« 携帯より速報 | トップページ | ごめん、愛してる。(追加と訂正) »

2006/11/12

ごめん、愛してる。

注※タイトルをパクらせていただきましたが、あの韓流ドラマとは一切関係ございません。ご容赦ください。

11月11日 ブンデスリーガ第12節 バイヤー・レバークーゼン 2-3 バイエルン・ミュンヘン

061111leverkusenfcbfj
得点:サリハミジッチ(33)、キースリング(48)、アチルソン(80)、デミチェリス(83)、ピサロ(86)
カード:バルネッタサリハミジッチ

先の記事で興奮のあまり取り乱してしまい失礼いたしました(^^ゞ

しかし、勝った。負け試合をひっくり返して勝ったよーーーぅ!(T∀T)(T∀T)

前半はお互い出方をうかがう展開。ホームのレバークーゼンがどういうわけか消極的だったおかげで、バイエルンがこつこつとボールをつないで前へ行っていたけれど、王者の風格はもはや見られず、おどおどとして、勝ちたいのではなくてただもう負けたくないという思いだけのサッカーをしていた。

しかしバイエルンの状況を思うと、もうそれでいいのかも知れない、と見てる方も弱気な気分でいたところ、こつこつつないだパスからついにサリハミジッチがゴール!!!みごと、先制!少しバイエルンに流れが来た感じにも見えたが確信に変わるほどのことはなく、なんとなく冴えないまま前半終了。スタジアムからは容赦ないブーイング。

後半開始前に、バイエルンの選手が円陣を組んでいたのを見て驚いた。バイエルンではこんな風景めったに見たことがない。
まあ、特に声をそろえてファイトー一発!と気合入れてる風でもなかったけれど、しかし、選手一丸となって、最近のチームを取り巻いているこの危機を乗り越えよう、ということなんだろう。ちょっと感動的でじ~んときたけれど、逆に考えれば、こんな慣れないこともしなきゃならない状況なんだぁ~、よほど余裕がないんだな…と切なくもなる。

だが円陣の効果よりはサポーターのブーイングの方が効いたらしい。
後半からレバークーゼン猛然と攻めに転じる。やばい、とあわてふためいているヒマもない48分、バルネッタのシュートを弾いたカーンだったが、詰めていたキースリングが押し込んでゴール!同点に追いつかれる。
以後完全にレバークーゼンにペースを握られ、動揺したバイエルンはただただジタバタし、ファウルで応酬する始末。主審のマルクス・メルクさんのお目こぼしがなければPKとられてたシーンもあり。

印象的だったのは、サリハミジッチ?ラームかな?からのキレイなセンタリングがピサロに送られるのだが、悩める男ピサロ、これをスルーしてしまうのであった。先には誰もおらず、ボールは奪われてしまうのだが、いつものピサロならオレがオレがと強引にシュートまで持っていったところを・・・・・・(T-T)
気を使ったのかも知れないけど、今日のマカーイは病み上がりで絶不調なのよ。ピサロも立場が苦しいんだろうな~と思うとなんとも悲しい。やっぱりしょぼくれてるピサロなんかイヤイヤ、怒られてもいいから今日はムリしてでも熱いプレーを見せてほしい気分。

手詰まり感漂う中、マガトの判断が遅い。いよいよアチルソンによる逆転ゴールが決まってしまった。残り10分。残念だが今日のバイエルンに打開できるとは思えない。
万事休したなぁ・・・・・・
泣ける。あの円陣は何だったのか…。とか思っちゃうと余計悲しくなってしまって酒量が増える(知るか)。もう見てられないからフテ寝でもしようかなんてぐずぐず思ってたら、そんなアタシのしょぼしょぼした気分を一喝する一発が!

デミチェリスのゴーーーーーーーーール!!!

