はレルかも?)ボロウスキソサのスーパーサブな働きも見たいぞ!(サブは不本意かも知らんが…)

カールスルーエ戦ではひとりひとりの出来はそう悪くはなかったと思うのですが、でもまだバラついてる感があったので、チームが組織としてまとまってくれれば…。
あ~でも…戦術とか…連携が…だいじょぶかなぁ…
正直、今のバイエルンよりフィオレンティーナの方が強いんじゃないかと思うので(根拠なし)、ホームだけど挑戦者の気持ちを忘れず、常に崖っぷちだと思って火事場のバカ力かなんか発動して、もぅなんでもいーから、勝ってね。
負けるのはもちろんあり得ませんが、リヨン戦みたいに、引き分けで大喜びしてるばーいじゃないのだ。いい流れに乗るかと思われましたがやっぱり土曜日は運が良かっただけでした~ゴメンにゃ、なんてのはイヤですよ。またダメダメロードには戻りたくはない…。

それから。ファンブイテン使ってね!(←とりあえず言っておく)

ええと、ワタシの観戦予定ですが、スカパーさんで放送ありますので、安心して念を飛ばしつつ寝ます。起きて朝イチで見ます。よって速報等は出ないと思います。ライブ観戦予定の皆さま、応援ヨロシクです(^∀^)
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/20

ダニエルも困ってるらしい

昨日のHSV対シャルケは、1-1のドローだったそうです。HSVが首位に再浮上ですが、バイエルンとのゲーム差は5で留まりました。なんだか、やれやれです。

さて、よせばいいのにうっかり探索してしまったら、ベルギーサイトでファンブイテンに関する短い記事を見つけました。
(リンク貼ろうかと思いましたが、ワタシの場合、ここのサイトにアクセスすると、毎回ウィルスチェッカーが起動して「スパイウェアだからすぐ閉じろ!」と最大レベルの警告を出すので、念のためやめておきました。“Belgiumsoccer.be”とかいうサイトです。怪しいところなんだろーか)

17日(金)付の記事で「ファンブイテン:“W杯かEUROに出場したい”」というタイトルです。
さぞかし意気込みにあふれたポジティブな内容かと思いきや…
(例によってのヘンテコ自動英語翻訳のさらに妄想訳です。間違ってたらご指摘ヨロシクです…ってリンク貼ってないのにヨロシクも何も(汗))

野望に関わらず、ダニエル・ファンブイテンは土曜日のアルメニア戦とトルコ戦ではベンチに入り、「赤い悪魔」としては欠場している。「僕は次のW杯かEUROに、このチームでプレーしたいと思っている」と、バイエルン・ミュンヘンのDFは語った。
「僕は今でもハッピーだし、将来を楽観している。僕は2~3日前に、報道陣に対して静かにしておいてくれと言った、自分が新たな論争の中心になることは望んでいないからだ」ファンブイテンは言った(HNB)。
「僕にはほんの少しばかりの議論があった。2大会目以降(ファンブイテンは現在46キャップである)、僕はいつも議論にさらされていた。なぜ?何が目的なんだ?錯覚じゃない。何人かが僕を攻撃して困らせるだろう」

どうしたあ~~~~~っ(゜□゜;)!?
ダニエルらしからざる、えらいイラッとした空気が感じられますが…。ワタシが語学力なさすぎるせいで、こんな文章になっちゃっただけなんだと思いたい。
バイエルンではなく、代表チームにおいて、出たり出なかったりすることに関しての話のようです。やはり本国では議論の的になっているんでしょーか(>_<)うわ~ん、かわいそうに・・・。

でこの「HNB」とか言うのがなんなんだ、ベルギーメディアの名前っぽいけど、ここのサイトとかにもっと詳しい記事とか出てないのか、と探しまくりましたが、ギブアップです…。
ツラいのぅ。代表でもびみょ~だし、バイエルンでもびみょ~だし…。でも本人はハッピーらしいからそれがせめてもの救いか。。。自分はまあまあイイ感じなのに、マスコミが攻撃してくることにうんざりしてる、ということでいいのかしら…。
 
そして、だからよせばいーのに、こちらではまた、クリンスマンが「ファンボメルがまたイケてないプレーしたらベンチに戻すんだもんね」と言ったとか、言わないとか。もう知らんもんねー。心臓止まりそうになるからその話やめてけれ~(日本語版出ました。一応こちら

[追記]
tzさんで、ちょっとカッコいい写真と楽しそうな記事見つけたもんねー。ふーんだっ。イジワルな記事はムシムシ!
081018_bommel2
いつ見てもぺろんちょしてます。舌噛むなよ~
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/19

昨日の話あれこれ

(でもフランクフルト対レヴァークーゼンの話はナシ…まだ見てないんだもんゴメン(^^ゞ)

バイエルンサポの皆さ~ん、ミロミロしてますかー?

早く「あーだったこーだった」と試合の話をしたいのはやまやまなのですが、らくがき等するにしても、GAORAさん見て確認したいところもありますし、オボロな記憶で話をすると、いろいろ間違ってたりするので、もうしばらくお待ちくださいませ…。

とりあえずピンポイントエコヒイキネタ。
ファンボメルが復帰したのは超うれしかったです。キャプテンマークを巻いてピッチに立つ姿を見るだけで、でら感激ウルウル、ですが、スタメンになるだけで感激しちゃうなんて、去年までは当たり前だったのに…トホホ

081018_bommel
カッコいい写真がないのよね~

だけどその分ファンブイテンがワリを食う形になってしまって、アタシゃどうしたらいいんでしょう(T_T)なんでダイスキな二人が同時にピッチに立てないんだ~(>_<)切ないやら胸が痛むやら。(知らんて)
でもミーチョルシオも良かったしなぁ……サッカー的に文句付けようがないのがなおさらツラい。CLでは使ってよね!カントク!…ダメ?

081018_olli
引退後初めて、バイエルンの試合を観戦に訪れたカーン。このくつろいだ表情に胸がキュンと…(はいはい)
で、お隣は、パパさんではないようですね?誰だ?
試合後のかんたんコメント「バイエルンには鍵となる試合となった。もしこの試合に勝てなかったら、ガンツガンツ、かなーーーーり厳しいことになっていたであろう。この勝利をきっかけに、ウィンターブレイクまでに浮上するのでは、可能性はある」的なことを語ったもよう。Bildより。

081018_wer
GoGoダンスでノリノリだぜぃ!…ってカントクと踊ってるのは誰なのか?

081018_micho_2
ミーチョがジャーンプ!ミロがつぶれるっ!危!(奥でいじけてるGKの姿がかわゆい)

ミーチョが飛びついたせいかサルトの着地がイマイチだったせいか代表戦からの怪我が続いてたのか、クローゼは足を痛めてしまったようです。そしてトーニもわき腹を痛めたようですが、大丈夫でしょうか。3人しかいないFW2人も欠場なんてことになったら、CL困ります~(汗)。トーニは古巣との試合を楽しみにしてるだろうし…。

順位は11位のままですが、首位ホッフェンハイム(!)とは4ゲーム差になりました。
ただし、本日試合があるHSV対シャルケの結果いかんでは、HSVが勝利したらまた7ゲーム差になってしまいます。
すごい好カードですが、こうなったら、ちょっとシャルケ頑張っちゃってよ!クラーニィのやけくそパワー炸裂ヨロシク!ノイアーファインセーブ祭りでワッショイ!なんて思ってみたり…(悪)

勝利自体が大切なので結果はヨシなのですが、内容的には苦戦の末の辛勝で、どうしてもスカッと勝てないバイエルン。王者がなんたるザマかいな、というところなんですが、この日はブレーメン対ドルトムントが、逆転逆転でも同点、ロスタイムに2点入っちゃうというどえらいドラマティックな試合だったようで、おかげさまでそちらに注目が集ったので、バイエルンサイドとしては世間の目が外れてくれたことにちょっとホッとしております。
スポナビさんに詳細レポ掲載。ありがたや)
ピサロがドッペルだったみたいですね。バイエルンとしてはちょっぴりくやしい気もしますが、ブレーメンで活躍してるのは喜ばしいことだと思っております。チェルシーから完全移籍も近いかも?

081018_dortmund
妙にモエる写真。ジダンも一発決めたみたい。バイエルンより絶賛貸し出し中・絶賛活躍中のフンメルスも決めたようです。もったいないけど、本人のためを思えば、もう売っちゃってもイイと思ふ。それにホラ、ね、ウチはCB余ってますし…ドキドキドキ(エコヒイキ的邪念100%)

おまけ
081018_pantelic
パンテリッチ。どうしてそこにいるんでしょう。怪我なのか出停なのか?まさかクビじゃあ…(汗)

そういえば、バロンドール候補30名が発表されたようですが、どでもいいですよね。ウチからは一応リベリトーニがノミネートされているようですが、全然関係ない話でござんす。まあ、ノミネートだけでも、どもありがと。去年CLに出場してないことを思えば、二人も名前が上がるだけでも、なかなかの。
ま、Cロナウドで決まりでしょ?どーせ。わかりきってるのになんで毎年何十人もノミネートするのかなぁ。
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

速報:試合終了

カールスルーエ 0-1 バイエルン

スコアレスで終わる気配濃厚、イヤ~な雰囲気の中…。86分でした。

ミロー!
 

ミロー!
 

ミロー!
  

\(≧∀≦)/

リアルで叫んじゃいましたアタシ。一時はどうなることかと…

081018_miro_2 出た!

今晩はいい酒飲めそうだ…(^。^)ホッ

続く!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/10/18

速報:ハーフタイム

カールスルーエ 0-0 バイエルン

びみょ~ですな。

ファンブイテンはやっぱりベンチでした…が。
カーンが観に来てるよー!♪隣はパパさん?里帰り中なのかも(^∀^)
ファンボメルがアグレッシブタックルでイエローゲット!…ちょっと嬉しい。ゴメン
(でも2枚目には気をつけろよー)
キャプテンマークをバリッとはがしてたのが気になりますが…イエロー1枚でまさか交代じゃあるまいね(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リーガ再開ですよ~

モリモリ更新しちゃってます。こんな日もあります。てけとーにつまみ見てくださいませ。

さて、代表ウィークが終わり、リーガ再開です。CLもありますよ。まだまだ忙しくなりそうです。
すっかりふてくされて、バイエルン愛なんかもう知らんもんね、と言いつつも、みんなが集まってトレーニングしてる姿を見るとやっぱり「お帰り~♪」な気分になるのであります。選手をバラバラに応援するのも楽しいけれど、やっぱりチームで見ていたいですよね。
はやいとこ快勝街道に乗って、いい雰囲気の中でモエモエ言わせて、じゃないわ、力いっぱい応援させておくれ…

と言ったそばからまたもピンポイントなエコヒイキ

081016_fcbtv3
ファンボメルのギャハハ笑いが帰ってきた!うれしいです。ファンブイテンもさりげなくフレームイン!☆

081016_fcbtv4
かがんじゃいました。

CLリヨン戦前後、ローテーション制がどうのこうの、キャプテンなのになんでベンチなんだと騒がれていた頃はこんなでした
Dsc05402
たまたま点けたらたまたま放送していた「CLハイライト」#5より。まあ、こんな表情の映像を使うんでしょうけどね。

今晩の試合ではファンボメルを使うことをクリンスマン監督は名言しました。
たぶんホメてくれていると思われる監督のコメントがあちこちに出てますが、読みませんよ。さんざんホメちぎった後でベンチに座らされた、CLリヨン戦やボーフム戦のことがありますので、すっかり用心深くなりました。
だけど今日使われることは、本当に、とても嬉しく感激しております。
ここはなんとか、「やっぱダメじゃん」ということでベンチに逆戻りすることのないように、期待に応えたアグレッシブプレーで勝ち点3をあげてほしいものです。今夜はヘンに緊張しながらの観戦になりそうだ…

ところで、今週の「CLマガジン#6」で、エッフェンベルク兄さんがトークしてました。
ブンデスリーガで絶不調のバイエルンについてあれこれ批評したり、俺は世間からバッドボーイと言われたがピッチで結果を出せばそれでいいのだ!など語ってましたが、キャプテン問題についてもすこし言及しておりました。
「クリンスマンのローテーション制を批判した」という切り口でした。話題としては少し前のような気がしますが、時期的にずれが生じるのは仕方がないですね。
個人的に気になるテーマですので、ちょっくら書き取ってみましたよ。吹き替えなので、セリフや声がやけに紳士的なのがちょっとオカしいです(^_^;)

「監督が指名したキャプテンは、どんな時でも監督と共に戦い続けるべきなのです。少なくとも私の時はそうでしたし、カーンがキャプテンとなってもそうでした。私たちはアンタッチャブルで、ポジションを確約されていました。チームも、誰がキャプテンでリーダーなのかちゃんと認識できますからね」

Dsc05399
スキだな~、このカーンの横顔…ウットリ。
エッフェさん、はたしてファンボメルは、アナタやカーンのように、アンタッチャブルで絶対的な存在になれますでしょうか…?

ファンボメルのことや、チームの勝敗が最も気がかりではありますが、個人的には、ファンブイテンがどうなるんだろうということも心配です…4バックシステムでボランチにボメルが戻るとなれば、CBはミーチョとルシオになるんだろうし……
ベンチに座っても文句ひとつ言わないステキな彼のそこが好きなんだけど、ボメルと違って「なんでブイテンがベンチなんだ!どーなってんの!采配おかしい!」とは誰も騒いでくれないところがまた寂しい……切ないっすねぇ、なんとかなりまへんか。

そんなわけで、同じ「CLマガジン」で映ったこんな映像
Dsc05397
「えへへ」
ベロ出しダニエル!
CLでゴール決めた時のものです。
こんな表情もなさるとは。ちょっと貴重かも?ほんの一瞬なので一時停止がむずかしかったです。ベロ出してる相手は、よくわかりませんがミーチョではないかと思われます。

ということで、今晩は、アウェーでカールスルーエ戦です。
去年は、カーンが古巣で最後の試合、ということで、アウェーでありながらファンたちが「お帰りオリ」のメッセージを掲げてカーン感激、という、ハートじんわりエピソードの末に1-4で快勝しましたが、さて今年は…。
バイエルンから絶賛貸し出し中のゲルリッツ&チェロッティが出るかもよ、ということでそちらで盛り上げてるみたいです。

そして、フジさんの方の生中継カードは、キター!フランクフルト対レヴァークーゼン!(たぶん→)今季初!TVdeアドラー!(^∀^)代表戦で大活躍したので、めちゃくちゃ注目が集まるでしょう…。わくわく!

