« 叱ってよ、カーン | トップページ | マガト解任!後任はアノ人! »

2007/01/31

写真数枚&雑記

そんなわけでどうにも冴えない気分なので、写真でも貼ってみます。

Dsc03876
ちょっと気取ってモノクロで撮ってみました↑

Dsc03864

Dsc03886

さて、ここは何処でしょう?

正解は、最近六本木にオープンしたばかりの、国立新美術館です。Dsc03861

タダだったので、開催中(~2/4)の「日本の表現力」展を見てきました。
なんだか漠然としたタイトルなのでこれだけではなんだかよくわからないのですが、「文化庁メディア芸術祭」10周年を記念して、事前にアンケートをとったという「日本のメディア芸術100選」を1950年代から2000年代まで10年きざみで紹介している、というものらしいです。

ま、そういうお題目は後から知ったのだけど、なんだか、昔から現在までのCM・マンガ・アート・ゲーム・アニメ作品がいろいろ並んでたのですっかり楽しくなってしまい、ゴジラの着ぐるみとか、なつかしアニメ長靴をはいた猫とか初期の「ドラえもん」とか「ガンバの大冒険」とか、シャアザクの模型とか、子供のころ遊んだオモチャとか、ゲーム&ウォッチとかにかじりつき、「ファイナルファンタジーⅦ」を数分間プレイしてしまったり(持ってるし…)、うひょひょひょ~懐かしい懐かしい、これ大好きだったな~、とか、なるほどこれがうわさのアレか、とかいちいち盛り上がってしまったので、気がついたらたっぷり2時間ぐらいかけて見てしまいました。

ちなみにアニメ作品はビデオで流れてて、中には劇場用作品1本まるまる流してるものもあり、その気になったら鑑賞できましょうが、立ちっぱなしで「クレヨンしんちゃん・嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」などを見るのはさすがにつらい(「クレヨンしんちゃん」かよ、と侮ってはならない。大人、特に30代以上の人が見たら確実に泣く、アニメ史上、いや日本映画史上に残る傑作である)。

更に、「未来への可能性」と題した、若手アーチストの、なんていうんですか、体験型というのか、触って遊べるアート作品もあり、座ると色が変わる椅子だとかgoogle検索でヒットした言葉や映像が大画面にアーティスティックに表示されるのとか、ヘンな楽器とか、棒を動かすとそれにリンクしている世界地図がぐるぐる動くのとか(←うまく表現できない…)、まぁなんか、なかなか楽しいので、カップルで行くといいかも。特にヲタクネタが大好きなカップルは話題が弾んでなお楽しめるでしょう。でもアキバな彼氏は、調子に乗ってあんまりくどくど解説しちゃうと、うざいとイヤがられるので気をつけましょうね。

|

« 叱ってよ、カーン | トップページ | マガト解任!後任はアノ人! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写真数枚&雑記:

« 叱ってよ、カーン | トップページ | マガト解任!後任はアノ人! »