歓喜!胸のエンブレムを叩きながら喜びを大爆発させるデミチェリス。
デミチェリスが決めたよ、デミチェリスが!!!(T∀T)
前節、最下位のハノーファーに、おのれのミスがきっかけで敗れてしまい、かわいそうに、すっかりヘコんでしまった感のあったデミチェリス。今日も冴えない表情をカメラに抜かれまくり、チームメイトもハレモノにさわるかのように優しい。
例えば前半に、守備がカーンとかぶってしまってあわやオウンゴールかというシーンがあったが、その際もカーンは怒ることなく優しく励ます(という風に見えた)。
もちろん我々サポーターもがんばれデミチェリス、負けるなデミチェリス、ラブラブデミチェリス、とひっそり応援していたものであるが、そのデミチェリスが前節の失敗をチャラにする同点ゴールを決めたのだーーーーーー!嬉しいじゃないの感動的じゃないの。

しかーし!まだ終わりではなかった!気分こそ良くなったがプレーは相変わらずワケわからず浮き足立っていた中、ついに86分、CKからのゴール前での混乱の中、ピサロがボールを拾い、いったんシュートするがクリアされ、しかしそのはね返りのボールをもう一度、しっかりキープしてからゴール!!
劇的サヨナラ逆転勝利弾~~~~~!!!
(喜びのあまり壊れる)

ジタバタしながら、ヒドい内容でも勝ったよ。最後までゴールをあきらめずボールを失わなかったピサロ、アンタはほんとに素晴らしい!!!
先にあきらめちゃって見捨てそうになったアタシを許してね~、みんな大好きだから♪と、無理やりタイトルにつなげたところで強引に大団円、なのでした。へへ(^^ゞ

(気合の入ったらくがきも作成中なのですが、気合入りすぎて遅くなりそうなので、記事だけ先に更新します)

|

« 携帯より速報 | トップページ | ごめん、愛してる。(追加と訂正) »

コメント

いや~なんとか(笑)
これ負けてたらホント大変なことになっちゃう
トコロでしたね;;問題は次節ですか、そーですか(笑)
デミ子、汚名返上できてよかったです…☆

突然ですが、コリアンダーさんのこちらのページを
リンクさせてもらってもよろしいでしょうか??

投稿: S.I | 2006/11/12 21:03

> S.Iさん
いや~ほんとに、まずは勝てたことが素直にウレシイです♪勝っただけでウレシイなんてちょっと情けないけど(^^ゞこの際内容は二の次ってことで。なんとかこれで自信を取り戻して、次節のシュツットガルト戦にいい気分で向かっていってほしいです。

リンク、ありがとうございます。こちらからもリンクさせていただきますね♪

投稿: コリアンダー | 2006/11/12 23:12

バイエルンなんだから連敗はないだろうと思いながら、レバークーゼンに逆転された時は負けたと思いました(^^;;
これから調子を上げるのに、ちょうど良い勝ち方をしたのではないでしょうか。
内容はともかくとして。

ピサロがスルーしてしまった時は、例のフランクフルト戦の後に監督から何か命令が下ったのかと思いましたよ。
単に自信がなかっただけかもしれませんが。
前半も観客の指笛を主審の笛と勘違いして動きを止めてますし、神経が尖りすぎてるのが見て取れたので、逆転弾をピサロが決められたのは本当に嬉しかったです。
これで、もとの大らかなピサロに戻るかな?
本来、大らか過ぎるほど大らかな御仁なそうなので。

気合の入ったイラスト、楽しみにお待ちしております♪

投稿: どら | 2006/11/12 23:54

鬱々と荒野を彷徨うが如き気分で飲酒をしていたのですが
少しばかり太陽が覗いてくれました。
ミーチョ!!よくやったわ~♡
嬉しくて夜中にもかかわらず叫んでしまいました。
前節のミスは確かにイタかったですが、彼があれほど感情
を露わにするのは珍しいわ~
これを機に自信を取り戻して欲しいですね。

投稿: みかん | 2006/11/13 00:14

わはははは。別サイドからのレポで、
バイエルン側の事情が分かって面白かったです。
円陣を組むバイエルンの面々、ってそういやあまり記憶にないかも。
各チームそれぞれ思い悩んでいるのですねえ。
それでもバイエルンは勝てるのだからいーじゃないですか。
くうー(涙)

どーせ負けるんだったら次まで待っといてよ!と試合前は
思いましたよ。連敗ってのはさすがにないだろうと。
まあ一瞬でも夢見たために今回ワタクシ久々にダメージでかかったですが。
コリアンダーさんのレポでちょっと和みましたわ。

投稿: のもん | 2006/11/13 06:11

みなさま、熱いコメントありがとうございます(T∀T)

> どらさん
アタシはもう逆に、今のバイエルンなんだから連敗もあり得る…。と試合前からドヨドヨしてました。しかし!ドラマティックな逆転劇で勝ったことで、この盛り上がった気分が今後のプレーに反映されるといいな~

ピサロのスルー。いやもう、まったくその通りだと思います。
やっぱりピサロはやんちゃな方がいいですね。言いたいこと言い過ぎて自ら立場を危うくすることも多々あるみたいですけど、なんかそれもご愛嬌だと思えれば、愛しいもんです。(でも飲酒運転はダメよ!)