更にーーーーーーーー!!!!!

なんとなんと!第9節&第10節のフジさんの放送カードは!

25日(土) バイエルン 対 ヴォルフスブルク
29日(水) フランクフルト 対 バイエルン

2節続けてのライブ放送~~~~~~!!!(゜∀゜)
やったぁ~!今年はGAORAさんがあるので、てっきりフジさんではバイエルン戦の放送はないものと思ってました。ありがとうございまーーーす!!そして、その分ワリを食ったチームのサポの皆さまにはちょっとだけゴメンナサイ。
…って10節の試合は真夜中じゃん。までもいいや、何日も放送日を待つことなく、すぐに見れるもんねー♪ウキウキ。

そして、21日(水)のCL・フィオレンティーナ戦もライブ放送です!(やっとか)こちらも忘れずにチェケラッチョしなくては!

…なので、せっかくの生中継なのだから、いい試合して、勝ってね…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダニボメオリレネのW杯予選・デタラメレビュー

気が多い、スキな選手が沢山いるのは楽しいことだけど、タイヘンです(汗
みんなが同じ国の選手なら多少はラクなんですけどねぇ…。
いや、なんべんも言いますが、ワタシにとってのナンバーワンは相変わらずオリカーンなのです。なのですったらなのです。なのでカーン様のお言葉は後ほど、じっくりゆっくりかみしめるのだ…。ということで、ZDFで解説をしたカーンのドイツ代表に対するコメント、まだ殆ど拾えてません(^_^;)
早くしないと見失っちゃうし、代表選手皆さんクラブにお帰りで、今さらW杯予選もないだろうよ、ということなんですが、W杯予選、その他レビューです。

----------

ファンブイテン(べルギー代表)

11日のアルメニア戦では既報の通り出番なし(トホ)。
満を持して?出場した15日スペイン戦では1-2で敗戦…(泣)しかも後半で交代(泣)怪我じゃないといいんだけどと思いつつ怪我だったなら仕方がないという言い訳もたち複雑なところで結局どうなのかわからないのですが、少なくともバイエルンサイドから怪我情報はないようです。

せめて写真でも~!と思いつつ、あまりいい写真が見当たらず、日本のメディアに上がっているのは当然「スペインやったね♪」レポばかりでして、やっと見つけたのがこれ(ダニエルが小さいので写真を大きくします)

081015_daniel
ソンクによる、ベルギーの先制点のシーン(たぶん)。ファンブイテンは左端に…。

ガックリきちゃう、スペイン・イニエスタの同点弾レポ「スペイン代表イニエスタ「今までで最高のゴール」」に、添付されていた写真がこちら
081015_buyten トホホ

更に、「すぽると」における、W杯予選水曜開催分のかんたん紹介で、スペイン代表みごと勝利!のVに登場した、イニエスタの「今までで最高のゴール」に登場したファンブイテン

Dsc05406
セスクからのスルーパスに反応、ゴール前まで切れ込むイニエスタ!DFもGKもかわしたところに、最後までなんとかしようとスライディングで飛び込んできたのはファンブイテン。

Dsc05405
しかし角度のないところから華麗に決められてしまう…。一瞬だけこちらに顔を向けてガックリ…モエません(泣)でもちょっとステキ(←しょーがねぇなー)

----------

ファンボメル(オランダ代表)

081015_bommel5
鼻が赤いぞ。

オランダサイトにアップされていた、ノルウェー戦でのゴールの感想…
めんどくさいのであまり検索してませんが、かんたんに。
…ですが、全然わかりません(大汗)毎度おなじみ自動翻訳頼みですが、英語に訳しても日本語に訳しても、過去最大級のワケのわからなさでした(汗)
なので、「多分こういうことなんだろう」とカンペキにヤマ張った上での、もう訳なんてもんじゃありません、すでに想像妄想100%です。絶対に信用しないでください(←ならアップするなよ)。
「ゴールは悪くなかったね。本当に嬉しいよ。その瞬間、(シュートは?)思いのほか速かった。テクニカルに決めようとしたんだ。全力を尽くせば一瞬で決まるものさ。コーナーにうまく入ったね。(“彼の親友”オーイェルがサイドラインの外にいたらしい)彼がラインの外に出ていたのは見た。でもオフサイドポジションじゃなかったよ。30分以降はゲームはちょっと浮き沈みが激しかったね。(勝ち点が)3から9になったのはいいことだよ。でもまだまだ。この勝ち点では恐い。みんなで、なるべく早く更なるポイントが欲しいところだよ。この素晴らしい感触をミュンヘンまで持って行きたいね」

そんなファンボメルは、クリンスマン監督が、このゲームを見ていてくれたらいいなぁと思ったとか、どうとか。
とりあえず、クリンスマンは、次節はファンボメルを使うことを早々と明言したようです。バイエルン公式より。

---------

カーン&アドラー(ドイツ代表)
ええとええと、番組内でもアドラーを称賛したらしいカーンですが、うそかほんとか、やっぱり、ロッカーにアドラーを訪ねていったらしい??
毎度のtzに出てます…。「ウェールズ戦&カーン」のニュースでワタシが拾ったのは今のところこれだけです(汗)あとは時間のある時にじっくりゆっくりと…ムフフ
個人的に言葉をかけようとアドラーの元へ向かったらしいカーン。カーン自身のコメントはありませんが、アドラー経由で少し上がってます。かなりうれしかったみたい?
「今日のパフォーマンスはバイエルンのゲームみたいだ。キミは今のままでいい。けれど、いざピンチになった時は100%の力を必要とされるのだぞ」とかなんとか(←ゴメンナサイ超テキトーです)、お声を掛けられ、「オリカーンみたいなのにホメてもらえるなんて僕カンゲキ!」的なウキウキ感あふれるアドラーの感想がかわいい。
いや~ワタシも、こっそり応援中のアドラーが愛しのカーンにホメられるなんて、この上ない喜びですよ。うれしいな~~(^∀^)

嬉しいわりにはざっくばらん。もう寝なければ…(-。-)Zzz

ことのほか楽しかった代表ウィークも終わりました。またまたブンデスリーガですよ!テンションいまいち上がらんけどね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/17

W杯予選:ドイツ対ウェールズ

えへへへ、その節は、思わずドイツ代表話より先にファンボメルのゴールに盛り上がってしまい、どうも失礼いたしました(^^ゞ嬉しかったんだもん…

オワビに、アイドルっぽいラームをペタ
081014_lahm

10月15日 2010年W杯 ヨーロッパ予選 グループ4 ドイツ 1-0 ウェールズ

081015_germanywalesfj
交代:ヘルメス(46クローゼ)、フリッツ(64フリードッヒ)、ゴメス(82ポドルスキ)
サブ:ヴィーゼ、タスキ、フリンクス、ロルフェス

得点:トゥロホフスキ(72)
カード: リケッツ

081015_ballack
「あなた大変!この子熱があるみたいなの、医者に連れてった方がいいかしらオロオロ」「どれどれ、ちょっと貸してみなさい」

なんちゃって。トゥロホフスキ、代表初ゴール、おめでとう!(意外(゜o゜))

いやいや~、勝ちましたよー(^∀^)
こないだの激動の(?)ロシア戦よりも、「よくやったぞキミたち」感が強いです。それぐらい、厳しいゲームだったと思います。

とにかく、初めから終わりまで攻め攻めだったドイツ。あらゆる方向からあらゆる選手があらゆる形で、ウェールズゴールを目指します。
基本いつものように、ショートパスつないでつないでどうでしょう、でしたが、時には業を煮やし系放り込みミドルとか、あるいはそうではなく狙い済まし系ハンマーシュートとか、こぼれ球狙う泥臭系とか、主にラームやシュバやトゥロのクネクネ切れ込みからのビューティーシュートとか、個々の能力も織り交ぜつつ、雨が降っていることをあまり意識させない、きちんとしたミスの少ないプレーで、ていねいにゲームを作っている様子がワタシには好感でした。
しかし、ウェールズの徹底した守備体制は本当に見事で、どうしてもどうやっても決めることができません。

だけど落ち着いて見られたのは、選手たちも落ち着いていたから。最後の最後までよくぞキレずに、そしてあれだけボールを持たされていたにも関わらず、スタミナと集中を切らすことなく乗り切ったものだ。
そこのところが、後半になってバタついてしまったロシア戦から修正された点だったよーな気がします。

じりじりする時間が続きましたが、むしろ、こういうゲームを制することで、本当に実力があるかどうか、強豪と呼べるかどうかが試されているのではないかと思い、じっとガマンでありました。
後半からは向こうも疲れてきたのか、前半に比べて若干中盤に間延び感も出てきたことだし、こつこつやっていればいずれ結果が出る予感はありました。
キレキレノリノリ、みんな最高!というほどではありませでしたが。まあ、そう悪くなかったと思います。

081015_helmes
ヘルメスがんばるの図

そんな中、トゥロホフスキがやっとこ決めてくれました。
シュバインシュタイガーからのショートコーナーから、見事な切り返しで粘りに粘って目の前の選手をかき回してひっぺがし、シュートコースが開いたところを、一見の価値ある、美しい弾道を描くビューティーミドルをついにゴールに吸い込ませた!素晴らしい!!それまでも今日はかなりキレた動きを見せていたトゥロホフスキ、せっせと続けていた攻撃がついに実を結んだものであります。

…守りは相変わらずザル気味だったのは毎度のことですが…。でも、だんだんマシにはなってきているのかな。相手の攻撃力にも助けられた?
まぁ、楽しく攻めるのもいいけど、みんなで守備意識をもっとがっつりして欲しいなぁと思うのは変わらず。

個人名を挙げるのは心苦しいのですが、アルネはかなりヤバかったですね。
例えばラームもかなりのザルですが(ゴメン)、それでも攻撃面での貢献はワールドクラスだと思いますし、メルテザッカーヴェスターマンはセットプレーの時に戦力になります。
しかし今日のアルネは、さほど攻撃参加するでもなし、守備にいたっては、普通ならピンチになり得ないようなユルいボールに対しても反応が鈍く、あっという間にシュートまで持って行かれてしまったりなど、攻めも×守りも×、でいいところなしだったと思います。途中で交代退場しましたが、戦術的なものではなくて調子が悪かったからではないかと。
どうしちゃったんだ…。心配。ヌテラ・ジンクスか?(ヘンな命名するな)

アドラーは今回も良かったです。出番は少なかったのですが、しっかりと落ち着いたプレーで、ファインセーブもあり、アンタもう正GKに定着しちゃってもいいんじゃない?と思いました。(ごめんエンケ…)
1回、そのアドラーさえもぶっちぎられてしまって最大のピンチを迎えましたが、ここはラームがクリア!ザルだザルだと言っちゃってますが、ナニゲに、こうゆう致命的なピンチを救う仕事をする確率が高いような…。これだからラームは外せないのですよ。

カーンの解説コメントはこれから探すのですが、とりあえず、試合前?に、2010年W杯でのドイツ代表GKとして、まだ誰とは断定しないものの、アドラー、エンケ、ヴィーゼの3人の中では「アドラーが最も近い位置にいるね」とおっしゃったそうです。カーンも太鼓判を押すアドラーの今後に注目だ!
ここにノイアー、復調したヒルデブラント、そして願わくばレンジングが食い込んで来たりしたら、どえらいホットなことになりますが、さてはて(^ー^)。
でもできることなら、やっぱりアドラーを推し続けたいねアタシゃ。

そんなカーンがロッカールームにアドラーを訪ねたらしい??という記事をチラリと見たのですが、これから読むので詳細は不明です。でももしそうなら、アドラーはうれしかったにちがいないよ。

まあ、何はともあれ、無失点で、ドローに陥ることなく、苦しみながらも勝利したことはいい結果だったと思います。
攻勢でありながらわずか1点しか取れなかった、ツメが甘いのでは、ということで、試合内容自体は、あまりホメてもらえないかも知れませんが、ワタシ的にはこういうゲームでも勝てたことは評価してあげたいなぁ、と思います。

堂々の、と言ってもいいかしら?グループ単独首位!
11月に親善試合イングランド戦がありますが、公式戦としてはこれが今年最後となりました。
クラーニィのこととか、あと今回、フリンクスが殆ど使われなかったことで議論が起きているようですが、とりあえずは。
よくやったぞ、キミたち!お疲れさま!と言っておきましょう。

081015_hitzlsperger
ということで早くも新春かるた取り大会に向けてイメトレ中(うそ)
「あをによし~」「はいっ!」

081015_germanywalesj

おまけ
081015_jones
今日もスタンド観戦のジョーンズ。ブレッツェルでも食べてないとやってられません。

081015_marin
マリンちゃんも来てますが…。隣のふっくら系女子はカノジョですか?

もひとつおまけ。ロシア戦の時に貼ろうと思って忘れてた衝撃フォト
081011_arshavin

アルシャヴィン。腹が!!!!!乗ってるぞ!

----------

ちなみに、この試合に先立って行われた、EURO・U-21大会へのプレーオフでも、ドイツ、試合終了間際90分、ヘーヴェデス(シャルケ)のゴールでみごとフランスに勝利!本大会出場決定!!おめでとう!!やったね!
…と言いつつ、ハイライトも見ないし知ってる選手半分もいないし、まるでノーチェックなんですが(^皿^)それでもやっぱりうれしいもんです。

081015_u21
はいはいパフォで盛り上がったのか?

[追記]
と、呑気に構えていたら、フリンクスが「代表なんか辞めてやるー!こんにゃろう!」と吠えているそうな…(T-T)
クラーニィに続いて兄さんまでそんな、やめてぇ~~~~~(>_<)
どうなっちゃってるのさドイツ代表、なんかホコロビが(汗)EURO前のヒルデブラントへの対応あたりから、レーヴ監督&Co.によるチームのコントロール具合がおかしなことになってきているような。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/10/16

取り急ぎ:アイツが代表ゴールを!

ドイツが勝利したので気分よく、他国の結果をcheckしておりました。あ~やっぱベルギー負けたか…でも惨敗じゃないみたいだからまだいーか…トーレス怪我させちゃったのねゴメンね…、ってダニエル後半で下げられてるし(泣)、など思っていたら、

ノルウェー 0-1 オランダ

この日唯一の、そして決勝点を決めたのは、ふ、ふ、ふ、

ファン
 

  
ボメル―――――!!!
 
     
(T∀T)
 

081015_bommel_4

081015_bommel7

081015_bommel6

081015_bommel3_2

081015_bommel2

うわうわうわわわわわわ!ヤバい、ドキがムネムネして(←古)なんかちょっとだけ泣きそうなんですけど。
超私信:クゥシィさんavondroodさん見ましたかー?!アタシは見てないけど(涙)クゥシィさんなんか感激のあまり腰抜かしてむせび泣き中では…?(笑)

「ファンタスティックなゴール」ですって!
いかん見たい、見たい見たいゴールシーンの動画見たい、どこで見れるんだバタバタ、ようつべかな?やっぱり…

嗚呼アタシどうしましょう、ドイツ戦の話もしたいのに、カーンのコメントも集めなくちゃいけないのに、…。

と、と、とりあえず、ゴメンナサイ東風さんのマネッコですが、全国1億3千万のボメラーの皆さん、ワタシとアグレッシブなハイタッチしてください!してちょーだい(^∀^;)/
 
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今夜も欧州予選がありますよ

(※未明に書いたので日付が16日になってますが、感覚的には15日のつもり。で、「今夜」になってます)

らくがきしたり、日本対ウズベク戦を見たりしたものですから、更新が遅くなりました。ネットもあまりしてません。
それにしても、久々に前のめりになって「行け行けオリャー!」「嗚呼~玉ちゃーんっ!(汗)」「なんで決めれないかっヘタクソー!」と、にぎにぎしく楽しく見たのはいいけれど、タフな試合でしたねぇ…(-.-;)あんだけ攻めてドロー、しかもたった1点という結果はどーよ…。ワタシなんか気楽なもんでして(ゴメン)、わりと面白かったからいいのですが、サポーターの皆さまは相当がっくりしたのでは…お疲れさまでした。

それはさておき

081013_adler_2
「かめはめ波~!」

ドイツ代表サポのみなさ~ん、レネレネしてますかー!?(してねーよ)
ワタクシあいにく「ドラゴンボール」世代ではございませんので、実はよくわかっていないのですが、今晩もかめはめ波で敵のシュートをばんばんはじき飛ばしちゃってちょうだいね!(^∀^)
…と、ファインセーブ連発で楽しくA代表デビューを飾ったレネ・アドラーでありますが、まぁ、そんなに過度の期待はしておりません。ただ、そつのない安定したプレーはしてくれるはず、と思っていますよ。

というわけで我らのドイツ代表、今夜はウェールズ戦です。ロシアよりはランク的には下でしょうが、ゆめゆめ、油断なさらぬよう。ロシア戦見る限り、攻撃面はだいじょうぶそうですので、守備の安定強化希望。あと、調子こいて気抜いて途中で失速しないよう、メンタル面もヨロシク。
ドイツではZDFで放送です。カーンが出演ですよ~♪(日本じゃ見れないけど…サイトのビデオコーナーでチェケラッチョだ!…理解できないけど…)
カピテン・バラックがフトモモ痛いとかで、欠場するかも知れないそうですね。
ちょっと怪我が多い印象。困るワ…

ところで、DFB公式サイトの、代表チームのメンバー表からとっととクラーニィの名が削除されておりました。対応早いっすねぇ(T_T)
まあ、レーヴ監督の処分は妥当だと思いますので仕方ないですが、寂しい話ではあります。

しかしだいじょうぶ。いや、全然だいじょうぶとかいう話じゃないんですけど、クラーニィが出演してる「nutella」のCMは当面継続されるらしいです。
どっちみち、共演のボロウスキは最近代表チームに呼ばれてないし、ヤンゼンはサブメンだし(しかもいつの間にか怪我離脱してる泣)アルネはやっと復帰したところだし…(泣)。
どーもヌテラのCMに出演すると代表に縁遠くなる、というヘンなジンクスができてしまいそうな…。せめてアルネにがむばって欲しい。そしてボロも早いとこ復帰してもらって…。

ということで久々にnutella.deをのぞいてみたら、いつの間にか新作ができていたらしいです。知らんかった。

081015_nutellakevin_2
「Walter」篇(?)オチとして出演するクラーニィ。セリフ棒読みっぽいボロウスキがカワイイ(^m^)
 
081015_nutellakevin2_2
「Flow」篇(?)こちらでもオチっぽく出演中。超ガッカリ顔のヤンゼンがツボです。

メイキング写真集もチラッとのぞいたら、気絶しそうなセクスィーショットを見つけてしまいました。
もうcheck済かも知れませんが、アルネのファンは鼻血にご注意ください!
ばばーーーーん!!!

   
081015_nutellaarne

びしょ濡れ!すけすけ!
ぼわーーーーーーー(壊)ワタクシ特にアルネファンというわけではありませんが、これはヤバいよ!(^д^)

----------

ファンボメルオランダ代表は、アウェーでノルウェーと。
ノルウェーといえばもちろんヨンセンですが(何故)、ゆうべ深夜のグランパス応援ローカル番組をたまたま見てたら、そのヨンセンがトークしてました。
足が長くて、ほどよいおっさんフェイスで、なかなかカッコいいなと思いました。それだけですけど(^_^;)
…いや、もちろんオランダ応援です(ささやかに…)。ファンボメルさえ元気に活躍してくれれば勝敗は…いやいや負けたらヤツだって楽しくないだろうから、勝ってちょうだいね(^ー^)、もちろん。

----------

けど、個人的にもっとも心配で気がかりなのは実はベルギー対スペインだったりする・・・・・・
どうやらファンブイテン出るみたいです(多分)。

ど、ど、ど、どーしよう(゜□゜;)

ホームに迎え撃つとはいえ、相手は欧州チャンピオン、この予選でも飛ぶ鳥を落とす勢いで驀(ばく)進中のまさに最強、無敵艦隊スペインですよ!
嗚呼~~~どうしようどうなっちゃうの(汗)
全世界がおそらく、スペインが華々しく大量得点で圧勝するのを期待しているに違いない中、ベルギーがどこまでもちこたえられるのか・・・・・・
一応勝てばグループ首位になりますが…。いえ、もとより勝てるなどとは思っておりません。
せめてせめて、ファンブイテンが恥をかかずに済みますように、トーレスにぶっちぎられませんように、4点とか5点とかアホみたいなスコアで失点しませんように、わ~~(>_<)
と、にわかベルギーファンみたいなことを申してますが、ベルギー代表で知ってるのはファンブイテンとコンパニーだけだったり(^皿^)しかもそのコンパニーすら、名前と顔が一致する、という程度だし(ヒドい)
いやはや、こんなエコヒイキ丸出しのお願いされてもサッカーの神様もさぞ困るでしょうが…(苦笑)でもそこを、な、なんとか!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/14

クラーニィ、と、なぜかシュバ

渦中のクラーニィが昨日記者会見を行ったもよう。

081013_kuranyi
カッコいいですよね。クラーニィイケメン論は、賛否両論ぱっかり二つに割れてるんじゃないかと勝手に想像してますが、イケメンかどうかはともかく、ワタシは、「クラーニィはカッコいい」派です。

発言内容が気にはなるのですが、なかなか日本語訳ニュースなどがアップされませんので、ムリから自動翻訳ナナメ読みしたところによると、みんなに迷惑をかけて申し訳なく思う、あの行動は間違いだった、弁解のしようがない、チーム自体はいい雰囲気だったのに、と認めた上で、しかし代表を離れる判断は変わらない、的なことを話したもよう。

そして「自分が別の世界にいるように感じている。とても、とてもむずかしい状況だ。なんの希望もない」と、すっかり心が傷ついた様子をうかがわせるコメントを。
でも監督個人には恨みはない(←大事なところですが自信なし)、だけどもう耐えられなかったんだ、これからはシャルケでの仕事に集中したい、というようなことを語ったようです。

かわいそうに・・・・・・(涙)

プロ選手たるものうかつにキレたりするもんじゃないし、クラーニィの今回の行動は支持できるものではありませんが、悩める思いには同情したいです。

081013_kuranyi4
シャルケのファンが「ケヴィン、僕たちはキミを信じてるよ」のメッセージを掲げる。手前の女性の切なそうな表情がたまりません。うぁ~(ToT)

元気出して、クラーニィ。よそ者のワタシには、リーガで暴れて発散してくれい、としか言いようが…。続きはシャルカーの皆さんやクラーニィ個人のファンにお任せします。

(追記:日本語訳出ました。今のところココがくわしいかもです。)

  
しんみりしちゃったのでネタ劇場
(不謹慎ご容赦…落ち込み中の方々はご注意ください、ゴメンナサイ)

081013_kuranyi5
スポンサーだかなんだか知りませんが、マジメな話をしようというのに、机の上にいろんなものがとっ散らかってて、緊張感なくなりますね~。
ビールらしきものとジュース類が大量に、あと、よく見えませんが、クラーニィの前に置いてあるのは…ひょっとしてドーナツですか?マネージャー自ら「コーヒーのおかわりいかがですか~」と注いでくれてますよ

081013_kuranyi3
小顔の秘訣は、今をときめく「造顔マッサージ」。

081013_kuranyi6
「思い切りグイグイやるのが肝心です」

----------

いっぽう、代表チームでは監督&ラーム&ポルディの記者会見があったもよう

081013_lahm
熱弁をふるうラーム!「ケヴィンがいなくなったのはざんねんです彼はがむばってたのにでも僕たちはいっしょけんめいやるだけですチームの調子はいいですウェールズ戦ではもっとコンパクトになりますクラウディアはカワイイですベタぼれですヒゲは評判悪いので剃りましたコリアンダーは昨日ダンナと飲みに行って酔っ払ってオランダに海はあるのかとかアホなことを聞いてました、んとんとそれから、…皆さん聞き取れてますか?」(うそ)

081013_poldi
クラーニィの気持ちが痛いほどわかるだろうに、今日も果てしない笑顔のポルディ。ひたすら申し訳なくて、逆に悲しくなります。いちドイツ代表ファンとしては楽しませてもらってますが、バイエルンファンとしてはもう、キミにかける言葉が出てきません…(泣)

また(泣)になってしまったので、話題を変えます。

----------

welt.onlineさんに、シュヴァインシュタイガーのインタビュー記事が出ました。
チームの状況が厳しくて暗いムードでも、僕にはカノジョがいるからだいじょうぶ♪とか、バイエルンやクリンスマンのこととか、株価暴落でなんか損したりしてない?(唐突なので全然違うかも)いや平気だよ~、とか、なんだかいろいろてんこ盛りの、かなりのボリュームなので全部読み切れませんです(^_^;)

なのですが、カーンについて語っているところがあったので、思わずピンポイントデタラメ想像デフォルメ訳(意味が全然違ーう!という箇所がありましたらやさしくご指摘ください)

----------

シュヴァインシュタイガー:オリヴァー・カーンの不在は至るところで感じます。ピッチにいないことを寂しく思うし、特に僕は寂しいです。未だに慣れないのが、今、オリヴァーじゃなくてダニエル・ファンブイテンがロッカーで僕の隣にいることです。だけど運がいいね、ダニエルはオリほど横幅がないんだ。オリはいつも僕の方へタオルを押し倒してきていたから、それで僕は彼に、スペースが必要かどうか、僕は立って着替えた方がいいのか聞いていたんだ。

彼が恋しいですか?

シュヴァインシュタイガー:オリヴァー・カーンようなタイプは、僕やバイエルン・ミュンヘンだけでなく、リーグ全体が不在を残念に思っています。僕は彼が上手くいっていること、そして人々が本当のオリヴァー・カーンをだんだん認めてきていることを嬉しく思っています。最終的には(彼への?)共感が戻って来ました。さらに、僕は彼がゲームのコメントをしているのをよく探し出します。

どうしてですか?

シュヴァインシュタイガー:なぜなら、彼は、ピッチで何が起こっているのか、そして選手の心の中で何が生じているのかを知っているからです。

----------

フフフフフ(^ー^)。シュバによる、オリカーンおもしろ伝説&ラブラブエピソードがまた出たのがウレシイです。
タオルを押し倒す、ってよくわかんないですが、なんとなく、ロッカーのベンチの上に積んであるタオルの山が、カーンが腕をぶん回して着替えるもんだから、隣にいるシュバのもとに倒れてしまっている図を想像しました。それで「オリ~もぅ~、オレ立って着替えるからさ~」「すまんな~」とか、笑い合ってる姿を想像して……ちょっとホロリときます。
この調子でカーンのおもしろネタをどんどん披露してね~

そして、カーンのコメントをチェックしているらしいシュバ。何度も言うが、イイ子だホント…。オリイズムを身に沁みこませて、立派な選手になるんだよ。ドイツ代表をリードして行く選手になるであろうことを、心より期待しているぞ!
 