> みかんさん
お久しぶりです~。鬱々と荒野を彷徨っちゃいましたか(笑)同様です。もうちょっとで悪酔いするとこでしたね。
デミチェリスのゴールは感動しましたね♪すごく嬉しそうで、「よかったねミーチョ(T∀T)」と温かい気分になりました。これで輝きを取り戻して、ついでに本来のDHでもレギュラーを取り戻してほしいわ(オットルにはスマンが)。

> のもんさん
コメント&トラバありがとうございます。
ぃや~~~(^^ゞす、すいません、遠慮なく歓喜してしまいました。そうなのです、悩めるバイエルンなのです。しかし、これ以上暗いムードに包まれるのを食い止めた(かも)、ということで価値ある一勝だったと思っています。
レバークーゼンサイドにはツラい負け方でしたけど、少しでもなごんでいただけたなら幸いです。キースリング君☆のゴールもあったことだし、明るい材料もないわけでは…

投稿: コリアンダー | 2006/11/13 14:58

わー、ミーチョがゴール決めたんですね!
そりは見なくては!(←まだ見てないらしい…ごめんなさいごめんなさい)
やっぱり連敗はイヤですよぅぅぅ。
どんな内容でも勝ちゃいいの勝ちゃ(ヒドイ)
らくがきも楽しみにしてますねん。

投稿: あーちゃん | 2006/11/13 23:07

ごめん、分かんない・・・な、私です。笑
これ(タイトル)知らないとヤバいですか?有名?
覚えておこう。。。〆(°°)メモメモ

この時間はTV見れなかったので、両方応援しつつダイジェストで見ました。
この点数だと、盛り上がり場所も多くて面白かったんじゃないかなーとか思いながら見てました。
でもLeverkusenファンには悔しい試合になっちゃったかな?
Bayernファンには安堵の結果ですね。
終わってしまえば、どんな試合も勝ち点に換算されますから
大差で勝負がついても一点差でも3か0になるっていうのは大きいですよね。

今年はまだまだ団子状態で、どうなるか分かりませんねぇ。


投稿: まい-mai- | 2006/11/13 23:19

> あーちゃん
そーなんです!デミチェリスが決めたんですよーーー!ブンデスリーガハイライト(再)で見てやって下さい♪♪ゴールも見事ですが、その後のハジけた喜びようがとっても嬉しそうで、じ~んときちゃいますよ。
バイエルンが首位にこれ以上離されなくてよかったというのもありますが、劇的な逆転勝利という、最近忘れかけていた骨っぽい勝ち方をしたことが、ほんと嬉しいです。

> まいさん
ぃや~あ、知ってなくても全然ヤバくないと思います(^_^;)。なんとなく気分に合う言葉をパクっちゃっただけで、実は主演が誰かということすらわかりません。てゅーか、「あれ、映画だったっけ?ドラマだっけ?」と確認する有様で。まぁそんなアタシでもタイトルを知ってたということは、その筋では有名なのかも知れません(てきとうすぎるっ)。

いやはや、首の皮が一枚つながった薄氷の勝利でした。ふぅ。これで負けてたらまたまたブレーメンと6ポイント差で、優勝争いどころかUEFAカップ圏内争いに気分をスイッチしなくちゃならないところでしたから。マガトもクビになってたかも知れませんし。
ブレーメンは2位になっちゃいましたね(-_-;)まあ1ポイント差ですし、大したことないですよ。とりあえずいよいよ近付いてきたCLが目下の最大の試練ですわね。

投稿: コリアンダー | 2006/11/14 16:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ごめん、愛してる。:

» 0607BL #12 レバークーゼン対FCB [蛸足サイドアタック]
久々に打ちのめされた気分です。 何も逆転負けせんでも・・・。 どーしてバイヤーは1点返されると、 ずるずると2点3点と取られてしまうのだろう。 「ヤバイ」という雰囲気がスーーーっと流れ出して、修正できないままに... [続きを読む]

受信: 2006/11/13 06:11

« 携帯より速報 | トップページ | ごめん、愛してる。(追加と訂正) »