(これはやっぱり「カーン」カテでいいんですかねぇ?)
 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/10/13

W杯予選:ドイツ対ロシア

クラーニィはどうやら、ベンチ入り18名にすら入れなかったという、代表での自身の扱いに不満があり、無断で荷物まとめて帰っちゃったらしいですね。しかも試合中?試合後か?そこんところがまだわからんのですが・・・。そらカントクも怒るわな。
[追記] 帰っちゃったのは試合中、荷物まとめたのはお友達だそうです。

チームに与える影響はどうなのかとかとか、気がかりはありますが、とりあえず楽しい勝利の話を

10月11日 2010年W杯欧州予選 グループ4 ドイツ 2-1 ロシア

081011_deutschlandrusslandfj
交代:ゴメス(71クローゼ)、フリンクス(83トゥロホフスキ)、ロルフェス(90+3ヒツルスペルガー)
サブ:ヴィーゼ、フリッツ、タスチ、ヘルメス

得点:ポドルスキ(9)、バラック(28)、アルシャヴィン(51)
カード: ズィリヤノフベレズツスキー

081011_adler5
守護神には手が4本生えているのだ!(うそばっかり)

081011_ballack3
キャプテンにも守護霊が憑いているのだ!手がいっぱい!
(クローゼが埋もれてるだけだから(T∀T))

すみません、浮かれてしまってついおふざけを。

いや~素晴らしい試合でした!…前半は。
本当に、わくわくウキウキする、つないでつないでどうでしょう、ミスなし抜け目なしトホホなし、どこまでも華麗に楽しくどんどん行っちゃう我がドイツ。
バラック帰ってきたキャー☆さすが彼がいるとピッチに漂う空気感が違います。なんとなく安心感が。復帰おめ!のアルネもいい攻撃参加を見せます☆ラームトゥロのちびっこコンビもモエモエキレキレ☆う~ん、いや、みんないい!みんなちがってみんないい!って、どっかで聞いた言葉が思い浮かんでうかれてしまうほど、こんなにステキなドイツ代表、一体いつ以来なんだろうか。少なくともEURO大会中にはなかった……

まあ、基本攻め攻めですので、あまり守りの面に目が行くことはなかったのですが。中盤はいざ知らす、しかしいざそこを抜かれた時のドイツの最終ラインは、やはりちょっとモロい感じはありましたね…。(前半は。後半は中盤も最後尾もみんなヘロヘロでしたので)

だけど、いきなりの大一番に代表デビューとなった、本日のおすすめ、じゃないわ、大注目のGKアドラー。この日をこっそり待ち望んでいたワタシでありましたが、こんなに早く来るとは思わなんだ。ユニフォーム姿だとファッションセンスが反映されないので、予想通りカッコいー♪じゃなくて、えーと。
強心臓の持ち主(←イメージ)アドラーもさすがに緊張していたのか、最初の2タッチぐらいまでは、ちょっとびみょ~な感じでしたが、ゲームが進むにつれて落ち着いてどんどん安定してきていました。

そんなわけで、ノリノリキレキレのドイツ、あのロシアを完全に翻弄!ゴールは生まれるべくして生まれたものでありました。

リプレーとかままならないのでオボロメモだけが頼りなのですが
ヒツルスペルガーアルネシュバがヒールで。オシャレ!→クローゼが受け取って粘り→ポドルスキへ!ポドルスキは3人ぐらいに囲まれていたようですが、そこをスルスル~と抜け出してサラリと決めた!うまっ!さすが!(゜∀゜)そーなのよやればできるのよアンタ、…いや、わかってるけど。
ブンダバー!と、Gol.tvのおっさんも英語人なのにドイツ語でホメてくれてます。

081011_poldi
よっ、日本一!じゃないわ、ドイツ一!(←掛け声としてはいまいち)

081011_schweini
シュバも頑張ってるもんね!…別に大事なシーンではないけれど、なんかカッコいいので貼りたかっただけです。

2点目ー!
ラームトゥロホフスキシュヴァインシュタイガーへクロス、これをシュバがナイスコントロールで空いたスペースへ落とし→左足でちょん、と軽く蹴り上げ(こういうのをチップキックと言うのでしょうか?←無知)中央へクロス!クローゼ…には合わない、が、狙いはそこではなかった?ドドドドッと乗り込んできたのは我らのカピテン・バラックぅーー!!流れに乗せてそのまま「あらよっ」と、押し込んだー!
くわ~~~、このシュバとバラックの呼吸にシビれます!魅せますよアタシタチのシュバは!
それと、ラームとトゥロのパス交換もキレイだったし。トゥロの中央での粘りもグー!

やったぜ!2-0!どちらのゴールも、キレイにつないだ上での流れの中から生まれた、いいゴールでした。

アゲアゲムードの中、あっという間に前半終了!なんと、観客席がスタンディングオベーション!!
それぐらい、イイものを見せてもらった、という、芸術鑑賞にも通じる満足感があったということでしょう。
なんか負ける気がしな~い。ぜひ後半もこの調子で!…と、うかうかと思ってしまったのですが、待てよ。

前節のフィンランド戦でアナタたち、3-0から同点に追いつかれてましたわよね、確か……( ̄▽ ̄;)それでクローゼのハットをふいに…
うう~ぶるぶる、イヤなこと思い出しちゃったじゃないのさ。ま、まあ、同じ轍は二度と踏まない、のよね?学習しましょうね、ちゃんと?

・・・・・・・・・。
うっかり同じ轍を二度踏むところでした。

後半開始直後にラームがキレキレドリブルの後にシュートを一発放った後はもう、お疲れなのか楽勝ムードなのか、急にテンポダウンして気を抜き手を抜き、前半とは打って変わったミスあり穴ありトホホあり、で、

アルシャヴィンのゴーーール!

どうにもアルシャヴィンは敵ながら憎めないヤツなんだけど、なんだどうした、どーなったんですか。
ヴェスターマンがクリアボールをラームへ、状況的にちょっとその判断もいかがなものか、ではありますしそしてラームもそのボールをさばけず、目の前の敵に渡してしまう形。ダルいボールを奪いとったのはアニュコフ!ドリブルで持ち込み角度のないところからシュート!アドラー一応ブロックはするのだけど、ボールは後ろへ流れ、待ち構えていたアルシャヴィンにしてみれば、入れるだけのかんたんごっつぁんゴール。
待てゴラー!なんでアルシャヴィンが都合よくそこに一人で立ってるんですかっ、こらアルネーー!何をボヤッと見てるだかもぅ…

( ̄△ ̄;)

がぜん勢いづくロシア!ついにヤツらが目覚めた!消えてたと思ってたアルシャヴィンが存在感モリモリ、ぐりんぐりん前線をかき回す!他のみんなも、さあ行っちゃうもんね走っちゃうもんね、どんどん攻めるんだもんね守りだって速いもんね、これがロシアンサッカーだ見とけおりゃー!
ひぃい、やめてぇー

…ちょっと大げさでした(^_^;)。しかしそれでも完全にロシアにゲームを掌握された感のあるドイツ、ハラホロヒレハレ、前半のノリの良さはどこへやら、あわてふためきピッチ内に動揺がドヨドヨと押し寄せる。それでもここはホーム、たまにはボールを支配することも。しかし、流れに乗るか?と思われても、前半で体力使い果たしたのか、どうにもフィニッシュまでスタミナが持たない。集中力も著しく欠如してしまってました。

ズルズルと自陣に下がりがちになり、防戦一方。ピンチの連続。ハラハラドキドキ、いや、そんなスリルはいらんねんー!
決定的と思われるシーンを何度もしのぎきったのは、最後まで体を寄せてなんとか水際でぎりぎり阻止していたヴェスターマンと、そして、新守護神降臨?!レネアドラー!

081011_adler6

セットプレーから始まったゴチャゴチャボールもナイス判断でストップ!CKもがっちりキャッチ!危険なシュートも横っ飛びでセーブ!
大切な代表デビュー戦を勝利で飾るべく、と、そう思ったかどうかは知らないが、とにかく、素晴らしい集中力と的確な判断でファインセーブ連発!

そんなアドラーによる、期待を上回る活躍もあり、後半は本当にへなちょこ軍団に逆戻りしかけたものを何とかどうにか、1点リードを守りきり、ドイツ、ロシアの猛攻に耐え逃げ切り成功!勝ち点3!
ふわ~~~心臓に悪い…。ロスタイム3分が長かったこと…。

まぁ、前半はあんなに素晴らしかった、ここ1年ぐらいのベストゲームに数えてもいいぐらいだったのに後半の失速は何やねん、守備はあいかーらずトホホだし、と、反省すべき点はあると思いますが、結果だけなら、ロシア相手にホームでがっちり勝ったのはヨシ、でしょう。大事なのは内容よりも勝ち点!
…でもなるべく、次回からはもう少し鉄板勝利希望します。ウェールズ戦ではヨロシク!カーンも見てるぞ~~~(←効力なさそう)

それはそうと、ロシアのファウル、キツかったですね。怪我人出なくて良かったです。

081011_alle2
あっちこっちでウットリ抱擁の花が咲く(なんのこっちゃ)

081011_germanyrussiaj

 
おまけ
081011_ribery 初めて見るユニだ。
ゴール決めたのよ~ん♪
あのアホ監督で、かつクペがいないフランスにはあまり食指が動かないざます。15日になんとか、とか言ってますが、どーせアホは続投だろうし。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/10/12

勝った・・・

ドイツ 2-1 ロシア

081011_adler3_2

やったぜアドラー!!!!!

081011_ballack

わくわく、のち、はらはらどきどき、タイヘンな試合でした…。どうなることかと。
いや~~~~~~~し、しかし、キミたち一体どうなの・・・。
でも、ワタシのドイツ愛がよみがえったのは確かです。

続く!

ちなみに
081011_oranje 猛者軍団参上。
後ろ髪引かれたコチラも、アイスランドに2-0できっちり勝利。ファンボメル、90分フル出場(^∀^)。活躍できたのかなー

ベルギーもアルメニアに2-0で勝利、ですが…
081011_daniel
ファンブイテンは90分間ベンチ。つまんねー。(温存か?)

[追記]
レーヴ監督が、「もうクラーニィは代表に呼ばん!」と言ってるみたいです。ちゃんと読んでる余裕がないのでさっぱりわからんのですが、どーしたのか…。心配。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

祈!アグレッシブリーダー復活!

いやはや、昨日は浮かれてしまって、思わず、ドイツがロシアにボコられてもかまへんで~、などと申してしまいましたが、もちろん!我らのドイツ代表です、勝って欲しいに決まってますよそーですとも。

そういえば、パブリちゃんパブリュチェンコは怪我かなんかで来てないんでしたっけ?どこかで小耳にはさんだよーな気がするのですが…(えーかげん)

とはいうものの、何が何でも必勝祈願!というほど肩に力が入りませんで、純粋にわくわく楽しみにしちゃってる面があります。ちょっと不謹慎かも。今のドイツの守備力はかなり不安ですが、白熱したいいゲームをしてくれるといいな~と思います。そんな呑気なこと言ってるくせに、負けたらきっとむちゃくちゃ悔しがるんだろな…

で、昨日、アドラーの髪型がノイアーと同じなんではないかと申しましたが、さてどうでしょう、ということで比べてみようというアホ企画

081010_adler3

081006_neuer

分け目が逆でした。

そのノイアーは昨日、U-21のプレーオフで、フランスとホームで1-1とドローだったそうです。なんかミスしちゃったみたいです…トホホ
アウェー戦が厳しくなってしまいましたねぇ。でも希望は捨てずにがむばるのだ!勝てばいーんですよ勝てば!(←てけとー)

----------

さて、ドイツ代表ニュースすらろくに追ってないくせに、よその国の代表のアノ人のニュースなんか調べてるヒマなんかないんだったらないんだもんね、わざわざ探したりしちゃいけないんだもんね …ということで。
「イタいテンションでファンボメル愛を叫ぶキャンペーン」(名前が変わってるぞ)は終了見込みなのですが、引き続き「ノーマルなテンションでなんちゃってキャプテン・ファンボメルエコヒイキキャンペーン」は実施中、ということで、レネネタもドイツ代表ネタもダニエルネタ(特にないみたいだし…4-4-2か3-5-2か、出番はあるのかどーなのか、ってバイエルンと同じような話してるし…ひょっとしてバイエルンの話なのかな?←読めよ)もうっかりうっちゃって、またボメルネタです。お許しを。

ここで注※何度も申しております通り、管理人コリアンダーは英語はもとより、ドイツ語もましてやオランダ語なんかABCすら読めない、日本語しか理解できないモノリンガルでございます。
注その2※ドイツサイトですらワケわからんのに、オランダに至ってはもう、ニュースサイトの信用性は全くの無知です。よって書いてある記事がガセだったとしても判断はできない状態でございます。
注その3※ということを念頭に入れていただいて、以下の文章は、管理人のファンタジックなつぶやきぐらいに考えていただいてお楽しみください。

オランダサイトでたまたま見つけた記事より……
記者会見なのかインタビューなのか状況はさっぱりなのですが、代表戦に出場するため国に帰ったファンボメル、ドイツではノーコメントを通しているのですが、オランダメディアに対してはペラペラしゃべってます。
会話形式ではないのですが、コメント部分が多めの記事をたまたま見つけましたので、そこだけ抜粋してみました。
例によってオランダ語→英語に自動翻訳したものを、勝手に意訳想像訳デフォルメ訳しております。

----------

バイエルンでの状況について
「本当に、はたから見えてることとは全く違うんだ。バイエルンでは、俺たちはローテーション制を採用している、数多くのビッグクラブと同じように。俺たちはとても沢山の試合を行うんだから、俺が控えに回ることだって起こり得るよ」

「まぁ、俺はこの2試合出場しなかった、あまり多くのものを手に入れてはいない(?)。」「俺がここで話したことはすべて、明日にはドイツ中のマスコミに広く取り上げられる。でも、あれはジャーナリズムなんてのとは別モノだ。ドイツでは、話半分のことをでっち上げて、大げさに騒ぎ立てるんだ。特にBildはバイエルンのことが嫌いなんだよ」

「さあ、俺はプレーしない、それで、満足しない。それは普通のことだと思う。だけど、かわいそうな選手がすぐさまマスコミの元へ走って行って話をする、なんてことはするべきじゃない。俺はとても素晴らしくて偉大なクラブのキャプテンなんだ。もし何か不満がある時は、自分の中で問いかけるよ。Zo doe je dat en dat heb ik dus ook gedaan.(??どうしてもうまくいかないので原文のまま )

ユルゲン・クリンスマン監督が、ファンボメルをメンタルトレーナーの元へ行かせたことについて
「全然特別なことじゃないよ。沢山のクラブが心理学者と仕事しているし。それと、俺が朝9時に長椅子に横たわって目を閉じてあれこれ、というのも事実じゃないからね。メンタルトレーナーはクラブ内を廻って、時々は選手とおしゃべりする。それ以上のことじゃないよ」

----------

この後、よくはわかりませんが、「彼との契約延長について話し合ったことはある。様子を見ようという決定となった」という、クラブ側っぽいコメントも書いてありました。
様子なんか見るなーーーーー!!!とっとと延長!それしかないんだったらもぅ~!(←全国1億3千万のファンボメルファンの叫び)

…。たとえ「名ばかり」でも「なんちゃって」であっても、ファンボメルがバイエルンのキャプテンであることに誇りを感じているらしい一文にグッときちゃったので、思わずデカ文字にしてしまいました。
不満がある時は、外にぶつけず自分と対話する…カッコいいじゃないですか。ちょっとカーンぽい。貯めこみすぎて暴発しないようにね。(奥たんお願いね。)

それで、メンタルトレーナーのフィリップ・ラークスさんとのカウンセリング?ではなくて話し合い?なんだか知りませんが、そんなことがあったとは知りませんでしたわ。
この箇所の文章には「彼(ボメル)の攻撃性」などと書いてあるのでギョッとしましたが、ファンボメルの性格とかプレースタイル等についてのことなのか、あるいは、ファンボメルがマスコミから何やかやと攻撃を受けているのでそれを心配してのことなのか、ちょっとわかりません。

まあ、そんなわけで、Bildを名指しで批判しちゃったファンボメルですが、なんか、だいじょぶですかね…。
ドイツのマスコミに対して不信感があるから話をしない、という姿勢は理解しますがしかし、我々ファンはできれば、周りの言うことよりも本人のコメントを聞きたいと願っているので、だんまりを通してもらって、考えを知る機会がないのはツラいのよ。
そのおかげでここんところ、あれこれ邪推妄想が先走ってしまって、おかしなテンションになってしまったわけでして。。。

でも母国で少し気分がユルんでる状態でも、けしてクラブや監督批判をしないところが、本当にステキです。アンタやっぱ男だぜ!(←またか。昨日サニョルにも言った)
くわ~っもう、ホレ直しちゃうじゃないのさ、どーしてくれるの…♪

と、ここで、またたまたま見つけた別の記事に、もうひとつホレ直したくなる一文を発見したのでご紹介。

----------

彼はリーダーがベンチに座ってるのは普通のことではないと認めた。しかし彼はこのことを悪いことだと捉えたくはない。「それでも、俺はプロフェッショナルとして、十分助けになる。こんな風に考えるのは間違っているんだ:みんなが負けてしまえば、俺にもチャンスがある。(次の文意味がいまいちわからないので略)」

----------

あれ?あまりぴんと来ませんでした?いや~ぁアタシにはけっこうキましたけどねぇ…。
とにかくファンボメルは今、いろんなものと戦っているのです。真のアグレッシブリーダーが復活するその日まで、見守ることしかできませんがとにかく応援しちゃうんだもんね!

0000000_van_bommel
こんな笑顔が見たいんです~

さてそのファンボメルですが、今晩はアイスランド戦です。せめてドイツ戦よりちょっと早くやってくれないかしら…と思ってたら時間丸かぶり(-_-;)
え~と、…元気に活躍してね!
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/10/11

アドラー、代表デビュー決定!

明日(カレンダー上は今日)の大一番、ロシア戦を控えたドイツ代表ですが、正GKのエンケが、練習中に手を骨折してしまったそうです(゜□゜;)うぁ~

な、なんてことを!クラブに対して申し訳が立たないことになってしまいました。そしてエンケにとっても、レーマン引退後、やっと代表の正GKの座をつかみつつあったところなのにこの離脱は、本人にとっても無念極まりないことでしょう。

と、しかし、ここで。ということは、つまり?

今日発表があったもよう。ロシア戦でついに、レネ・アドラーが代表デビューーー!!!

081010_adler
「ありがとございま~す。俺、やっちゃいま~す」
…か、カワイイ。髪切っただけで、こんな素朴な好青年風になってしまうのである。実際のキャラはどーだか知りませんが(^皿^)

ぃやったあ~~~~~!こんなに早く実現するとは!(^∀^)
ウキウキしちゃってしょうがないですアタシ、ホントごめんエンケ、ごめんティモ(ヒルデブラント)。

いや~でも正直なところ、大丈夫なんですかね。バイエルン以外のブンデス他チームのcheckをまったく怠っているものですから、現在のアドラーの調子がどんなもんかとんと存じ上げず。どうなるんだろ、ドキドキ・・・

本人の記者会見でのコメント内容はわからないのですが、昨日の、まだ決定していない時点でのインタビューがDFBのサイトに出てました。細かく読むのがメンドイので自動翻訳英文をざっくりナナメ読みしたところによると、エンケの怪我は気の毒に思う、と前置きした上で、でも準備はおっけー!大舞台でデビューなんてテンション上がっちゃうねぇ、というような前向きなことを語ったようであります。

いいってことよ頑張っちゃいなよ、これも経験。ナイスセーブを大いに楽しみにしてはおりますが、別にアルシャヴィンやパブリちゃんパブリュチェンコにボコられてもかまへんで。許す!(えぇ~~っ)
もっとも、今のところ、「ロシア戦は」という話のようですので、あんまり内容がひどいようだったら次のウェールズ戦では外される可能性もなきにしもあらず、気を引き締めてかかれよ!
(まあ、ヴィーゼは首脳陣と仲悪いらしいし、ナイかも知れないけど)

ふわ~、がぜんロシア戦が楽しみになってきちゃった。…夜中なので見れないけどね…
ドイツでの放送はARDさんのようですので、カーンの解説はないですね。残念。(カーンは15日のウェールズ戦に登場見込み)

081007_adler
それにしてもすっかりヤボったくなっちゃったなぁ。こないだはチェックのシャツ着て、アキバ系みたいで愕然としましたが…
 
081010_adler2
アホ面をキャプチャして遊ぶ。しかしこの髪型…。ノイアーとおそろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/10

今さら7節・バイエルン対ボーフム、とか

ボリュームオーバー気味です。「続き」以降の方が内容は楽しいですので、しょっぱい試合レビューはすっ飛ばしてそちらだけでもイイかも。

10月4日 ブンデスリーガ 第7節 バイエルン・ミュンヘン 3-3 VfLボーフム

081004_fcbbochumfj
交代:ポドルスキ(69クローゼ)、ソサ(69シュヴァインシュタイガー)、ボロウスキ(78ゼ・ロベルト)
サブ:ブット、ブレーノ、オットル、ファンボメル

得点:ファンブイテン(15)、カログル(29)、ゼ・ロベルト(45)、ゼ・ロベルト(68)、ダブロフスキ(83)、グローテ(85)
カード: ソサオッドフライヤーマヴライカログル

081004_masaka

一週間たっちゃった。だから放送が遅いんだってば…。
アドラーがデビューするかも知れない代表戦に向けてこちとら気分アゲアゲだというのにかなり今さらですが(その話はのちほど…)、ま、行ってみよー。

というわけで、ブレーメン、ハノーファーと2連敗中のバイエルン。今節の相手はボーフム。
去年ならいざ知らず、今年のへなちょこぐたぐだバイエルンにもはや勝ちを計算できる相手などいないのだ。ハノーファーでは手抜きスタメン組んでまんまと負けましたからね。
で、4バック継続です。そーですか。名ばかりキャプテン(自虐)ファンボメルもベンチ入り継続で、CLリヨン戦に引き続きデミケリスがボランチです。そーですか。

081004_vanbommel3
こんな表情見ると胸がズキズキします

ただ、ワタシ的に、ファンボメルより更にベンチの可能性が高いと予想していたファンブイテンがスタメン復帰なのはうれしい驚きでした。こうなったらファンブイテンにがむばってもらおうー!

立ち上がりから最後までサクサクつないでガンガン攻めるバイエルンでした。
なのになのに、結局最後が。どうしちゃったんでしょうね我らのトーニ…(-.-;)。相手GKの大奮闘のせいも多々あるのであまり責めたくはないのですが、やっぱり決定力が落ちてるなー、と思わざるを得ません。チャンスつぶしまくり。
そして相方クローゼは…。どーだったんでしょうか。あまり印象に残ってないです…。シュートシーンすら思い出せないのですが、不調継続中、というよりは、バイエルンの攻撃のターゲットがトーニ1本に絞り込みすぎたんでは?
ようわかりませんが、守られやすかったような気はします。

ただその中でもゼ・ロベルトは今回もキレキレで華麗に魅せます!リベリーも、好調時ほどではないけれどもまずまずイイ感じ、であったかと。シュヴァインシュタイガーはやっぱりいまいちです。70分で交代退場するのが定番コースになりつつあるような。寂しい。

守備は…。まあ、ねぇ。ライン高いから、カウンターやばい、精度の高い縦パスこわい、のは毎度のことでして、問題はそうさせないように中盤からきっちり守って、いざという時の最終ラインも機能するかということなんでしょうけど、今回はそんなには悪くなかったと思いますよ。…まぁ、磐石ガッチガチ☆というほどではありませんが。昨季と比べちゃダメなんです、もはや・・・・・・・
ミーチョ、ボランチでもいい仕事します。アナタがステキなのは知ってるよ…大好きなんだけど…複雑すぎて力が入らない。
まあ、相手の攻撃陣のフィニッシュの迫力不足と、ポストに助けられた面もあると思いますが…いつも通り。強豪には通用しない。
でもアズアクは例外、あいかーらずチョコマカと子リスのトトちゃんのように動き回り、恐いです・・・

081004_lahm
ラームフライアーより高く飛ぶ!
フライアー、レヴァークーゼンだと思ってたら、いつの間に移籍したんでしょう…(無知)。古巣にカムバックなんだそうです。そーだったのか(無知)。

でもラームオッドは守備は相変わらずムニャムニャで、いえ、ザルザルというほどではないんですけどね。…まあ、普通?(何さ)

それにしても、今回の試合内容とは関係ないのですが、SBの価値ってなんなんだろな、と思う今日この頃。昨今は攻撃力を重視、守備力は別にいい、ってことなんでしょうか。いちおう肩書きは「ディフェンダー=守備する人」なのですが、仕事内容よりもデフォルトの立ち位置が一番後ろ、ぐらいの意味で考えた方がいいのかも。

このままだとテンション下がる一方ですので、皆さんごらんになったでしょうし細かい流れははしょって、楽しいゴールシーンを思い出して気分を盛り上げましょう。

そんなこんなでイイ感じの中、先制点はバイエルン!な、なんと!

リベリと

ファンブイテンの

愛のワンツー!!!(≧∀≦)キャー♪♪

ぐいーと最前線まで上がるファイブイテン!そしてリベリのクロスは中央のクローゼへ!
クローゼ、胸トラップするのだけどボールはポロリと前にこぼれる(ちょいダサ?…ゴメン)しかーし!そのこぼれ球にすかさず食らいついて「でぃっ」とぶち込んだのは~~~!!

ファンぼイテ~~~~~~ン!!!(゜∀゜)

(ドイツ語風に↑)
むひょひょひょ!CLに引き続き、ブンデスリーガでも初ゴール出たーーー!!FWさながらのゴールへの執着心ぐっじょぶ!ホメすぎ?まあ、いいじゃないの。たまには。

081004_14
ウフフ~~~~~♪

ハァ、このままの勢いで終わってれば、流れを引き寄せる先制弾ということで本日のヒーローになったかも知れないのにねぇ。。。
なんでリードを守りきらんのか今シーズンのバイエルン。

28分、アズアクの爆裂ミドルをレンジングがファインセーブした…まではよかったのに結局そのセカンドボールからもう一度ピンチとなり、高速パスで翻弄され、またまたアズアクのみごとな折り返しがアシストとなってカログルのゴール!だから気をつけろって…(汗)

何やってんだか、ぶちこわしだぁ、まあ今年のバイエルンはこんなもんよねハハ、と脱力していたところ、ゼ・ロベルトが前半終了間際のゴール!デミケリスから始まった一連の美しいパス回しの後にきっちり決めてくれました。うぁ~~ん最高!頼りになるのはアナタなの~ゼッ!ロベルトぉ~~!

更にーー!

いくら流れがバイエルンでもみんなでいいパス受け渡しても、ゴールの予感ばっかりで実際に入らないことにはねぇ、ムダが多いんじゃないかい、と思っていたところ、オッドトーニがポストになって後ろに流す→それをまたまたゼ・ロベルトが!GKとDFの動きを見て冷静に流し込んだーーー!!バイエルン、3点目ー!

081004_ze
ステキだ~。

…しかし今のバイエルンには、もはや彼しか得点を見込める選手はいないのか…。FWじゃないんですけど。
いい仕事で1アシストしたトーニでありますが、今日はダメダメでしたねぇ。前半からもう彼からは得点の匂いはしなかったので、思い切ってポドルスキを後半開始早々から、クローゼではなく、ヤツに代えて入れてもよかったんじゃないでしょか。
ワタシ個人はトーニが絶対的エースでも別にかまわないんですが、たまにはドイツ代表コンビの仕事っぷりが見たいですよ。けっこうイイと思うんだけどな。

3-1。このまま勝つはずだったのに…。この日のバイエルンならまったく可能なミッションだったのに…。

失点シーンを見直しても、何が起こったのかわけがわかりません。いや、細かいところでは、レンジングの飛び出しどないやねん(2失点目)とか、ファンブイテンクロス上げられちゃってるんじゃないわよオッドちゃんと見てなさいよ(3失点目)とかありますけど、もうぶっちゃけ、チーム全体の油断以外の何物でもない。
カーンがいれば、こんな空気になる前に、ゴール前からビシビシ吠えて締めてくれるのに、誰もいないですもの。
ルシオにはムリなのか。ファンボメルなら出来たのか。知らん。

試合後、やたらファンブイテンがカメラに抜かれてました。せっかく先制点を決めたのに、最後に守りがマズくて残念でした、という意図があったんでしょうか…トホ。失点シーンに責任が全くないとは言わんが、別に誰か一人に負わせる性質のものでもないと思いますが…エコヒイキですかね、やっぱり。
渋い顔で引き上げる際に、お疲れタッチかあるいは何かを要求されたのか、手を差し出すスタッフらしき人に軽く首を振って拒否している姿が切なかったです。
そして、キャプテンとしての仕事なのか単に仲がいいだけなのか、なんでか知らんけど、フライアーの元へ挨拶に向かうファンボメルの姿も。

クリンスマン監督は試合後、「3-1になったのに、何を前がかりになって追加点取ろうとしてたんだか」と言ったようですが、それが超攻撃的サッカーで、そゆのをやらせたかったんとちゃうんかい。
まぁ、わかんないけど、トホホな攻めも最後まで持ちこたえられない守備も、結局、作戦なり戦術なりが徹底しておらず、チームが組織として機能してないからこうなっちゃうんじゃないのかね、とどシロート目線で思ったりもしますが、どでもいいです(ヤケ)。ワタシなんかがあれこれ言ってもどうせ見当違いだろうし、なんかムダだ。

ワタシはただのファンだから、強くて楽しいバイエルンが見たい。それだけです。
それと、失礼を承知で勝手な個人的好みを言わせてもらえば、このままクリンスマンと心中するのはイヤだけど、ファンボメル&ファンブイテン込みなら心中してもイイです…ポッ(〃▽〃)

----------

以下、ハミトとサニョルのキャプチャ&ブラウン管ネタです。代表戦に目を向けようとしてるのに絶妙にネタを振ってきて、ワタシをほっといてくれないFCバイエルン。

続きを読む "今さら7節・バイエルン対ボーフム、とか"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/10/09

マガジンNr.4

雑記。とゆうよりもはやただのアホネタでござんす。
金さえ出せば誰でも入手できるものの話をしてもしょがないんですが・・・

ゆうべGAORAさんでボーフム戦を見たので、久々にレビュー記事を書かねば、でもあんなトホホな試合、ファンブイテン&ゼ・ロベルトのゴールシーン以外モチベーションが上がらねぇよ~、とウダウダしておりました。
そしてスーパーに行く前に郵便受けをのぞいたら、「バイエルンマガジン Nr.4」が届いていたのであります。今号はファンボメルが表紙である、と聞いていたので思わずその場でバリバリ開封したら

Dsc05384

うぉおおおっ!我らのセクスィ部長キタ―――――――――(゜∀゜)!!
い、いかん、見てるだけでヒトミがウルウル、胸がザワザワ、腰が抜けそうに…はさすがにないけど、とりあえず、コンビニへダーッシュ!そして表紙をカラーコピー!

むへへへへ、これってアレですかね、もちろんワタシの元には届いておりませんが(T△T)、セクシー写真集と呼び声高い今年のファンshopカタログ用モデルフォトだったんでしょうか?
…はぁ、ボメルでこんなんだから、ファンブイテンもさぞかしセクスィー鼻血ブーものなんだろな…。もうえーえんに届かない気さえしますが、とりあえず催促はしてみよう…。そしてダニエルセクシーフォトもカラーコピーじゃ。グフグフグフフ、ザクとは違うのだよザクとは(壊)

内容は、ボーフム戦を前にしてのファンボメルのインタビュー記事のようです。「キャプテン大いに語る!」。少なくとも「マガジン」だけはキャプテンだと認めてくれてるのね(泣)
出場しなかったことを知っている今となっては空しいものがありますが、と思いながらめくったら

Dsc05386
デカい~~~~~~~~

思わずページの中に顔を埋めそうに・・・(キモいからよせ)
でも肝心の記事が全然読めん(TдT)読めんけど、読んでやるぞーくっそー、そのうち…

そ、そして、「マガジン」のコリアンダー的モエツボ攻撃はこれだけではなかった。
今号のポスターはななんと!

Dsc05387
!!!!!!!!
ダニエル美スマイルキタ―――――!!!

そしてこのポスターの裏はミーチョのこれまた男前フォト!!
なんだなんだ、一体何のサービスだこれは。こ、こんなオマケで、揺らいでいるワタシのバイエルン愛を持ち直させようたってそうはいかないんだもんね……デヘヘヘヘ(^д^)←術中にハマってますがな

コルクボードに貼ってみた
Dsc05385
(ボードをぶらさげてるのが梱包用のビニひもなのは見なかったことに…(^^ゞ)
あ~らら。こんなんなっちゃった。誰が本命なんだアタシゃ。右上はカレンダーです。今月はオットル。

それにしても、こうしてしみじみ見とれておったら、なんで昨日、一瞬とはいえマリゴメをファンブイテンと見間違えて、あろうことか仮想ダニエルに仕立て上げようとしたのか、自分がさっぱりわかりません。全然似てないじゃんねぇ。デカくてイケメンである、というとこしか共通点がないぞ…。いや、ゴメスもなかなかのナイスバデーなんですが、カタチが違うのよ。

いっしょけんめい言い訳してます。全国のダニエルファン(&マリゴメファン)に失礼なことをしたので、オワビに最新トレーニングフォトをペタペタ

081008_2

081008_3
透かしがジャマでよく見えないけどフトモモにモエ!
ですが、膝がやけにシワシワで、モモと比較して、ふくらはぎとか足首が細すぎるよーな…
そりゃ負担がかかって筋肉とか痛めるかも知れないですよ。もうだいじょうぶなんでしょうか。あれは何だったんでしょう。知らないうちに進行してて、ある日突然手術ー!なんてことになったりしないといいんだけど…。バイエルンのドクターを信用しましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ドイツ代表・トレーニング開始

さて、というわけで。
代表ウィークです。我らのドイツ代表…と言いつつも、EURO以来、まともな試合を見ていないので、誰がいいとか悪いとかいうのがいまいち感触がつかめず、遠距離恋愛みたいなもんで、「我らの」と呼ぶにはなんとなーく愛も冷めがちな…と、遠距離の末にうっかりケッコンしてしまった管理人であります(聞いてないから)。

くだらん前置きはさておき、昨日(日付的にはおとといか)、ファンイベント兼公開練習を行ったらしいドイツ代表でありますのでモエモエ(?)フォトをちょっこり

081007_schweinilahm
バイエルン・トリオの楽しそうな姿にほっこり。クローゼはチームメイトとだと、このぐらい笑うのです。
バイエルンネタはここんところ、ファンボメル&ファンブイテン中心で、怪我だサブメンだとテンション落ちまくりでしたので、そろそろ、大好きなはずの彼らにも目を向けねば、と思っておりまする。

081007_merte
「うっしゃしゃしゃしゃ、おもしれーーー」と、バカうけ中のメルテザッカー。そして左端の好青年はアドラーです。
………。髪をバッサリ切ってしまってショックだったけど…。やっぱカワイイ。モエ

081007_gomez
ややや!ファンブイテンがまぎれこんでる!♪と一瞬見誤ったその人は、マリゴメであった。…似てるかなぁ?

081007_gomez2 (ちっちゃい)
ちょっとキてるかも。いい具合のロン毛だし、ベルギー代表なんて、滅多に放送ナイだろうし、仮想ダニエルになるか?

081007_gomez3
・・・。横顔はサッパリだからやっぱりムリがあるのね。いーのっあんな美しい方が二人以上いてはいけないんだから!ファンブイテンは唯一無二なのそーなのよ!(何をいっしょけんめい言ってるんだ自分)

081007_wiese2
3人の中で一番貫禄があるのは第3GKのヴィーゼだったりする。でもアドラーかわいい(←もーいーから)

081007_wiese
いや、ヴィーゼもなかなかやります♪☆

↓これは今日(日付上は昨日と言うべきか)の写真
081008_adler
やっぱイイ…(^∀^)(←しつけぇー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/08

マルク・ファンボメルに捧ぐ

さてさて、代表ウィークということで、各国代表のトレーニングフォトなども上がってきてはいるのですが、その前にちょっとだけ。

「イタいテンションでファンボメルを全面サポートキャンペーン」、メランコリックなノリについていけてない方も多いと思いますが、これでできるだけ最終回にしたいと思いますので、もうちょっとだけお付き合いください。お付き合いしたくない方は、この後アップする予定の、ドイツ代表モエモエフォト満載ネタまで少々お待ちください(^^ゞ

本日23時からGAORAさんで、7節・ボーフム戦の放送がありますです。
正直あんまり見たくないようなビミョ~~~~~~~なところですが、なんたって愛しのファンブイテンのブンデス初ゴールですし、82分ぐらいまでは見れる内容なのではないかと思うので(脱力)、…まあ、見ましょうかね…(^_^;)

ただ、とはいえ、愛しのファンボメルはベンチであるからして、それはそれでツラいものもあります。
ワタシ今日まで、この日の布陣は3バックだと思い込んでいたのですが、先ほどkickerさんをのぞいてみましたら(ゼ・ロベルトに神採点1出た!)、オッド-ルシオ-ファンブイテン-ラームの4バックで、デミケリスのWボランチ、という書き方でした。

…そうでしたか。

昨季はボランチはイヤだとダダをこねたCB・ミーチョを、CLに続き今回もボランチに入れてまで、ファンボメル(オットルも)はベンチだったのですね。出場にはふさわしくないとそういう判断なのですね。

いや、もう、そういう状態なんでしょう。監督が、ボメルは理解が足らんというその戦術とやらは一体なんなのかしらね、とイヤミのひとつも言いたいですが、言っても仕方がない。
そして、ファンボメルが不当な扱いをされている、というのもサッカー的には見当違いかも知れない(思うだけなら自由よね?(`ー´))し、これ以上は同じ言葉の繰り返しでラチがあきませんしワタシも疲れたので、この話はもう終わりにしたい、させてくれ監督、と、こういうわけです。

それで、こないだ、たまたま点いていたTVのバラエティー番組でTOKIOがちょっと前のあの名曲を歌っていたのを見て、今までは濃すぎて感情移入できなかった歌詞が今回「あっそーか」と妙にハマってしまいましたので、思わずi-Tuneにダウンロードしてガンガン聴きまくり、更にこんなの描いちゃいました

081008_sorahunej
著作権侵害ぎりぎりかも(汗)元ネタ書くのでお許しください。
中島みゆき「宙船(そらふね)」です。歌詞はこちらをどーぞ。

このままずるずると、押し出されるようにバイエルンを辞めないで、そして、どーか、自分の中でウネウネしているであろう黒いネガティブなモノに負けないで戦って欲しい、という痛切な思いでございます。
そして、あえてつらい姿を描くことで、名ばかりキャプテン姿はこれを最後にしてもらいたい、という願いも込めております。

とりあえず代表で暴れて来い!

 
ちなみに
件の曲はこちらに入っています
ララバイSINGER

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カーンが物申したらしい

ちょっとはっきりしませんが、我らのゼ・ロベルトが、バイエルンとの契約満了後アメリカのFCダラスとかいうところに行くらしいとか、なんとか…(泣)心細いよぅ・・・

----------

さてさて、すでにご存知の方も多いでしょうが、ブンデスリーガ7節を終えて2勝2分3敗現在11位という、バイエルン・ミュンヘン31年ぶりの危機についにアノ男が立ち上がった!?

081006_kahn_2
握りこぶしに気合がこもってます!でも服ダサ(略)。いえ、これ、たぶんだいぶ前の写真だと思います。

なんちゃって、それが本来の目的ではなく、どうやら、寄付をしたので、その発表だったらしいのですが
081006_kahn3
7万5千ユーロ也。

結局バイエルンの問題について質問攻めにあったとな
081006_kahn2

マイクがいっぱい。あまりに数が多い&顔に近いので恐れをなして(?)、なんかコソコソした声で話すカーンさんであります。

状況は想像ですが、多分そんなところでしょう。そこでカーンがコメントした内容について、各種ドイツメディアでは「カーンがクリンスマンを批判!」とセンセーショナルな見出しが躍ってます。
わあ、こんなにいっぱい、うれしいけど読むの大変だよぅ(汗)、と思ってたら早々とスポナビさんにて、日本語ニュースが出てました。ありがたや・・・

今のところ見つけられたものの中で、この時のコメントについて、詳しく出ていると思われるのがT-onlineこちら

ええと、内容はおおむねスポナビさんに書いてある通りみたいですが、もう少しあれこれ言っています。一言一句インチキ想像妄想訳するのはむずかしい(=めんどいゴメン…)なので、チェケラッチョよろしくです。

一番のポイントはやっぱり、「チームの哲学」について語っている箇所で「ACミランに行って『さあ、レアル・マドリーみたいなサッカーしよう』とは言えないし、逆もまたしかり」のくだりですかね。
ウマいこと言うなあ、てなもんですが、でも今クリンスマンは、バイエルンに向かって「ゼニトみたいなサッカーしようぜ」と言ってるような気がしてならない…
あとは、しかし、新しい監督とそのシステムが浸透するのに時間がかかるのは普通のこと、今、全てを否定的に捉えることはない、とも。結局批判なのか共感なのか。

で、「イタいテンションでファンボメルを全面サポートキャンペーン」中のワタクシがもっとも気になっているキャプテン問題については、ええと、ベンチに座っていてはキャプテンとしての役割を果たすことはできないではないか、いるべき場所にいない、マルクは、そのせいで弱っているのだ!と。
…すいません、おーげさにメランコリックに勝手解釈してしまいました。意味全然違うかも。いやだからホラ、イタいテンションで応援中ですので…(^_^;)
もうファンボメルがフビンでアタシゃ…。雨の中捨てられた仔犬みたいに思えちゃって、ボール箱から拾い上げて「よしよし」と、あのくるくるクセ毛をくしゃっとして励ましたくなる衝動にかられてしまいます…

Σ(゜∀゜;)!
すみません暴走しました。

ゴホン、ええとそれで、「助っ人としてバイエルンに戻るなんてのは?」と聞かれて「ないない、ないってばー!オレもう、ほんと忙しいのよ」ですって。何がそんなに忙しいのか存じ上げませんが、毎日充実しててハッピーならそれが何よりです。リザラズを見習って、体型維持にも努めてチョウダイね…

んでtzこちらにもインタビュー記事が出てまして、内容はほぼ同じなのですが、ちょっと追加されてた部分でウフフ、と思ったのは

「実を言うと、(ボーフム戦は)見てないって言わなくちゃね」

…え( ̄▽ ̄;)頼みますよ~ちょっと(汗)トホホです~
しかし、バイエルンは優勝できるチームだと思っている、今現在の順位表なんてあまり意味がない、だってホッフェンハイムが優勝できるかって言ったらそれはやっぱナイでしょ?的なことを。(ナニゲに失礼かもよカーンさん)
あとはレーハーゲルさんの名言みたいなのも紹介したりとか、文脈はよくわかんないんだけど「起爆剤がバーン」(←なんのこっちゃ?)とか擬音入れたりしてて、まあ、なかなか面白そうですので、よろしければごらんあれ~

そんなFCバイエルンの選手たちは三々五々、代表選手は各チームに合流したもよう。がんばりや~
怪我しないで帰ってきてね!(^∀^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/06

続き・バイエルンご一行様ビール祭り2008

DFBポカール、3回戦の組み合わせが決定したようです。

バイエルンはシュツットガルトとですって。

ふ~~~~~ん。ま、せいぜいがむばってね(冷)。
だって~~、今このチーム状況で「わぁ!大変だ!でも相手にとって不足はない!勝っちゃうもんね!」とは言えないっすよ…。
まぁ、試合が来年の1月下旬なので、だいぶ時間はありますから、その頃は今とは良くも悪くも状況が違うでしょうし、改めてまた考えればいーんじゃん?(やっぱり冷)

ところで、トーナメント戦にて16強→8強を決める試合のことを、ドイツ語では“Achtelfinale”というそうですが。言うなれば「8分の1決勝?」(^_^;)
日本語には「準々決勝」までしか当てはまる単語がないので、とりあえず「3回戦」と書きましたが、むずかしいですね。「準々々決勝」でもないだろうし…

他にも興味深い組み合わせがありましたのでまとめて

フライブルク × マインツ
シュツットガルト × バイエルン
レヴァークーゼン × コットブス
HSV × 1860ミュンヘン
カールスルーエ × ヴェーエン・ヴィースバーデン(?知らないゴメン)
ヴォルフスブルク × ロストック
イエナ × シャルケ
ドルトムント × ブレーメン

ウチの他はやっぱり、ドルトムント対ブレーメンがヤバ面白そうですね(^ー^)
この頃にはブンデスの順位もどうなってるやら。せめてバイエルンが5位以内に入ってることを望む。ハードル低い?いや、妥当かと(自虐)。

----------

サッカー的観点からバイエルンの話をしても全然面白い話はありませんので、昨日に引き続き、「そんなばーいじゃないけど・バイエルンご一行様オクトーバーフェスト'08」ネタでお楽しみください。
昨日はゲッティーさんにどんどんアップされていくのをリアルタイムで追跡しながらの更新でしたが、ひと通り出そろったみたいですのであれこれドン。

あまりに内容がなくて、いつにも増してくだらないのでたたみます

続きを読む "続き・バイエルンご一行様ビール祭り2008"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ひとこと!

シャルケ 2-2 ヴォルフスブルク

ながら見だったんですが…

試合終了間際も間際のパワープレー、な、なんと、GKノイアーのアシストでクラーニィの同点弾!!あり得ん~~~っ(T∀T)面白すぎる~~~っ

以下追記
ライブで見ててあんまり面白くて盛り上がっちゃったので、ろくに試合見てないくせについ書き込んでしまいました(^^ゞ写真付けます。
 
081005_neuer
どうやらこれがブンデスでの復帰戦だったもよう。やったね!

081005_benaglio
かたやヴォルフスブルクのGK・ベナーリオも大活躍!PKストップ!

081005_kuranyi
終わってみれば、クラーニィのドッペル。1点目のボレーも良かったし、代表戦に向けて弾みがついた?

おまけ
たまたま写真見つけただけなので試合とか全然知らないんですが
081005_petric

小首のかしげ具合がなんかモエ~ (HSV・ペトリッチ)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/05

ちょっとブレイク

昨日の試合結果にガックリ呆れてモノも言えませんので、今日はお休みで~す。

なんちゃって、それもありますが、メモも何もとらずにダラダラ見てたので試合内容の細かいところをあまり覚えておらずレビューがむずかしいのと、何しろファンブイテンの今季ブンデス初ゴールだったもんですから、今日はウキウキ写真詣での旅に出たら時間切れになっちゃったので。もちょっとお待ちくだされ。

シブーい試合のことはひとまずよそにおいといて、ダニエルモエ~写真集で癒やされてください。(癒やされるのはアタシとしし丸さんぐらいしかいないような気が…(^_^;))

081004_11
ステキ~~~♪♪肘が切れてるみたいだけどだいじょぶ~?(←甘やかしすぎ)

081004_9
うあ~☆クローゼになりたい(よせ)

081004_vanbuyten3
やたっ!(^∀^)

081004_vanbuyten2
やばっ!(>_<)

 
・・・・・・。えーかげんにせぇ!

と言われそうなので、どこよりも早いゲッティーさんから、「そんなばーいじゃないけど・バイエルン御一行様オクトーバーフェスト訪問'08」新着フォトをちょっこり。明日になったらもっとばんばんアップされることでしょうけど。(※同じ写真で透かしなしのものがありましたら随時入れ替えます)

081005_lahm
帽子着用。

081005_marta
コスプレもゴージャス?相変わらず口紅の色が浮いてる感のあるトーニのカノジョであります。

081005_rensing2
美男美女!カッコいいんだよな~レンジング…

081005_poldi2
ふっふふふ。イケシャーシャーとウリの隣りに座っちゃうポルディの心臓がたまりません。

081005_vanbuyten4_2 イラッとするぅ~、いーなー(←よせってば)。

と、続々アップされてはいるのですが、最も気がかりなファンボメルの写真がまだないんですが…。ま、まさかふてくされてしまって来てない、なんてことは?!(゜o゜;)
  
追記
081005_miro いた!(クローゼの後ろ) ほっ…

きりがない。続きはまた明日。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

速報:バイエルン対ボーフム

081002_bommelbuyten
いっしょに出てほしかったです。      ↑
とゆーかワタシは二人そろってベンチだとばかり・・・

バイエルン 3-3 ボーフム

081004_vanbuyten
ダニエルスタメンおめでとう、ブンデス初ゴールはっぴー♪ヘディングじゃないよ、足で決めたのよ~ん♪

…も、今となっては空しいばかり。かわいそ…(T_T) モエ~の声も出やしない。

やはりファンボメルは今日もベンチでした。予想通りでしたので別にびっくりはしませんでしたけど、悲しいことは確かです。
だいじょうぶか?ワタシはアンタが何を考えているかもちろん知る由もないけれど、なんとなくわかってるつもりだよ。心の中でひっそりと戦っていることを。ツラい気持ちを共有したい。それでちょっとは楽になるなら。

今日は3バックで来ました。ワタシ的には、世間で批判を浴びるほどは悪いものではないと思いましたが…(単にこのフォーメーションだとファンブイテンがスタメンで出れる♪というだけの話なんですがへへへ(^^ゞ)。
29分にKalogluに1点返されたものの、前半終了間際に我らのゼ・ロベルトが追加点!更に68分にも決めてなんとドッペル!3-1に突き放す!

それにしても、トーニがちょっとヤバい。決定的なチャンスにどーしても決めれません。
ウチのFWはすっかり点が取れなくなっちゃいました。ポドルスキを投入したのはいいけど(例によってタイミング遅いと思うがな)、クローゼじゃなくてトーニに替えてみたらどーよ、ってCLの時も思ったけどね。まいいや、ゼの2点目の時はいい仕事でアシストしたことだし。

ダラッとしちゃったんですかねぇ、83分にダブロフスキ、そしてわずか2分後にグローテにゴールされてしまってなんとあっという間に同点に追いつかれちゃいました。
ダブロフスキのゴールはよそ見してたのでよくわからないのですが、グローテのは、オッドがダメダメで、クロスにサラリと合わせて飛び込まれちゃってましたよ。だはは。それまでオッド、まあまあいい守備してたような気がしたが…。クロスを上げられたのはファンブイテンのせいじゃない…よね?ドキドキ・・・

さあ。
この引き分けをどう評価する?まさかこれでも「負けてないもん、勝ち点1は取ったもん」とか「ゆっくり前進中!前よりよくなった!」とか言うほどアホじゃなかろうな。まあ、ファンブイテン以外誰のコメントにも興味ないですが。ファンボメルは今日も何も言わないだろうし。
これこそまさに、「負けに等しい引き分け」と言わずしてなんと言う。ベンチでうつむいて何ごとか考えている風だったウリの頭の中をのぞきたい。

明日もブンデスは試合がありますのでその結果いかんですが、今日現在でバイエルン、11位です。ついに2ケタ順位に転落だぁ!

明日、ご一行様はオクトーバーフェストにお出かけです。そんなばーいじゃねーだろ、とも思いますが、スポンサーですしね、お祭り最終日ですし、しょうがないでしょう。
カーンがボメルを励ましに来てくれないかしら、と淡い妄想を抱いたりもしますが、だいぶ前に奥さんといっしょに行ったみたいだし、ナイだろな…

追記
0809272
また来てた(^_^;) 今度は家族連れ。さすがに3度目はないねこりゃ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/03

08年10月分・ドイツ代表招集メンバー

「10月分」って光熱費の集金みたいですが(^_^;)、11日のロシア戦(ひぃ(゜o゜;))&15日のウェールズ戦に向けてのドイツ代表メンバーが発表されました。

GK
ロベルト・エンケ(ハノーファー)
レネ・アドラー(レヴァークーゼン)
ティム・ヴィーゼ(ブレーメン)

DF
クレメンス・フリッツ(ブレーメン)
アルネ・フリードリッヒ(ヘルタ・ベルリン)
マルセル・ヤンゼン(HSV)
フィリップ・ラーム(バイエルン)
ペア・メルテザッカー(ブレーメン)
ゼルダー・タスチ(シュツットガルト)
ハイコ・ヴェスターマン(シャルケ)

MF
ミヒャエル・バラック(チェルシー)
トルステン・フリンクス(ブレーメン)
トーマス・ヒツルスペルガー(シュツットガルト)
ジャーマイン・ジョーンズ(シャルケ)
ジモン・ロルフェス(レヴァークーゼン)
バスティアン・シュヴァインシュタイガー(バイエルン)
ピオトル・トゥロホフスキー(HSV)

FW
マリオ・ゴメス(シュツットガルト)
パトリック・ヘルメス(レヴァークーゼン)
ミロスラフ・クローゼ(バイエルン)
ケヴィン・クラーニィ(シャルケ)
ルーカス・ポドルスキー(バイエルン)

----------

アドラーキタ―――――――――(゜∀゜)!!!むひひ。(出ないと思うけど)
むむ、でもヴィーゼが第3GKに降格?(^_^;)
まぁエンケは、前節でバイエルン相手に落ち着いたセービング魅せてましたし(とほほほ)、正GKでも遜色ないものと。

あとは祝・アルネ復帰♪バラックフリンクスジョーンズも、…ってあれ、
マリンちゃんは?(゜∀゜;)
とんと存じ上げませんが、怪我ですかね?でなければ外す理由がない。
ボロウスキ呼ばれなかったな…ちぇ、イケるかと思ったが…やっぱダメか。
好調らしいヘルメスは引き続きですが…キースリンクはダメなんスか?

カーンが解説するのはどっちの試合かな~(^ー^)

しかしいよいよロシアだよ…グループ内での最難敵と早速当たるわけですが・・・。このメンバーで大丈夫かな?まあ、これから各方面でホットな議論がなされることでしょう。

あ~あと、背番号、なんとか元通りになんないかな~…。毎回見慣れない番号しょってるのを見ると、モヤモヤ観戦とかキツいのよ。例えば3番のラームて、なんか別人みたいで。。。ポルディの10番は全然いいんだけど。

----------

これに先立って、U-21の方も、EURO09へのプレーオフ・フランス戦に向けて発表がありました。気になるところではノイアー復帰(おめ!)、あとウチからはクロースが再招集。
ドルトムントに絶賛貸し出し中のエキゾチック系美青年のフンメルスと、ブレーメンのエズィルも…って、マリンちゃんこっちにいた(^_^;)ええ~~!?なんでA代表じゃないの!?よくわからんな~

-----------

バイエルンの他のヨーロッパ各国代表は、リベリーがフランス代表に復帰(おめ!♪)、ファンボメルも無事に招集(心底ホッとした~)、あとオランダで興味深いのは、いったん代表を引退したファンデルサールがGK不足のため緊急招集、と。
ファンブイテンもベルギー代表に呼ばれました。よ、よかった…( ̄∀ ̄)=зホッ でもこないだのトルコ戦、出なかったし(泣)今回もベンチか…?(泣)
イタリアは…よくわかんないけど、まだなのかな?まぁ、トーニが呼ばれないなんてことは(まだ)ないと思うけど…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ミロジョーク?

まあ、さすがに100%とはまいりませんが、60%ぐらいは言うこと言った感があり、泣くだけ泣いて(←大うそ。一滴の涙もこぼしてませんが、心情的にね(^^ゞ)、へべれけになってフガフガ言いながら寝て起きたら、腹が据わりました。
バイエルンが今後の試合で全敗しようが、ファンボメルがオランダに帰ろうが、もちろん、耐えがたいことなので絶対イヤですが、同じ嘆き哀しむにしても、力をこめて(?)熱く泣くことができそうな感じです。いや、昨日まではほんとに、何と言うか、砂を噛むようなあるいは砂を掘るような思いで、乾いた砂漠の中でまるで役に立たないモノを無理から探そうとしているような、イヤ~な感覚にとらわれておったものですから。
自分だけの感覚なのでハタ目にはさっぱりわからないと思いますが…

二日酔いでフラフラしますが、もう大丈夫です。blogもすっかり見苦しくなってしまって、ご迷惑おかけしました。

改めて、ドイツサイトを英語翻訳&日本語翻訳したものをプリントアウトしたものが、折り込みチラシのようになってぐじゃぐじゃに散乱している部屋を見回して、ブレーメン戦以降は本当に気持ちが荒れ荒れで、我ながらひどかったなぁ、と苦笑しきりです。
自重しようと思いつつもそれでも方々で八つ当たりしたりして、その節は本当に申し訳ありませんでした。

とはいうものの、いまだファンボメルの姿を見るとなんかムダに泣けてきたり、自分の中のバイエルン愛がいくらか揺らいでいることは確かですが、まあ、そういう負の気持ちばかりにあまり振り回されないようにしなくてはね、と思ったり。

以上、どうでもいい報告ですが、まあ何とか、ぼちぼち、いつも通りのテンションに戻ろうかということです。

ということで改めて監督に言いたいのは
Dsc05374
立ち位置!

…まあ、さすがに本当の気持ちをぶちまけるわけにはいきませんのでね…(^皿^)毒は小出しに、と心がけてます(ヤだな)。

バイエルンがトレーニングしている映像を見ましたが、ファンブイテンはばりばり膝を曲げて、他のメンバーといっしょに、まったく普通にミニゲームなどをこなしておりました。内面での痛みとかはさすがにわかりませんが、少なくとも見た目的(みためてき)にはだいじょうぶそうでした。…コンディションが万全でもベンチだと思いますが…(泣)今やミーチョ、ルシオ、そしてブレーノの控えにさえなってしまった感がありますし…(自爆号泣…言わなきゃいいのに自分…)

さてさて、ゆうべの深夜に放送されました「バイエルン・ミュンヘンtvマガジン#6」は、前半にクローゼのプロフィール&LIVEチャットのダイジェストでしたよ。

Dsc05378
Tシャツのフシギな柄にも目を奪われてしまいますが、相も変わらずむっつりとテンション低そうなミロ。お相手がネェちゃんじゃなくて、もっさりシュテッフェさんだったかならなのか?って、そんなわけはなく、これがいつもの表情らしいです。
シャイな性格なんだろうな、とも思いますが、収録時期がまだバイエルンに来て間もない頃のようですので、シュテッフェさんも要領をつかみにくそうな…

Dsc05381
リベリのイタズラのことを聞かれた時に、これがチャット中の最高レベルの笑顔。でも破顔一笑、とはなりませんね。ガハハと爆笑してる姿を一度見てみたいものですが、カメラの前とかじゃ絶対ないだろうな…

Dsc05382
バイエルン料理は少し胃にもたれるようです。これまたクローゼのイメージにぴったりな・・・

Dsc05383
眉間にシワよせて「すごい選手」と言ってくださっているのは、ファンボメルのことです。エエ人やミロ~(感涙)

ということで、なんだかクローゼサービスデーです。毎度おなじみtzさんにも、コメント記事が出てました。毎回毎回、アタシゃtzの何なのさ、と思いますが、いや、いろいろ手っ取り早いので、ついね(^^ゞ

ファンボメルのキャプテンシーを力強くサポートする内容で、どこまでイイ人なんだ~~、とありがたく読ませていただきましたが、最後に、ただいま話題沸騰中?昨季のUEFA杯でのゼニト戦での八百長問題について軽く言及しているようです。「全然知らないよ~」と言った上で、「それについて仲間とジョーク言ってるんだけどね」とおっしゃっているようなのですが、そのミロジョークの内容がちんぷんかんぷんでして…

“Ich habe den Ball absichtlich nicht richtig getroffen, ich habe nur die Dollarscheine gesehen.“

英語に自動翻訳してみました

"I got the ball deliberately not taken properly, I have only seen the dollar slips."

はてさて、ということで日本語に

「私は本当に故意にボールを打っておかないと、私が見ました」Dollarscheineだけ。

…???
貴重な(?)クローゼの冗談なので、ゼヒ理解したいと思いつつも、さすがにむずかしいですね。「わざとボールを蹴ってなんかないよ、ドル紙幣は見ただけだよ」的な感じでしょうか?

そういえばそのゼニトポグレブニャクがバイエルンと交渉中?とかなんとかかんとか出てますが、なんかややこしー。ネタ元がドイツメディアではなく、何故かスペインの「MARCA」さんというのも、なんだか…。ホントかなー?
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どう考えたら・・・

ゴメンなさい、まだダメです。試合の話ができるまで、もう少し時間下さい。
なんだか関係者がみんな「いい試合だった」と口をそろえるので、いい試合だったんでしょう、たぶん。バイエルンはホームの引き分けで大満足するようなチームだったのか、と軽く脱力してますが、それだけリヨンが強かったということと、それまでのブンデスの試合がひどかったのでハードルが低くなっちゃったのかしらん、とも思いますし。「いい試合だった」という認識で試合を捉えるには、ワタシはもう一度見直す必要があるかも知れません…。

   
・・・・・・・・・・。
FCバイエルン応援blogとして、自分のスキな選手のことなんかさておいて、まずはチーム全体のことに冷静に目を向けて試合のレビューをするべきなんでしょうけど…

ブレーノをCBに入れて、デミケリスをボランチの位置に上げてまで、ファンボメルをベンチに入れたわけはなんなのか。シロートのワタシなんかにわかるわけはない。きっと、調子が悪いんでしょう。監督の考える戦術に合わないんでしょう。実際、デミケリス素晴らしかったし。

なら、何故、前日の記者会見で、カピテン・ファンボメルをほめちぎったのか。ローテーションだとか言うのか。わけがわかりません。何かに対して意地があるのかなんなのか、わかんないけど、裏切られた感がいっぱいです…。
しかもウリまでこんなことを?(「ファン・ボメルはキャプテン失格だ」)。まあ、コチラさんの記事は普段からあまりアテにはしてないし、そもそも見出しが大げさすぎるんですがしかし、そうだとわかっていても今のワタシはこんな字面を見るだけで泣けてくるんですよ。
CL試合中継で良平さんが(なんかクリンスマンのことがおキライっぽい?)、「ヘーネスはクリンスマンを引っぱってきた責任があるので、今のところは監督擁護の立場に立つしかない」と言っていたけれど、その監督全面支持の姿勢が結局、ボメルを苦しめることになるだけなんじゃないのか。
というか、チームの不調はファンボメル一人のせいじゃないじゃないの。クビにするんならキャプテンよりまず監(略)。まあ、ウリもツラいところなんだろうけどさ。

更に、ローカル紙の言うこととは思いつつも、見出しだけでつい同意してまた泣きそうになったのが
「ファンボメルは第2のカーン」

080930_vanbommel

060609

うぁあ~~もう読めません(涙)←どっちみち読めんくせに(言語のカベで・・・)

「ファンボメルにバイエルンに骨を埋めてもらい隊・兼・ファンボメルをオランダに帰してなるもの会」のミッションはコンプリートできそうもありませんわ。もう、契約更改はないのは決定でしょうし、それどころか、冬に(ポドルスキといっしょに)出て行っちゃうかもね…号泣。

でもムダとは知りつつこれだけは言いたい
Dsc05375
You'll never walk alone! 一人じゃないよ!ボメル!アタシがついてるわ!(←心細いったらありゃしない)

060829

070512

071028

080410_kahn

080504_bommel2j

ありがとう、バイエルンに来てくれて。嬉しいよ。大好きだよ(ToT)
このまま失意の退団になったとしても、どうか、バイエルンを嫌いにならないでね、ミュンヘンに遊びに来てね…ってムリか…。

なんかすっかり辞めてしまったような湿っぽい空気まんまんですが、いや、もちろん、今後の試合でガンガン活躍して、ローテ?何?キャプテン剥奪?いつの話?さあさあここに、年俸アップのサインをホレホレ、となることを心から願ってやみませんが…今の状況では、すごい夢物語に思えてきました…

----------

で、もう一人(個人的に?)不安なファンブイテンですが、いつの間にか、本人のサイトにコラムがアップされてました。
やはりファンから問い合わせ等が多かったのかも知れません。
ええと、ハノーファー戦とリヨン戦を欠場したのは、ただ単に、2~3日前から膝に痛みがあったからなんです、と。数日中に状況を報告して、できるだけ早く試合に出られるようにしたいと思っています、というような内容の、味気ない短いメッセージでした。

嗚呼~なんかもう、ワタシの心壊れそうです。バリバリ(ハートが破れる音)
ここんとこ、blogがちっとも楽しくなくてゴメンナサイ…。
もう自分でもどうしたらいいかわからん(泣)
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/02

見ました。

※スミマセン、やっと更新なのに、毒たっぷりです。ご注意下さい。酔ってます。だってさぁ~

ブレーメン戦まですぐそこじゃないのさっ(汗)
お願い、スカパーさん、今度はもっと早く放送してね。

バイエルン 1-1 リヨン

つまんねー試合だったな~~~~

まあ、見る前から負けを覚悟していたので(それで状況が変わるなら、いっそそれもよしと思ってたワタシ…毒)、引き分けならまあ、御の字ですかね。フィオレンティーナ対ステアウアがスコアレスドローだったおかげで、なんだかバイエルン首位だしねぇ。

しかし、今のままのバイエルンがグループ1位通過とかしちゃうのはチームにとってよくないよ。いや別に、ファンボメルがベンチだったから言うわけじゃないけど?ファンブイテンの膝の状態をクラブが発表しないのにイラッとしてるわけでもないですよ?

でも言いたい。ベンチに入れるんならなんで直前にファンボメルをあんなにベタボメした?ヤツの何がそんなに悪いのか?ブレーメン戦のパフォーマンスは確かにヒドかったけど、なに、あれだけで評価定まっちゃったんですかそうですか、ハノーファー戦はそんなには悪くなかったぜ。
そんならもういいから、とっととキャプテンマーク返上させてやってよ、このまま「ファンボメルはイイ奴だ、彼はキャプテンにふさわしい、でもベンチね」って言うんなら、却ってファンボメルが恥ずかしい思いをするだけじゃないのさっ。
冗談抜きで「なんちゃってキャプテン」「名ばかりキャプテン」「ベンチdeカピテン」…嗚呼ツラい、ひどい、あんまりだ。
ルシオにでもミーチョにでもラームにでもくれてやる!ベンチにばっかり座らされてるキャプテンっていったい何だ!そんな肩書きもういらん!

采配もメチャクチャだぁ!なんでポドルスキを使わない?あそこはそーね、60分ごろからトーニに替えて入れるでしょうが!ボロ投入も遅すぎ!なんスか82分て?ヘタレかアンタは!(ヘタレサポに言われたくないね)

だけどミーチョ……めちゃめちゃ光ってたなぁ…。複雑ながらも嬉しいけど、ちょっと、なんだよ。という思いも。だって去年はあんなにボランチがイヤだっつってキーッてキレて、怒られて1試合罰欠場までしたっていうのに…。こちとら、ガンダムのセリフをパロディにして盛り上がったのに…(知るか)。今日はボランチあんなに張り切っちゃって…緊急処置だからそゆ場合は受け入れるのかな。

せっかくベンゼマもまずまずうまいこと抑えたし、チャンスもウチの方が多かったのに、なんで勝てないのっ!勝てたゲームでしょうが!
チームは相変わらずなんかバラバラだし、引き分けは負けに等しいバイエルンのはずなのに、それを監督もウリもルンメニゲ、はどーだったっか、みんなして大喜びしちゃって、はぁ、つまらん。

いーのかこれで!?

…でもゴール決めたゼ・ロベルトが、まっすぐに監督の元へ駆けって行ったのが…。いいシーンなんだけど、逆に監督&チームが置かれている厳しい状況を感じさせて、それはそれでつらい…。

 
・・・・・・・もっと冷静なの、後で書きますね(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/01

CL:ゼニト対レアル

(※まだ情報遮断中ですが、先に書いておきます。)

9月30日 UEFAチャンピオンズリーグ グループリーグH
ゼニト・サンクトペテルブルク 1-2 レアル・マドリー

嗚呼~~~~~っゼニト、何故負けたっっ!ざんねんむねん!

思えば、TVでちゃんとサッカーの試合を見たのはなんだか久しぶりな気がしますよ。
バイエルンはモヤモヤネット観戦のみで、2連敗してしまったために、もうTV放送見る気がしな~い、他のチームもツラくて見れな~い、なんつってグダグダいじけてましたし。

そんなわけで、他の試合より2時間ほど早く始まってしまった(時差のせい?)ゼニト対レアルでありましたが。
いや、さすがゼニト素晴らしい!EUROで世界を魅了した、これぞロシアンサッカー2008(?)そのまんまの、速い!うまい!気持ちいー!…まあ、気持ちよさの面では若干、代表とは質がちがうよーな感じもありますが(←さっぱりわからん)、ともかく、手数をかけずにパスをつなぐ!ダイレクト上等!どんどん走っちゃうもんね!ブイブイ前に行っちゃうもんね!ばんばんかき回しちゃうもんね!なんたってオレらはあのマンUに勝ったんだもんね!と、どこまでもポジティブに最後まで元気いっぱいに、サッカーの楽しさを再認識させる、わくわくする魅せる試合を演出しておりました。

そして相手がやはりあのレアルだったことも、更に面白くしていたと思います。ゼニトが圧倒している時間帯でも、ちょっとバタついたりはしながらもそこは試合巧者というか王者の風格というか、速い攻めと堅固な守備でもって総合力(+GKカシージャスの能力+運)で上回り、最終的にはきっちりとリードを守りきりました。

スピーディーな展開でダレた時間は皆無の、どっちに転ぶかわからない、手に汗握る、あっという間の90分でした。面白かった~。
まあ、ワタシは最初からゼニト応援でしたが、そうでなくても、こんなにひたむきで元気なサッカーをする彼らを勝たせてやりたいと思うところですので、負けたのはとても残念ですが、妙にすがすがしい気分だったり。

ここのところ文字情報でこまかいネタばかり追う日々でしたが、サッカーちゅうもんはやっぱり、試合を見てナンボなんだよなぁ、と思いを新たにしたものであります。

ゼニト唯一の得点だったダニー(とりあえず名前がステキ♪とか言ってるアホゥは…ワタシだけね…)のゴールはスーパーですので、ハイライトなどでゼヒゼヒご覧あれー!「むひょ!」と声を上げること間違いなし!
他にも途中交代で入ったドミンゲスとか、ちょっとヒルデブラント似のぱつきんイケメン風キャプテンティモシュクとか、やっとこ名前を覚え始めた選手とかもおりますが、やっぱり世界の注目はアルシャヴィン。いや、さすがです。うまくおさえられてる?と思っても、スキを見ていつの間にかスッと出てきてチャンスを演出したり、技も魅せるし、クレバーだし、…やっぱすごい。見てて飽きない。バイエルンでポドルスキの代わりなんてあまりにあまりにもったいないです、まあナイだろうけど。

それにしても、こんな楽しいのにゼニト、なんでユベントス戦の時はさっぱりだったんだろか?アウェーだったからかなぁ。向こうの守備が上手すぎたのか…ようわからん。
しかしワタシもゼニトゼニト言ってるくせに、UEFAカップでバイエルンと当たった時のことを全然覚えてないのが情けないんですが、まあ、あの時は敵だったしね。
う~~~んそれにしても、2試合終えて勝ち点0かぁ…レアルとのアウェーも残ってるし、キツいのかな~トホホ(T_T)
ひいきチームは別として、いいサッカーをするチームが残って欲しいとは思うので、なんとかあきらめずにがむばって欲しいです。
(まぁ、まだ同グループの別の試合バテボリソフ対ユーヴェの結果を知らんのだけどね(^^ゞ)

080930_vannistelrooyarschawin
「か~わいいね~♪」「えへへ♪」

   

| | コメント (3) | トラックバック (1)

寝ます

CL・リヨン戦までもう間もなくですが、やはり寝ることにします。
モヤモヤネット観戦はどうにもニガテですし、明日の都合も急に変更があり…。

それで、バイエルン戦の試合は、明日(今日というべき?)の24時24時半から録画放送ですと!何考えてんだスカチャン。なので、勝ちゲームならイイのですが、負けゲームの結果をcheckしてからだと見る気がなくなりますので、かなり厳しいのですが、やはり今回も情報遮断することにします。(←負けるの前提?(^_^;))見終わるまではネットをしません携帯も見ません(←それはうそ)ので、コメントやメールへのお返事が遅れると思います。ご了承下さい。つかいーかげんバイエルン戦のLIVE放送してね!けっこうな好カードだと思いますけど?グループF内では…

ゼニト対レアルを見てますが、かなーり面白いです。わくわく
やっぱりホームだとゼニト、ガンガン行ってます!
「クボチャン」て、読み方がカワイイ。(「久保ちゃん」とアテると発音が変わっちゃうのだ)
久しぶりにレアルを見た気がするが、黒髪のイケメンがいる、誰だコイツは、と思ったら、(たぶん→)ストパーかけたイグアインだということに気づいてびっくらこいた(^_^;)天パーくるくるの方がカワイイのに…スペインなんぞにいたら、色気づいちゃうのはしょうがない。
 
では…。あとをよろしく頼みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »